その他、サッポロならではのこだわりのビール

その他、サッポロならではのこだわりのビール

サッポロビールは日本で最も古いビールブランド「サッポロラガー(赤星)」という、長年にわたり愛され続けるビールをつくりながら、その一方で、サッポロビールにしかつくれないこだわりのビールづくりにも取り組んできました。そうして誕生したのが、原料と製法にこだわった北海道限定発売の「サッポロクラシック」や、世界最高峰のチェコ・ザーツ産のファインアロマホップを通常の3倍も使用した贅沢なピルスナービール「エーデルピルス」、活きたビール酵母を濾過しない無濾過の樽生ビール「白穂乃香(しろほのか)」といったお店でしか味わえない贅沢で個性的なビールです。日本で最も古くから愛され続けるビールと、これまでになかった新しい味わいのビール。どちらも、本当にうまいビールを飲んでほしいというサッポロビールの想いから生まれたビールです。※当社比

日本で最も歴史のあるビールブランド「サッポロラガービール(赤星)」

サッポロラガービール(赤星)
サッポロラガービール(赤星)

「サッポロラガービール」は、サッポロビールの前身である開拓使麦酒醸造所から創業翌年の1877年に冷製「札幌ビール」として発売されました。「冷製」とはドイツ醸造法による、低温熟成させたビールの意味のようです。ラベルに描かれた赤い星は、サッポロビールのルーツである北海道の開拓使のシンボル「北極星」。そこから「赤星」という愛称で呼ばれるようになりました。程よい苦味が効いた、熱処理ビールならではのしっかりとした厚みのある味わいが特徴です。その独特の味わいには多くのファンが存在し、現存する日本最古のビールブランドとして愛され続けています。

原料と製法にこだわった北海道限定ビール「サッポロクラシック」

サッポロ生ビール黒ラベル
サッポロクラシック

北海道限定の麦芽100%ビール「サッポロクラシック」は、他の麦芽100%ビールとは一線を画した味わいのビールです。その理由はホッホクルツ製法にあります。この製法はドイツの伝統的な醸造法で、高温短時間仕込により、麦芽100%のまろやかな味わいとスッキリした飲みやすさを両立しています。この製法は「クラシック」のような淡色麦芽の比較的濃度の高くないビール醸造に適しているのですが、酵素に富んだ優良な麦芽を使用する必要があります。原料にこだわった「サッポロクラシック」ならではの味わいが楽しめます。

お店でしか味わえないスーパープレミアムビール「エーデルピルス」

本格ピルスナービール「エーデルピルス」
本格ピルスナービール「エーデルピルス」

一人のサッポロビール技術社員の、ただただ最高のものを作り上げたい、という純粋な想いから生まれたピルスナービールが「エーデルピルス」。世界最高峰と言われるチェコ・ザーツ産のファインアロマホップを贅沢にも通常の3倍&も使用し、華やかな香りと「エーデルビター(高貴な苦味)」と呼ばれる鮮烈で深みのある苦味が魅力のスーパープレミアムビールです。その完成度の高さはドイツ最古のヴァイヘンシュテファン醸造所に認められ、この醸造所が所有する誇り高い称号を冠し、「エーデルピルス(高貴なピルスナー)」と名付けられました。飲食店のみで提供されており、ホップの華やかな香りを引き立てるために、ふんわりとした「スフレ泡」をつくる「3度注ぎ」という注ぎ方にまでこだわりが込められています。※当社比

"無濾過"のプレミアム樽生ビール「白穂乃香(しろほのか)」

プレミアム生ビール「白穂乃香」
プレミアム生ビール「白穂乃香」

「白穂乃香」は“お店でしか飲めない味わいをもつ、これまでになかったビールをつくろう”という構想で開発されました。そのため従来の商品開発とは違い、お客様の反応を一番間近で見る飲食店・酒販店の方々と一緒につくりあげた自信作。最大の特徴は、活きたビール酵母を濾過せず、そのままのうまみを独自の技術でビール樽に均一に封じ込めた“無濾過”の樽生ビールであるということ。活きた酵母が入った無濾過ビールは非常にデリケートなため、お店では“樽生開封後2日以内でのご提供”という厳格な規定を設けています。小麦麦芽をブレンドしたことによるきめ細かいクリーミーな泡、無濾過ならではのまろやかな味わい、上面発酵による華やかな香りは、品質管理に優れ、こだわりを持った厳選店のみでお楽しみいただけます。