ニュースリリース

「飲んで応援!赤星キャンペーン」で2,563,220円を寄付

~元阪神タイガース 赤星憲広氏の「Ring of Red ~赤星憲広の輪を広げる基金~」の活動支援~

2019年05月29日

  • facebook
  • twitter
  • line

サッポロビール(株)近畿圏本部は「飲んで応援!赤星キャンペーン」で2,563,220円を、元阪神タイガースの赤星憲広氏が設立した「Ring of Red ~赤星憲広の輪を広げる基金~」に寄付しました。
本キャンペーンは、近畿2府4県における「サッポロラガービール」の売上から大びん1本相当の販売につき1円を同基金に寄付し、車いす寄贈などに活用いただくものです。
当社は、本キャンペーンを通してより多くのお客様に同基金の活動を知っていただき、楽しみながら支援していただきたいと願っています。

1.寄付金贈呈日時
2019年1月21日
2.贈呈先
Ring of Red ~赤星憲広の輪を広げる基金~
3.贈呈金額
2,563,220円
<参考>
◆飲んで応援!赤星キャンペーン
1.対象商品
サッポロラガービール 大びん、中びん
2.対象期間
2018年1月1日~2018年12月31日
3.内容
期間中の近畿2府4県(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、和歌山県、滋賀県)における対象商品の売上の一部(大びん換算1本につき1円)を「Ring of Red ~赤星憲広の輪を広げる基金~」に寄付。
◆Ring of Red ~赤星憲広の輪を広げる基金~
2010年に設立された赤星憲広氏が中心となって活動する慈善団体。全国の施設への車いす寄贈や、野球の裾野拡大を目指し、少年野球普及活動を行っている。
赤星憲広氏は阪神タイガース在籍中に自身の盗塁成功数に応じて車いすを寄贈する活動を2003年より継続して行っており、引退後も様々な活動を続けたいという強い思いから設立に至る。
◆赤星憲広
1976年4月10日生まれ
愛知県刈谷市出身の元阪神タイガース選手で、現在は野球解説者・関西大学客員教授として活躍。
◆サッポロラガービール
明治10年(1877年)に、サッポロビールの前身である開拓使麦酒醸造所から発売された日本最古のビールブランド。熱処理ビールならではのしっかりとした厚みのある味わいで、根強い人気を集めています。ラベルにある赤い星は、北極星をイメージした開拓使のシンボルである「五稜星」をあしらったもので、発売以来受け継ぐそのデザインにちなんで、ファンの皆様からは「赤星」の愛称で親しまれています。

以上

このページの情報に関するマスコミの方からのお問合せはこちらまでお願いいたします。

画像ダウンロード