ラムチョップのロースト

つけ合わせと一緒にグリルで焼くだけ!

ラムのおいしさを引き出すには、塩、こしょうで焼くのが一番。ハーブミックスをまぶすと、より香りがよくなって、ラム特有のくせも気にならず、おいしく食べられます。ラムチョップは、厚みもほどほどなので、魚焼き用のグリルで簡単に焼けて、見た目が豪華なところもうれしい。焦げそうな場合は、肉の上にもアルミホイルをかけるとよいでしょう。

材料(2人分)

ラムチョップ
4本(1本約100g)
じゃがいも(大)
2個
クレソン
1わ
塩、粗引き黒こしょう
各小さじ1/2
ハーブミックス
大さじ1/2
パン粉
少々
オリーブオイル
大さじ1
バター
小さじ2
粒マスタード
適量

作り方

  • 耐熱のボウルにペーパータオルを敷き、洗ったじゃがいもを皮つきのまま入れる。ラップを掛け、電子レンジで8~9分加熱する。竹串がスーッと通るくらい柔らかくなればOK。クレソンは氷水に入れてパリッとさせる。

  • バット全体に塩、粗引き黒こしょう少々をふり、ラムチョップを並べる。上からも塩、粗引き黒こしょう少々をふる(こうすると肉の両面にまんべんなく下味がつけられる)。肉の上からハーブミックスをふり、全体になじませる。

  • ラムチョップをアルミホイルにのせてグリルの焼き網にのせ、パン粉、オリーブオイルをかける。レンジ加熱をしたじゃがいもも1個ずつアルミホイルにのせ、十字に切り込みを入れてバター小さじ1ずつのせる。ラムチョップの脇にのせ、グリルに入れる。5分焼いたところでじゃがいもにアルミホイルをかぶせ、さらに10分焼く。皿に盛ってクレソンを添え、粒マスタードをつけて食べる。

POINT

ラムは、生後1年未満の仔羊の肉(成羊はマトン)。ラムチョップは、骨付きの背肉のかたまりから、肋骨と肋骨の間に切り込みを入れて切り離した部位のことで、牛肉で言うなら、リブロースにあたります。骨つきでうまみがあり、手軽に調理ができるのが特徴で、ジンギスカンとは違ったおいしさが味わえます。