国産ホップの発見、そして育種技術の確立へ

国産ホップの発見、そして育種技術の確立へ

北海道開拓使に雇われていたアンチセルは1872年、北海道内の地質調査時に野生ホップを発見します。開拓使はまず1876年に開業した「開拓使麦酒醸造所」で使うため、ホップの本格栽培に着手。試行錯誤の末、ホップをすべて道内産で賄う自給化に成功します。その後もホップの育種・研究を行い、ホップの優良品種「信州早生」種を作出するなど、高度な育種技術を獲得していきます。その技術の高さは、世界一の品質を誇るホップの産地チェコのザーツ地方で起きた、ウイルスによるホップの危機を救うほどでした。サッポロビールはその育種技術を活かし、日々ホップの開発に挑戦し続けています。

野生ホップの発見

ホップの球花
ホップの球花

北海道開拓使に雇われていたアメリカの化学技術士トーマス・アンチセルは1872年(明治5)、道内の地質などの調査時に、現在の岩内町で野生ホップを発見。アンチセルは日本でも将来ビール産業が盛んになるという予見のもと、開拓使にホップ栽培を建言しました。北海道の気候であれば自国用はもちろん輸出できるほどホップの収穫が可能だとみていました。

ホップの自給化に成功

1877年(明治10)ごろの札幌ホップ園
1877年(明治10)ごろの札幌ホップ園
1935年(昭和10)ごろの札幌・山花ホップ園
1935年(昭和10)ごろの札幌・山花ホップ園

開拓使は、まず1876年(明治9)に開業した「開拓使麦酒醸造所」で使用するホップの自給を目指し、翌年、札幌にホップ園を設けて本格栽培に着手。しかし、植え付けた苗の大方が枯れてしまうことが何年も続きました。ホップは病気に弱く、栽培は簡単ではありませんでした。試行錯誤の末、1881年(明治14)にようやく開拓使麦酒醸造所で使用するホップを全て道内産で賄うことに成功しました。

優良品種「信州早生」の誕生

ホップ「信州早生」種
ホップ「信州早生」種
1941年頃の上富良野ホップ乾燥所
1941年頃の上富良野ホップ乾燥所

サッポロビールは開拓使麦酒醸造所時代からホップの育種・研究を行い、世界でも認められる高い育種技術を獲得しました。その一つの成果が1910年(明治43)に誕生した「信州早生」種。誕生から100年以上、今もなお作付けされている優良品種です。ホップは病気に弱く栽培が困難でしたが、ホップ研究で培ったノウハウは生産者への栽培指導でも発揮され、良質な原料の調達に役立っています。

チェコのホップ危機で証明された育種技術

ホップの萌芽(直後)
ホップの萌芽(直後)
ホップの萌芽(2〜3週間後)
ホップの萌芽(2〜3週間後)

チェコのザーツ地方は、世界一の品質を誇るホップの産地です。そのホップが1970年(昭和45)ごろからウイルスにより品質が低下し、収穫量も低下しはじめました。この危機を救ったのが、サッポロの組織培養技術だったのです。1989年(平成元)、サッポロが技術指導して、ウイルスフリーの苗を作出。これを栽培した結果、チェコのザーツ地方のホップは、再び世界一の品質を取り戻したのです。

個性豊かなホップの開発

フラノスペシャルの球花
フラノスペシャルの球花
協働契約栽培のホップ農場
協働契約栽培のホップ農場

ホップは香味の良い「アロマホップ」と苦味成分の多い「ビターホップ」に大別されます。優良なホップをつくるための「育種」は、品種の交配・選別を長い年月にわたって繰り返すため、通常は10年以上かかります。そんな中、わずか7年で選抜できたエリート品種「フラノスペシャル」は、苦味含量が非常に多く、香味も良好で収量も多いのが特長。現在は北海道富良野のみで栽培されており、北海道限定商品「クラシック富良野ヴィンテージ」の特徴ある香りを演出しています。

その他、サッポロビールの代表的な開発品種には、100年以上の歴史を持つ「信州早生」や、アロマホップならではの香りを持ちつつ農業性に優れた「リトルスター」、そして2010年(平成22)に開発したアロマホップとビターホップの両方の特長を併せ持つ新品種「フラノロイヤルグリーン」と「フラノビューティ」などがあります。ホップ育種の挑戦はこれからも続いていきます。

チェコのホップ危機で証明された育種技術

サッポロビールはホップのアレルギー症状を軽減する機能に着目し、2003年(平成15)から研究を開始。2006年(平成18)6月にホップ抽出物に含まれる「ホップフラボノール」に花粉症の症状を軽減する機能があることを究明しました。さらに、ホップ抽出物を効率良く抽出する「ホップ水抽出法」も開発。ホップ抽出物の機能とその製法で特許を出願しています。サッポロビールでは今後もホップの可能性を広げるために、研究開発を積極的に進めています。