ニュースリリース

「YEBISU BREWERY TOKYO」2024年4月3日開業決定!

35年以上前に恵比寿工場で使用されていた「ヱビス酵母」を使ったブルワリー限定のフラッグシップビール「ヱビス ∞」の他、
開業日には春夏限定の「Foggy ale 2024」も発売

サッポロビール(株)は、ヱビスビール発祥の地である恵比寿における醸造施設を伴ったヱビスのブランド体験拠点「YEBISU BREWERY TOKYO(ヱビス ブルワリー トウキョウ)」(注1)の開業日を、202443日に決定しました。またこの場所を象徴するビールの醸造釜をモチーフとしたロゴを決定しました。

さらにブルワリー開業日には、先般発表したこのブルワリー限定の通年フラッグシップ商品「ヱビス ∞(ヱビス インフィニティ)」「ヱビス ∞ ブラック(ヱビス インフィニティ ブラック)」(注2)だけでなく、春夏の期間限定で「Foggy ale 2024(フォギーエール 2024)」を発売します。ビール開発を霧に形容したことを商品名の由来とした、2種のホップをドライホッピングしたことによるトロピカルな香りと、霧のようにかすんだ液色が特長的なビールです。

1890年、日本麦酒醸造会社(現サッポロビール株式会社)は、今日のヱビスビールのルーツである「恵比寿ビール」の製造・販売を恵比寿の地で開始しました。1988年、工場の移転に伴い惜しまれながらも約100年におよぶビール製造の歴史に幕を下ろしてから、35年ぶりに恵比寿の地で「YEBISU BREWERY TOKYO」としてビール醸造を再開させます。このブルワリーで通年販売するフラッグシップ商品「ヱビス ∞(ヱビス インフィニティ)」「ヱビス ∞ ブラック(ヱビス インフィニティ ブラック)」(注2)には、35年以上前に恵比寿工場で使用したヱビス酵母を再選抜し、この時代に復活させました。

驚きや発見、新しいヱビスとの出会いがある「YEBISU BREWERY TOKYO」開業にご期待ください。
(注1)YEBISU BREWERY TOKYO」 ニュースリリース
https://www.sapporobeer.jp/news_release/0000015251/
https://www.sapporobeer.jp/news_release/0000016102/
(注2) https://www.sapporobeer.jp/news_release/0000016102/

YEBISU BREWERY TOKYO」開業日について
1.開業日      
2024年43

2.施設名称    
YEBISU BREWERY TOKYO(ヱビス ブルワリー トウキョウ)

3.場所      
東京都渋谷区恵比寿4-20-1 恵比寿ガーデンプレイス内(現:ヱビスビール記念館)
 ※ヱビスビール記念館は202210月末から休館。

4.営業時間    
平日:12時~20時 土日祝:11時~19
定休日:火曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始

<参考>
1.コンセプト 
さまざまな価値観が交差する、東京・恵比寿。​
ヱビスビールの誕生とともに「恵比寿」と名付けられた​この街には、人とビールの物語に溢れている。​
1890年、ヱビスが生まれたこの街で、​私たちは再びビールづくりをはじめる。​
ここはヱビスの座標軸でもあり、​新たなビール文化が生まれる拠点。​
私たちの原点とも呼べるこの場所から、​新しいビールとビールを楽しむ幸せな時間の数々が、​いま、まさにここから、つぎつぎと生まれていく。​
YEBISU believes beer is .

2.総工費   
17億円

3.延べ床面積 
318

4.製造能力  
130kl

5.内容      
ところどころにかつて使用していた醸造釜や設備の一部などがちりばめられた、ヱビスならでは物語が感じられる上質な空間の中で、以下のような体験をお楽しみいただけます。
・ミュージアムエリア(過去)
ヱビスのルーツに親しむミュージアムエリアでは、ヱビスの歴史物語に加え、街と共にあったヱビスの姿を今回改めて過去写真を探し出し公開。街と共に歩み、130年以上続いてきた唯一無二のブランドルーツを旅するように楽しむことができます。
・ブルワリーエリア(現在)
ビール醸造を行うブルワリーエリアは、ドイツ製の醸造設備を採用。その釜の隣には「YEBISU BREWERY TOKYO」で醸造を担当するChief Experience Brewerのブリュワーズルームを配置。ご来場のタイミングによってはChief Experience Brewerと実際に会話をしたり、アイディアが生み出される瞬間をご覧いただけます。
・タップルームエリア(未来)
実際にビールをお楽しみいただくタップルームエリアでは、通年で提供する「ヱビス ∞」「ヱビス ∞ ブラック」の他、期間限定や数量限定のヱビスを含む、オリジナリティあふれる多彩なヱビスを(常時6種程度)提供。多種多様なテーブルやいすが配置された空間で、おひとりでも、グループでも、その日の気分に合わせてお楽しみいただける空間です。他にもビアストーミングエリアを設置。ビールを楽しみながらクリエイティビティを発揮したい時のミーティングブース、コミュニティスペースとして活用いただけます。

