繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

  • 業界情報業界情報
  • rise webrise web
  • ドリンクピックアップドリンクピックアップ
  • ビヤアカデミービヤアカデミー
  • お問合せお問合せ

外食トピックス

すかいらーく、2800店舗と本部間のコミュニケーションをITで改革

すかいらーくは、社内コミュニケーションの改革を通じた顧客満足度の向上を目的として、㈱ドリーム・アーツが提供するクラウドサービス「 Shop らん」を導入し、グループの全国約 2,800 店舗、約 95,000 名において、 6 月 4 日より利用を開始する。

「 Shop らん」は、流通・小売業の本部・店舗間のコミュニケーションに特化したクラウドサービス。情報ポータル機能、お知らせ機能、商売カレンダー機能等により、本部と店舗の間を行き来する対話と情報の洪水を整理し時間の使い方を変化させることで、販売力の向上に貢献する。

同社では、刻々と変化するマーケットや多様化する消費者のニーズに対応するため、さまざまな施策を実施しており、本部から店舗への指示や店舗からの作業報告も多岐にわたる。店舗は、決められた業務を確実に行い、結果として、品質の高いサービスを提供する最前線の役割を担っている。一方、エリアマネジャー・本部は、さまざまな施策や連絡事項を確実に店舗に伝達し、作業の進捗を迅速に把握することが求められる。そのため、同社では店舗運営システムの全面刷新をきっかけに、店舗や本部に求められる役割や機能が変化するスピードにあわせて継続的に成長するシステムの検討を開始。さまざまなシステムを比較検討するなか、大規模チェーンストアでの導入実績やノウハウを多く持ち、店舗とエリアマネジャー・本部の業務をコミュニケーション改革という形で全面的に支援する「 Shop らん」導入に至った。

「 Shop らん」導入による効果として、「エリアマネジャー・本部から発信される施策・指示の作成方法をテンプレートで標準化」「作成された施策・指示は、店舗で実施すべき具体的な作業に自動展開」「作業完了報告は店舗のワンタッチ操作でエリアマネジャー・本部に自動送信」「エリアマネジャー・本部による各店舗の作業完了確認業務の負担軽減」などにより、施策の徹底度向上が図られ、顧客満足度の向上が実現できるという。

なお、同社取締役常務執行役員の金谷実氏は、『外部環境の変化により厳しさが増す外食市場において、当社がお客様にご支持いただける企業であり続けるためには、店舗の運営品質を上げることが欠かせません。今回、「 Shop らん」を導入したことで、店舗従業員の作業が大幅に改善できるものと期待しています。「 Shop らん」を導入した領域に関しては、特に変化への対応が求められるため、導入後も成長を続けるシステムを求めていました。「進化するベストプラクティス」という「 Shop らん」が持つコンセプトは、まさに私たちが求めるものを体現しているシステムでした。すかいらーくの経営理念である「価値ある豊かさの創造」のさらなる追求に向けて、今後も「 Shop らん」の進化を期待しています』と述べた。

記事配信/外食ドットビズ(2018/06/06)
制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら
TOPへ