ニュースリリース

「サッポロラガービール」缶を再び数量限定発売します

~ ビール好きに愛され続けている、現存する日本で最も歴史のあるビールブランド ~

2019年08月21日

  • facebook
  • twitter
  • line

サッポロビール(株)は、業務用市場を中心に大びん・中びんのみで販売している「サッポロラガービール」の缶商品を、7月に続き10月16日に数量限定発売します。
「サッポロラガービール」は、1877年(明治10年)にサッポロビールの前身である開拓使麦酒醸造所から発売されて以来、今に受け継がれる、日本で最も歴史のあるビールブランドです。熱処理ビールならではの味わいが高く評価され、販売実績が2011年から7年連続で伸長しており、ビール好きの皆様に愛され続けている商品です。
缶のデザインは、現在のびんラベルを忠実に表現。ラベル中央の赤い星は、開拓使のシンボルであった北極星を表し、ファンの皆様から「赤星」の愛称で長年親しまれています。片面には、1957年のラベルを再現し、戦時中から長く続いたビールの冬の時代から1957年にラガービールの全国販売を再開させたストーリーを掲載しました。
当社は「ビール再強化」をテーマに掲げており、ビールブランドをさらに強化することで市場における当社の存在感を高めていきます。

1.商品名
サッポロラガービール

2.パッケージ
350ml缶・500ml缶

3.品目
ビール

4.発売日・地域
2019年10月16日・全国

5.原材料名
麦芽(外国製造又は国内製造(5%未満))・ホップ・米・コーン・スターチ

6.アルコール分
5%

7.中味特長
熱処理ビールならではのしっかりとした厚みのある味わい。

8.価格
オープン価格

9.販売計画
13万ケース(大びん633ml×20本換算)

このページの情報に関するマスコミの方からのお問合せはこちらまでお願いいたします。

画像ダウンロード