企業理念体系・ビジョン

企業理念体系・ビジョン
経営理念

新しい楽しさ・豊かさを
お客様に発見していただけるモノ造りを

ビジョン

誰かの、いちばん星であれ
ひとりひとりの心を動かす物語で
お酒と人との未来を創る
酒類ブランドカンパニーを目指す
<プレミアム&リーズナブル> <グローバル&パーソナル>

行動規範

カイタクしよう

  • カイタクしよう、心を動かすアイデアを
  • カイタクしよう、お酒の次の未来を
  • カイタクしよう、深く愛されるブランドを
  • カイタクしよう、社会との共鳴を

誰かの、いちばん星であれ

もはや、お酒のライバルはお酒じゃない。
すべての心を動かすものが、ライバルだと思う。
だからこそ、サッポロビールは変わる。新しく踏みだす。
モノを造って終わり、それはただの奢りにすぎない。
さぁ、カイタクしよう。いつの時代も、そのスピリットが原点にあった。

サッポロビール。その名前も、カイタクの足跡だ。
私たちの醸造所は、東京に生まれるはずだった。
それを覆して選んだのが、北海道・札幌。理由はひとつ。
いいビールを造りたい。ただ、それだけ。
天候、土壌、原料。それぞれの理想を求め、北の大地を切り拓いた。
その最前線には、28歳の若者がいた。
醸造者のリーダーである彼は、カイタクの人だった。
外国への渡航が罪とされた江戸時代に、
単身で海を越え、イギリスそしてビールの本場ドイツへ。
日本人として初めて醸造をイチから学んだ。
その目は、どれだけの新しい景色を見たのだろう。
その目には、2020年の私たちはどう映るだろう。

カイタクしよう、これからのお酒のあり方を。
プレミアムとリーズナブル。グローバルとパーソナル。
異なる視点を行き交いながら、考えぬく。
お酒にとっての多様性とは何か。新しい喜びとは何か。
そして、モノ造りそのものの意味を前に進めよう。
ひとりひとりの心を動かす物語で、
お酒と人との未来を創るブランドカンパニーへ。

誰かのいちばんを、誰よりもいちばんに。
そう、私たちサッポロビールから。

SAPPORO