ニュースリリース

「グランポレール」のアンバサダーとして 大越 基裕氏とアドバイザリー契約締結

グランポレールの情報発信とマーケティングを強化します

2020年06月02日

  • facebook
  • twitter
  • line

サッポロビール(株)は、ワイン事業におけるファインワイン(注1)の重点ブランドを「ラグジュアリー4(注2)」と位置付けており、その一角である当社日本ワインのフラッグシップブランドである「グランポレール」の情報発信およびマーケティング力強化を目的に、ブランドアンバサダーとしてワインテイスターの大越 基裕(おおこし もとひろ)氏とアドバイザリー契約を締結しました。

ワインテイスター、そしてソムリエとして国内外問わず広くご活躍されている大越 基裕氏をアンバサダーとしてお迎えすることで、日本の美しい気候風土によって育まれた「グランポレール」と全国の郷土料理のペアリング考案や、各種オウンドメディアでの積極的な情報発信を通じたブランド価値向上に取り組みます。

当社は、これらの活動を通じて、「グランポレール」の魅力を多くのお客様に知っていただき、上質な日本ワイン市場の拡大に貢献していきます。

(注1) 参考小売価格1,500円以上の商品をファインワインと位置付けています。
(注2)テタンジェ、ペンフォールズ、マルケス・デ・リスカル、グランポレールの4ブランドを「ラグジュアリー4」と位置付けています。

≪プロフィール≫
【大越 基裕(おおこし もとひろ)】
◆経歴 
出身:北海道
『銀座レカン』ソムリエを経て2013年よりワインテイスターとして独立。自身が経営する青山のベトナム料理「アンディ」がミシュランでビブグルマンを獲得。現在は講演、執筆、コンサルタントなど多方面で活躍。
◆資格:
・「国際ソムリエ協会」インターナショナルA.S.I.ソムリエ・ディプロマ
・ブルゴーニュ大学認定醸造技師(DTO)
・IWC審査員
・JALワインアドバイザー

このページの情報に関するマスコミの方からのお問合せはこちらまでお願いいたします。

画像ダウンロード