ニュースリリース

2015年度日本育種学会賞受賞について

~1992年以来、3度目の受賞~

2016年03月22日

  • facebook
  • twitter
  • line

 

 サッポロビール(株)は「リポキシゲナーゼ欠失ビール大麦育成グループ」の中核メンバーとして、このたび一般社団法人日本育種学会より「リポキシゲナーゼ欠失変異を利用した高品質ビールオオムギ品種の育成」について、2015年度日本育種学会賞を受賞しました。

 同賞は「育種に関する研究において注目すべき業績をあげた会員に授与」されるもので、1953年から続く、権威ある賞です。大麦関連での民間への学会賞授与は「成城17号ほか醸造用大麦品種の育成」(1976年・当社の単独受賞)、「醸造用大麦縞萎縮病抵抗性高品質品種の育成」(1992年・当社を含む研究グループで受賞)以来、3度目の快挙となります。

 また2014年には、当社研究員の飯牟礼 隆(いいむれ たかし)が「プロテオーム解析に基づくビールオオムギ品質選抜法の開発」について育種学会奨励賞(Young Researchers Award)を受賞しており、当社の育種に関する取り組みを継続して評価いただいています。

 なお、2016年3月21日(月・祝)に開催された日本育種学会総会(於:横浜市立大学)で学会賞を授与され、受賞講演をおこないました。

 当社は、他企業や大学と連携しながら今後もビール原料に関する育種・研究開発力を磨き、魅力ある商品展開に活かしていきます。

 記

 

賞題 2015年度日本育種学会賞

 受賞論文

表題

 「リポキシゲナーゼ欠失変異を利用した高品質ビールオオムギ品種の育成」

 受賞

グループ

 リポキシゲナーゼ欠失ビール大麦育成グループ

 ・岡山大学

 ・サスカチュワン大学(カナダ)

 ・アデレード大学(オーストラリア)

 ・サッポロビール株式会社

 受賞業績

概要

 ビール醸造に使用される麦芽の原料である「大麦」に由来する脂質の酸化は、ビールの泡持ちや香味耐久性に悪影響を及ぼすことがわかっています。その改良を目的として、当社は岡山大学と共同で、天然の大麦遺伝資源から、脂質酸化を触媒する酵素リポキシゲナーゼ-1(以下LOX-1と表記)のないLOXレス大麦を探索しました。

 この性質をビール大麦の品種交配で導入するには、栽培性や品質面で多くの課題に直面しましたが、2001年にカナダのサスカチュワン大学と共同でLOXレスの性質をもつ高品質なビール大麦の開発を開始するに至りました。

 その後、各地に適応したLOXレス大麦の開発と品種登録出願を行い、当社独自の「協働契約栽培」(注1)による調達展開を進めることで、北米での栽培は商業ベースにまで拡大しています。さらに世界主要産地への普及を目指し、現在、欧州でも同様のプログラムを進めています。

 LOXレス麦芽は、ビールの泡持ちや香味耐久性を向上させる「旨さ長持ち麦芽」として、当社の基軸ブランドである「サッポロ生ビール黒ラベル」や、4月12日に数量限定で発売する「サッポロ生ビール黒ラベル エクストラブリュー」に使用しています。(注2)

  

(注1)「協働契約栽培」については、添付PDF内の「参考情報」を参照ください。

(注2)「サッポロ生ビール黒ラベル エクストラブリュー」には「旨さ長持ち麦芽」を100%使用、「サッポロ生ビール黒ラベル」には一部使用しています。

 

以上

このページの情報に関するマスコミの方からのお問合せはこちらまでお願いいたします。