※イメージパース図などは別紙をご参照ください。

YEBISU BREWERY TOKYO開業時提供ビール 
1.商品名    
①ヱビス ∞(ヱビス インフィニティ)<通年商品>
Beer is .(ビールは無限大)」。ビールの持つ無限の可能性を信じ、新たなビールの魅力に挑戦していくYEBISU BREWERY TOKYOのフラッグシップとして開発されたヱビス。恵比寿工場で使用されていたヱビス酵母を再選抜しこの時代に復活。1890年のヱビスビール誕生当時に使用されていたと思われるドイツ産ファインアロマホップ「テトナンガー」を一部使用し、過去に想いを馳せながらも現代ならではのおいしさに蘇らせた、YEBISU BREWERY TOKYOのフラッグシップ商品。ヱビスらしい王道感のある飲みごたえに加え、高貴で洗練された苦味と香りが特長。麦芽100%、テトナンガー一部使用、ヱビス酵母使用。

②ヱビス ∞ (ヱビス インフィニティ ブラック)<通年商品>
Beer is .(ビールは無限大)」。1894年に黒ビールを発売したヱビスからご提案する、YEBISU BREWERY TOKYOのもうひとつのフラッグシップ商品。恵比寿工場で使用されていたヱビス酵母と、香ばしく芳醇な黒麦芽に、オレンジのような香りのホップ「マンダリナバーバリア」を組み合わせた、黒ビールらしい深みがありながらもフルーティーなホップの香りがきいた、驚きのあるブラック。麦芽100%、マンダリナバーバリア一部使用、ヱビス酵母使用。

Foggy ale 2024(フォギーエール 2024)<期間限定販売>
Beer is uncertainty. (ビールは不確かなもの)」。ビールには数千年にわたる長い歴史があり、さまざまなスタイルが存在するため、「ビール」という単語の表すものほど不確かなものはない。ビールの開発はその無数のスタイルが漂う霧の中から一つの答えを見出す作業のよう。2種のホップをドライホッピングしたことによる、トロピカルな香りと、霧のようにかすんだ液色が特徴。とろりとした不思議な飲み口ながらも、ビールらしい苦味とフルーティーな香り。ビールとはなにか、どこまでがビールなのか、そう考えさせられる1杯。麦芽100%、小麦麦芽一部使用、アマリロ一部使用、モザイク一部使用。

2.パッケージ   
樽商品

3.発売日・地域 
2024
43日・「YEBISU BREWERY TOKYO」内限定

【「YEBISU BREWERY TOKYO」提供ビール監修 Chief Experience Brewer有友 亮太からのコメント】

ヱビスビール誕生の地、恵比寿で35年ぶりに醸造を再開するにあたり、その初代醸造責任者を担当できることを光栄に思います。 ヱビスビールは1890年に誕生し、それ以降100年以上に渡りお客様に親しまれている歴史の長いブランドです。 この歴史は、その時代を生きるお客様とビールに向き合い、おいしいヱビスを探求し続けた醸造技術者たち、そのヱビスを食卓・飲食店で楽しまれたお客様がいたからこそ紡がれてきたものです。 今を生きるお客様に向き合い、「ビールのある幸せな時間を広げたい」という信念のもと、新しい挑戦を続けるブランドであるということを魅力として感じていただけるようビール醸造に取り組みたいと思います。 また提供されるビールの開発だけでなく、直接皆さまとコミュニケーションがとれる場所や機会も設けています。お客様とお話しする中で得た着想もどんどん商品やサービスに活かしていきたいと思いますので、是非足を運んでいただけますと幸いです。

<プロフィール>
2012年サッポロビール入社。サッポロビール北海道工場でビール醸造を担当した後、酒類技術研究所にて酵母の研究に取り組む。その後、ドイツへ留学し、Brewmaster(ブリューマスター)の資格を取得。帰国後は新商品開発や研究を行う。「YEBISU BREWERY TOKYO」のビール醸造を担当。

<参考>ヱビスブランドサイト https://www.sapporobeer.jp/yebisu/

このページの情報に関するマスコミの方からのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。