ニュースリリース

世界的な酒類コンペティション「インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ(ISC)2022」にて「本格麦焼酎 黒和ら麦 25度」が最高賞のダブルゴールドを受賞

「甲乙混和芋焼酎 こくいも 25度」は3年連続でシルバーを受賞

2022.06.14

  • facebook
  • twitter
  • line

サッポロビール(株)が販売する「本格麦焼酎 黒和ら麦 25度」が、「インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ(ISC)2022」の焼酎部門において最高賞の「ダブルゴールド」を受賞しました。また、「甲乙混和芋焼酎 こくいも 25度」も3年連続でシルバーを受賞しています。
福岡県久留米市田主丸町の蔵元「楽丸(たのしまる)酒造」が製造する「本格麦焼酎 和ら麦」ブランドから発売されている「本格麦焼酎 黒和ら麦 25度」は、原料のうまみを生かした芋のようなまろやかなコクがありながら、麦ならではのキレの良さが特長です。本商品は3月16日に実施されたISCに並び「世界三大酒類コンペティション」のひとつと呼ばれている「インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティション(IWSC)2022」でも金賞を受賞しています。
当社は、これからも商品の魅力を徹底的に磨き、焼酎市場の活性化に貢献していきます。

【受賞アイテム一覧】
<ダブルゴールド受賞>
・本格麦焼酎 黒和ら麦 25度

<シルバー受賞>
・甲乙混和芋焼酎 こくいも 25度

<ブロンズ受賞>
・焼酎甲類乙類混和むぎ焼酎 こいむぎ
・本格麦焼酎 和ら麦 25度
・焼酎甲類乙類混和いも焼酎 こくいも赤

【「本格麦焼酎 黒和ら麦 25度」商品特長】
北海道産大麦を100%使用し、黒麹で丁寧に仕込んでいます。常圧蒸留で仕上げ、原料のうまみを生かした芋のようなまろやかなコクがありながら、麦ならではのキレの良さが特長です。発売以来多くの品評会でも高い評価をいただいている商品です。

<ご参考>「本格麦焼酎 和ら麦」ブランドについて
福岡県久留米市田主丸町の蔵元「楽丸(たのしまる)酒造」が製造している「本格麦焼酎 和ら麦」は酒質がきれいであることを特長としています。原料の麦の糠(ぬか)が落ちるまで徹底して磨き、その原料を仕込む蔵の設備も磨き、原料の持つ本来の味わいを引き出しています。
和ら麦ブランドサイト https://www.sapporobeer.jp/shochu/waramugi/

【インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ(ISC)2022概要】
イギリスの酒類専門出版社「ドリンクス・インターナショナル」が毎年主催している酒類品評会です。リキュール部門のほか、ウイスキー、ブランデー、ジン、ウォッカ、など各部門のカテゴリーからダブルゴールド、ゴールド、シルバー、ブロンズが選出されます。 
審査員は、酒類のスキルと知識を持った専門家が評価をブラインドで行うため、厳格な権威のある賞として知られています。

このページの情報に関するマスコミの方からのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。