ニュースリリース

渋谷区の飲食店を応援! 「美味しい渋谷区」プロジェクト始動!!

多彩な食が集まるまち、渋谷。食を通じて渋谷区の活性化に取り組みます!

2020年10月29日

  • facebook
  • twitter
  • line

サッポロビール(株)は、地域活性化のため渋谷区が立ち上げた飲食店支援の共同プロジェクト「美味しい渋谷区」に、(株)favy、(株)ポニーキャニオンとともに参画します。同プロジェクトの一環として、渋谷区の飲食店の利用促進を目的とし、渋谷エリアの飲食店を横断的に利用できるサブスクリプション「美味しい渋谷区パスポート(通称:渋パス)」を1119日より実施します。

サッポログループは、201610月に渋谷区と地域社会的課題を協働して解決していく「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定」(S-SAP)を締結しており、これまでもさまざまな機会で連携をしています。このたび、渋谷区が募集した「美味しい渋谷区プロジェクト(仮称)事業推進業務委託公募型プロポーザル」において、当社が受託企業として選定されたことから、本プロジェクトが始動しました。

昨今の社会情勢により新しい生活様式へと変遷していく中での「飲食店支援」という観点から、渋谷区が、そこに集まる全ての人々にとって“美味しいまち”であることを認知浸透させる取り組みを行います。

参加店等詳しい内容は、今後「美味しい渋谷区」特設サイトを立ち上げ、随時更新を予定しております。

サッポログループは、昨年12月に「サッポログループ サステナビリティ方針」を策定し、その取り組むべき課題として「社会との共栄」を掲げています。これからも地域とつながり、共に課題の解決に取り組むことで、地域の発展に貢献してきます。


サッポログループ サステナビリティ方針 https://www.sapporoholdings.jp/csr/plan/

■「美味しい渋谷区」とは
渋谷区の食文化を牽引する魅力的な飲食店のプロモーションを行うことで、渋谷区の食の魅力を広く発信するとともに、個性的な飲食店の増加を目指すことで、渋谷区全体の街の魅力の向上と地域の活性化につなげていく、渋谷区とサッポロビール(株)、(株)favy、(株)ポニーキャニオンによる共同プロジェクト。

■プロジェクト内容
1.渋谷区内飲食店エリア横断型サブスクリプション「美味しい渋谷区パスポート」の実施
お客様が、本プロジェクト参加飲食店の会員券を月額750円(税抜)で購入し、その飲食店に来店した際に会員券を提示すると、1来店につき11回ドリンク1杯無料など、店舗ごとの特典を得ることができるサービスです。会員券の売上は、決済手数料やシステム維持に必要な費用を除いた残額を参加飲食店に還元し、飲食店の収益改善と、来店客の増加を支援します。また、システム使用料など参加店の負担が発生することが一般的ですが、本取り組みでは、飲食店の導入経費は無料で参加可能です。

2.特設サイトの開設とPR動画の制作
本プロジェクトの特設サイトとPR動画を制作。特設サイトの制作は、大手グルメサイトを運営する(株)favyが担当。また、動画制作は、渋谷区観光大使であるホフディラン小宮山雄飛氏監修のもと(株)ポニーキャニオンが担当(11月公開予定)。

このページの情報に関するマスコミの方からのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。