ニュースリリース

「麦とホップ The gold」ハロウィン屋外広告掲出のお知らせ

~浅野忠信さん・岡田准一さんがシークレットゴーストに!?~

2016年10月07日

  • facebook
  • twitter
  • line
  • <フラッシュ撮影前>
    <フラッシュ撮影前>
  • <フラッシュ撮影後>
    <フラッシュ撮影後>

 サッポロビール(株)のコク系新ジャンル「麦とホップ」ブランドは、「MISSION どこまで、楽しめるか。」をテーマに掲げたプロモーションの一環として、屋外広告「麦とホップThe HALLOWEEN -FLASHGHOST-」を、10月10日(月・祝)~16日(日)の期間限定で、東京メトロ丸ノ内線新宿駅メトロプロムナードにて掲出します。

 なんとも不気味なビジュアル。このビジュアルが真価を発揮するのはスマートフォンでフラッシュ撮影した写真にだけ。肉眼では見えなかった数多くのゴーストやゾンビ達が写り込んでしまいます!まるで「恐怖写真」を撮ってしまったかのような驚きの体験を、ぜひお楽しみください。 

 そして驚きの体験がもうひとつ。実はこのビジュアルの中に「シークレットゴースト」が登場!このビジュアルのどこかに、ゴーストに扮した浅野忠信さん・岡田准一さん・メロディー洋子さんが忍び込んでいます。浅野さん=狼男、岡田さん=吸血鬼、メロディー洋子さん=小悪魔という、ハロウィン仕様のスペシャルな仮装に身を包んだ、3人の姿をぜひ探してみてください。また、この仕掛けは、「リフレクト印刷S(注1)」という印刷技術を活用したもので屋外広告での活用は世界初(注2)!!この時期ここでしかできない、スペシャルなハロウィン体験を一足お先にお楽しみください。

 

 

「麦とホップ The HALLOWEEN -FLASH GHOST-」概要

 

■掲出期間:10月10日(月・祝)~16日(日)

■掲出場所:東京メトロ丸ノ内線新宿駅メトロプロムナード

■概要:「リフレクト印刷S(注1)」を活用した、世界初※2の屋外広告。 スマートフォン等でフラッシュ撮影をすると、肉眼では見ることができなかったゾンビやゴースト達が写り込んでしまいます。浅野忠信さん・岡田准一さん・メロディー洋子さんもシークレットゴーストとしてこっそり登場!ここでしかできないハロウィン体験を一足お先にぜひお楽しみください。

 

*駅・係員へのお問い合わせはご遠慮ください。

*写真撮影は20歳以上の方に限らせていただきます。

 

<注1 リフレクト印刷S(エス)とは>

リフレクト印刷とは、再帰反射印刷とも呼ばれ、特定条件下において光の反射による発光現象を伴う印刷技術です。スポットライト等の強い光に真っ直ぐ反射する特性を生かし、旧来、夜間などの暗がりで看板や標識、作業員等の所在の視認を良くする目的で使用されてきました。

東京リスマチック株式会社が開発した、最新印刷技術である、リフレクト印刷S(エス)は、1枚の印刷面において、通常時に見える情報と光を反射する際に写し出される情報が異なる新しい印刷技術です。

スマートフォンでのフラッシュ撮影等により、簡単にその変化を体感できます。簡単な操作で、大きな変化を表現・体感できる本手法は、SNSへの誘導・拡散が期待され、新しい印刷表現の可能性として注目を集めています。(商標出願予定 ※名称は変更となる場合がございます)

 

<注2 世界初>

リフレクト印刷S(エス)の手法を用いた屋外広告として世界初。(東京リスマチック株式会社独自調べ。)

 

以上

このページの情報に関するマスコミの方からのお問合せはこちらまでお願いいたします。