タパス風 パンの炒めもの

ガーリック風味でお酒にピッタリ!

スペインのバルなどでよく食べられている小皿料理・タパスの定番メニューをアレンジしました。もともとはかたくなったパンを利用するための料理だったとか。ガーリック風味のバゲットを入れる、食べ応え満点のレシピです。パプリカパウダーの入りのチョリソが手に入ればより本格的になりますよ!

材料(2人分)

フランクフルトソーセージ
100g
パプリカ(赤)
1/2個
バゲット(薄切り)
幅1センチ×4枚
にんにく(みじん切り)
1かけ分
オリーブ油
大さじ3
パセリ(みじん切り)
大さじ1

A

レモン汁
小さじ1
小さじ1/4
こしょう
少々

作り方

  • パプリカはへたと種を取って一口大に切る。バゲットも一口大に切り、ソーセージは幅1センチに切る。

  • フライパンにオリーブ油大さじ2とにんにくを入れて中火にかける。香りが出てきたらバゲットを加えてこんがりするまで炒め、ペーパータオルの上にいったん取り出して、余分な油を吸わせる。

  • フライパンにオリーブ油大さじ1を足し、中火でソーセージとパプリカを炒める。パプリカがしんなりしたら Aを加える。バゲットを戻し入れ、全体を炒め合わせてパセリをふり、器に盛る。

POINT

水で煮てパンスープにするのもおすすめです。オリーブ油やにんにくで炒めているので、うまみがきいておいしく作れます。パンスープの作り方と材料(2人分):タパス風 パンの炒めもの(1/2量)と水(2カップ)を鍋に入れて中火にかける。煮立ったら塩(小さじ1/2)、こしょう(少々)で味をととのえればでき上がり。