ドイツのワイン

高品質ワインを生み出すぶどう栽培北限の地

ドイツは、ぶどう栽培の北限にあたるため、ぶどうがゆっくりと時間をかけて熟成し、さわやかな酸味と甘みのバランスが絶妙な世界最高峰の白ワインの産地として有名です。暖流と偏西風の影響により、緯度の割には温暖な気候です。高緯度地域でぶどう生育期の夏場の日照時間が長く昼夜の温度差が大きいため、アロマが高く酸のしっかりとした他の国に類を見ないワインを作ることが出来ます。近年は、気候温暖化の影響もあって辛口の白ワインや赤ワインでも、高品質ワインの産地として注目されています。