パラ・ヒメネス(Parra Jimenez) 1993年からオーガニックワインを造り続けるスペイン ラ・マンチャ地方のオーガニックワイン専門ワイナリーです。 パラ・ヒメネス(Parra Jimenez) 1993年からオーガニックワインを造り続けるスペイン ラ・マンチャ地方のオーガニックワイン専門ワイナリーです。

since1993
オーガニックワインのパイオニア

ボデガス・パラ・ヒメネスは、1993年以来、オーガニック作物の生産に専念しています。
畑は100%自社畑で700ヘクタールを超える広大な葡萄畑を所有しています。
ワイン作りには有機認証を持った葡萄のみが使用され、環境に配慮した有機栽培への取り組みは高く評価されています。

ボデガス・パラ・ヒメネス

ヒストリー&ポリシー

since1993 オーガニックワインのパイオニア

1993年、世界ではまだオーガニックという言葉さえ市民権を得ていない時代から、オーガニックワインを生産し続けているワイナリーです。周りの生産者にクレイジーだと言われながらもオーガニックにこだわり続けた、その経験は品質の高いワインを生み出す事に繋がっています。

家族経営で守り抜く、ぶどう造りへの思い

オーガニックでぶどうを育てると、通常にぶどうを育てる場合と比べて収穫量は70%程に落ちると一般的に言われています。化学合成された殺虫剤・除草剤・肥料も使わないので非常に手間もかかる取組です。そんな取組を継続出来たのも、家族経営だからこそ。パラ・ヒメネスはオーガニックへの取組を家族経営を通して実践しています。

100%自然なワイン造り

パラ・ヒメネスの信念は「100%自然」なワイン造り。自然の中にあるもの、自然の力を借りて、美味しいワインを造る。この信念がぶどう本来の美味しさを引き出すパラ・ヒメネスのワイン造りに、生き生きと表現されています。

こだわりも、おいしさも

パラ・ヒメネスのこだわりとおいしさの秘密

こだわり① 全て自社畑、全てオーガニック

美味しいワイン造りは、美味しいぶどう作りから。パラ・ヒメネスでは全て自社畑でぶどうを作っています。その畑の所有面積はなんと700ヘクタール以上。その広大な畑は全てオーガニックです。ぶどうからワインまで責任品質。それがパラ・ヒメネスのワインです。

700ヘクタールは東京ドーム約150個分に相当する広さ。

こだわり② ビオディナミ認証の取得

1993年オーガニックでのぶどう作りを始たパラ・ヒメネス。更に自然環境と調和したぶどう作りを目指し、2008年にはビオディナミ認証を取得しました。ビオディナミ認証を取得する事でより自然と調和した、自然のままのぶどうから造られるワインをお楽しみ頂けます。

こだわり③ ヴィーガンにも対応

パラ・ヒメネスのワインはヴィーガンの方にも楽しんで頂けるワインです。世界の様々な考え方をもった人にも美味しく楽しんで欲しいという想いから、ヴィーガンにも対応したワイン造りを行っています。

おいしさ① D.Oラ・マンチャ 格付けワイン

オーガニックで有りながら、スペインの「D.O.(原産地呼称保護)」格付の本格的なワインです。D.Oラ・マンチャは、大陸性気候であり、昼夜の温度差が30°C近くなるような寒暖差の激しいエリアです。果実味のある豊かな味わいと酸味が醸成され、エレガントな味わいが特徴のぶどうが育ちます。

おいしさ② 日本人人気No.1カベルネ、シャルドネ

日本人人気No.1のぶどう品種であるカベルネ・ソーヴィニョン種(赤)とシャルドネ種(白)から造られたオーガニックワインです。人気の味わいをオーガニックで手軽に楽しむ事が出来ますよ。

おいしさ③ 飲みやすく、楽しめるオーガニック

パラ・ヒメネスのワインの美味しさのポイントはアロマティックな香りにあります。赤ワインは熟した果実の香り、白ワインはパッションフルーツのような香りが楽しめます。オーガニックでありながら飲みやすく、お料理とも一緒に楽しんでいただけるカジュアルなワインです。

サスティナブルな
ワイン造り

100%自然な、地球に、やさしいワイン

出来る限り自然の力で造るワイン

動物の力を借りながら

美味しいぶどう造りを出来るだけ自然に行うため、このワイナリーでは羊の糞を肥料にしたり、がちょうに雑草を食べてもらったりするなど動物の力を借りながらぶどう造りを行っています。化学合成された肥料や農薬を使わなくても、自然の力を借りる事で美味しいワインは作れるのです。

ぶどう以外の農業も

パラ・ヒメネスでは、ぶどう造り以外にも、にんにくやたまねぎの生産、そして羊の乳から作るチーズを100%オーガニックで生産しています。そこから出る皮や茎などは動物たちの餌にするなど循環型農業を確立しています。

希少種羊の保護育成も行っています

スペイン固有種で希少種である黒羊(Oveja Negra Manchega)の保護、育成を行っています。この取組も、我々は自然に生かされているという考えに基づく活動です。

サッポログループのサスティナビリティ

パラ・ヒメネスワイナリー動画

オーガニックワインとは

「農薬や化学肥料に頼らず、自然の恵みを生かした栽培方法のぶどうから造ったワイン」のこと。日本では、輸入酒類の有機(オーガニック)表示をする場合は、「JAS制度と同等の制度を有する国から輸入したもので、その国の制度の下で認証を受けたものが認められている」(国税庁「酒類における有機の表示基準」より)などの規定が設けられており、認定機関での認証がないものはオーガニック(有機)を記載できません。

ビオディナミとは

人智学者のルドルフ・シュタイナーによって提唱された有機農法・自然農法の一種で、別名生体力学農法と呼ばれます。有機栽培農法の一種であり、化学合成された農薬と肥料を使いません。天体の動きとの調和、動物との共生、独自の調合剤の使用を特徴とし、厳格なルールに基づいて行われるオーガニック農法です。

ヴィーガンワインとは

ヴィーガンとは、一般的には肉・魚・卵・乳製品などの動物性食品を一切摂取しない「絶対菜食主義者」のことをいいます。ヴィーガンワインとはワインの原材料・製造工程において、動物性由来の物質を使用していないワインの事を指し、各認証機関によって定められたヴィーガンの定義や一定の基準を満たしている場合、その認証機関のヴィーガン認証を受けられます。

Line Up

ラインアップ