生ビールのおいしさを広めた、日本初のビヤホール

生ビールのおいしさを広めた、日本初のビヤホール

1899年、「恵比寿ビール BEER HALL」は現在の東京・銀座にオープンします。日本初となったビヤホールは、工場直送の生ビールを味わってもらいヱビスビールを宣伝するという画期的なアイデアで誕生しました。当時はまだ高価だったビールですが、工場直送の生ビールが飲めるとあってビヤホールは大繁盛となりました。1934年に誕生した「ビヤホールライオン銀座七丁目店」は今なお当時の姿で現存し、昭和初期のレトロな雰囲気が楽しめる日本最古のビヤホールです。さらに、独自のビールサーバー「サッポロセパレシステム」を開発するなど、生ビールのおいしさにこだわり続けています。

日本初のビヤホール誕生

1905年(明治38)ごろの恵比寿ビヤホール外観
1905年(明治38)ごろの恵比寿ビヤホール外観

日本初のビヤホールとなった「恵比寿ビール BEER HALL」は1899年(明治32)8月4日、現在の東京・銀座にオープン。日本麦酒の社長馬越恭平のアイデアで誕生したビヤホールは、ヱビスビールの宣伝が目的でした。工場直送の出来立て生ビールを味わってもらい、そのおいしさを知ってもらうためだったのです。

"ビヤホール"という名前の由来

1905年(明治38)ごろの恵比寿ビヤホール店内
1905年(明治38)ごろの恵比寿ビヤホール店内

日本初の新型店の名前選びには、英語に詳しい日本人や外国人の知恵を借り、宣教師の意見で「ビヤサロン」と一旦は決定しました。しかし、あるイギリス人に、宣教師は上品なサロンをイメージしているようだが、横浜あたりではサロンといえばいかがわしい場所。店名には相応しくないので、ホールのほうがよい、とのことで「ビヤホール」に決まったのです。

大入り大繁盛で、宣伝も商売も大成功

恵比寿ビールのジョッキ
恵比寿ビールのジョッキ
ビヤホールの人気を伝える新聞記事(1899年9月4日付「中央新聞」)
ビヤホールの人気を伝える新聞記事(1899年9月4日付「中央新聞」)

ビヤホールはわずか40坪の広さでしたが、店内は入口左側にカウンターを設け、ニッケル製のスタンドを設置し、床はリニリューム張りと当時としては斬新な装いでした。ビールはガラス製ジョッキ半リットルで10銭で、当時はまだ高価だったビールですが、工場直送のおいしい生ビールが飲めるとあって、新しいもの好きの江戸っ子はもちろん、遠方からも馬車でやってくる方がいるほどの大繁盛。初日225リットル、2日目245リットル、3日目450リットルを売る好調さで、開店1週間からは1日1,000リットルも売れる日もありました。

宣伝目的のビヤホールは、売上げも好調で商売にもなるという一石二鳥の成果がありました。ただ、お客の不満が一つ。当初のつまみは西洋に倣いスライスした大根だけで、ラディシュのつもりだったようですが、これが不評でした。その後、蕗や海老の佃煮にしたところ、大いに受けたといいます。こうしたおいしい生ビールを楽しめる場づくりが、日本にビール好きを増やし、ビールを広く浸透させていきました。

現存する日本最古のビヤホール

ビヤホール銀座七丁目店店内の様子
ビヤホール銀座七丁目店店内の様子
ビール麦の穂をイメージした矢尻型の天井装飾
ビール麦の穂をイメージした矢尻型の天井装飾
ワインぶどうをイメージしたカラフルな照明
ワインぶどうをイメージしたカラフルな照明

1934年(昭和9)4月8日に誕生した「ビヤホールライオン銀座七丁目店」は、今なお創建当時のままの姿を残す"ビヤホールの殿堂"。入口正面のビール麦を収穫する婦人たちを描いたガラスモザイク大壁画をはじめ、照明や柱、壁など店内各所は美しい装飾で彩られ、昭和初期のレトロな雰囲気を味わえます。銀座ライオンの伝統技術と徹底した品質管理で提供する最高の生ビールを求め、毎日全国のビール好きが集まる、知る人ぞ知るお店なのです。

「恵比寿ビール BEER HALL」をルーツとするサッポロライオン社は、「銀座ライオン」や「YEBISU BAR」など、ビヤホールをはじめビヤレストラン、和食居酒屋、ダイニング、ビヤバーなどさまざまなブランド店舗を全国に展開。「恵比寿ビール BEER HALL」の思いを継いで、おいしいビールと食事、それを楽しめる場が今も提供されています。

独自のビールサーバー「サッポロセパレシステム」開発

「サッポロセパレシステム」
「サッポロセパレシステム」

生ビールのおいしさにこだわり続けてきたサッポロビールが開発したのが、独自のビールサーバー「サッポロセパレシステム」です。このサーバーの特長は、樽から注ぎ口までのビールが通るラインをまるごと取り外し交換できること。ビールラインには日々洗浄をしても少しずつ付着物が溜まり、それがビールの味わいに影響します。「サッポロセパレシステム」を採用した生ビール品質管理システムでは、定期的に店舗にうかがい、ビールラインごと取り外して交換します。外したビールラインは持ち帰って徹底洗浄するので、ビールラインは交換の度に新品同様になります。それにより、いつでも泡がきめ細かいおいしい生ビールを注ぐことを可能にしています。サッポロビールは、多くの方に高品質の樽生ビールを楽しんでいただくため、この「サッポロセパレシステム」を積極的に広めています。