深川めし

あさりのうまみを生かす一品!

もとは東京・深川生まれの漁師料理。船上で手早く作って食べられていたものだといわれています。煮たあさりを白飯にかけたり、炊き込みご飯にしたりと作り方はさまざま。今回はあさりの煮汁でご飯を炊き、身はトッピングにして楽しむというレシピにしました。

材料(2人分)

あさり(砂抜きしたもの)
500g
油揚げ
1枚
ねぎ
1本
2合
大さじ1
1/4カップ
三つ葉(ざく切り)
適量

A

しょうゆ
大さじ1/2
小さじ1/4

B

みそ
大さじ1
みりん
大さじ1
砂糖
小さじ1
2/3カップ

作り方

  • 鍋にあさりと酒、水を入れてふたをし、中火にかけてあさりの口が開くまで蒸す。粗熱がとれたら、殻から身を外し、蒸し汁は別にとっておく。

  • 油揚げは縦半分に切り、さらに幅1センチに切る。ねぎは幅1センチの斜め切りにする。

  • 米は洗って水気をきり、炊飯釜に入れる。1のあさりの蒸し汁とAを加える。2合の目盛りまで水(分量外)を入れ、混ぜ合わせて普通に炊く。

  • 鍋にBを入れて混ぜ、あさりの身、油揚げ、ねぎを入れて中火にかけ、汁気がなくなるまで煮る。3のご飯を器に盛り、煮たあさりや具材をのせて三つ葉を添える。

POINT

お茶漬けにするとまた違ったおいしさが楽しめます。みそ味のあさりには、緑茶よりもほうじ茶がおすすめです。三つ葉とちぎったのりをちらし、お茶をかけ、ねり辛子を添えてどうぞ。