ニュースリリース

「サッポロラガービール」缶 数量限定発売

飲食店で親しまれている「赤星」が今年も缶商品でお楽しみいただけます

2021年03月24日

  • facebook
  • twitter
  • line

サッポロビール(株)は、業務用市場を中心に大びん・中びんのみで販売している「サッポロラガービール」の缶商品を5月25日に全国で数量限定発売します。

「サッポロラガービール」は、1877年(明治10年)にサッポロビールの前身である開拓使麦酒醸造所から発売されて以来、いまに受け継がれる、日本で最も歴史のあるビールブランドです。生ビールでは感じることのできない熱処理ビールならではの味わいが高く評価されるとともに、歴史と新しさが同居した格好良さが、ビール好きのお客様に支持されています。

缶のデザインは、昨年好評をいただいたデザインを踏襲し、現在のびんラベルを忠実に表現。裏面には、飲食店で親しまれているびんの「サッポロラガービール」の姿をデザインし、一体感を高めています。ラベル中央の赤い星は、開拓使のシンボルであった北極星を表し、ファンの皆さまから「赤星」の愛称で長年親しまれています。近年、幅広いお客様が「大衆酒場」に関心を寄せており、そのような飲食店などでこの歴史ある「赤星」を発見する楽しさを、多くのお客様に体感いただいています。

当社は引き続き多様なビールブランドをもつ強みを活かし、様々なお客様のニーズに対応していきます。

1.商品名
サッポロラガービール

2.パッケージ
350ml缶・500ml缶

3.品目
ビール

4.アルコール分
5%

5.発売日・地域
2021年5月25日・全国

6.中味特長
熱処理ならではのしっかりとした厚みのある味わい

7.参考小売価格
オープン価格

このページの情報に関するマスコミの方からのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。