サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ

ホーム > たのしくお酒を > Kitchen by SAPPORO OVER QUALITY > PORCHETTA

Kitchen 07 PORCHETTA

07 Kitchen by SAPPORO OVER QUALITY

  • SEASON November
  • WEATHER 晴れのちくもり
  • PLACE 箱根

PORCHETTA

外で飲むビールって、なんであんなにウマいんだろう。その至福の1杯を、シチュエーションの魔法で感動レベルにまで引き上げるSAPPORO OVER QUALITY。そんなサッポロビールの特別企画に、REALBBQ代表・井川氏が参戦。驚きの料理とビールの共演で、最ッッッ高のアウトドアキッチンを作り上げる。Kitchen by SAPPORO OVER QUALITY。第7回目は、まさかの雪に見舞われた箱根から。前代未聞の欧風BBQメニューをお届けします!

Kitchen by SAPPORO OVER QUALITY
テーブルいっぱいに並べられた、本日の副菜2品の主食材。
期待に胸を膨らませながら、相方となるサッポロ生ビール黒ラベルを冷却。

テーブルいっぱいに並べられた、本日の副菜2品の主食材。その圧倒的なスケール感に、スタッフ一同も唖然騒然。特にチーズがデカ過ぎる! 果たしてどんなワイルドフードが作り出されるのか。期待に胸を膨らませながら、その相方となるサッポロ生ビール黒ラベルを冷却。雪があるなら雪で冷やすのが風情です。

副菜1品目は、スペインの郷土料理、カルソターダ。
トマトとナッツの特製ロメスコソースを付けて、上から垂らして食べるのが現地流。

副菜1品目は、スペインの郷土料理、カルソターダ。流石は世界のBBQを知る井川さん、初っ端からオシャレです。って……ま、丸焦げですよ!? でも大丈夫。焦げた表面部分をズルっと剥けば、中から美しく焼きあがった身が登場。トマトとナッツの特製ロメスコソースを付けて、上から垂らして食べるのが現地流。

2品目は本日の銀世界にバッチリなスイスの伝統料理、ラクレット。
チーズの断面を直火で炙り、トロトロに溶けたところでお好みの食材(今回はボイルドポテト)にブッかけて食べるという逸品だ。

2品目は本日の銀世界にバッチリなスイスの伝統料理、ラクレット。チーズの断面を直火で炙り、トロトロに溶けたところでお好みの食材(今回はボイルドポテト)にブッかけて食べるという逸品だ。ちなみに、調理法は至極シンプルだが、これだけの巨大チーズを日本で探すのは至難の技なのでご注意を。

※チーズを直火で炙る際はやけどに注意してください。

いつもながらの手際の良さとシンプルな調理法で、瞬く間に完成したスペインとスイスのローカルフード。
ワイルドな調理法は、BBQエンターテイメント的にも◎。

いつもながらの手際の良さとシンプルな調理法で、瞬く間に完成したスペインとスイスのローカルフード。ダイレクトに感じられる食材本来の味わいに、一同ホッコリそしてビックリ。ネギってこんなに甘いんだ、チーズってこんなに味が深いんだ。ともにワイルドな調理法は、BBQエンターテイメント的にも

※火気の使用は特別な許可を得た上で、十分に安全性と環境に配慮し行っています。

INGREDIENTS 材料

スペイン、スイスと並んだ副菜2品に続き、メインディッシュもヨーロッパより。その名もポルケッタ。伊達男たちの胃袋を掴んで離さない、イタリア式ローストポークだ。BBQ=アメリカ文化と思い込みがちな固定観念をブチ壊す、イタリアンBBQスタイルにご注目あれ。

材料(4人分)

  • 皮付き豚バラブロック/3kg
    バジル/2パック
    タイム/2パック
    ローズマリー/2パック
  • ニンニク/5片
    オリーブオイル/適量
    黒胡椒/適量
    塩/適量

RECIPE 作り方

ポルケッタ

Step1 下味の重要性は万国共通。しっかり目の味付けがカギ
Step1

下味の重要性は万国共通。
しっかり目の味付けがカギ

普段とはやや趣向が違うイタリア式BBQ料理とはいえ、やはり始めは下味付けから。まずはいつも通り豚バラに塩胡椒を。次に、各種ハーブとニンニク、オリーブオイルをペースト状にしたソースを塗りたくる。

Step2 巻いて縛って肉汁を閉じ込める。見守るギャラリーもワックワク
Step2

巻いて縛って肉汁を閉じ込める。
見守るギャラリーもワックワク

下味を付けたら、お次は縛り。必ず皮面を外側にして、肉の横端から海苔巻き状に巻いていく。ギュギュッと力を込めて巻き上げたら、今度はタコ糸でグルグル巻きに。細かい巻き方なんて気にしない。思うがままでOK!

Step3 炭はあくまで遠火&少なめで。直火なんて絶対NG!
Step3

炭はあくまで遠火&少なめで。
直火なんて絶対NG!

こちらをドドーンとグリルに投入。当然、中まで火を通すには時間が掛かる。炭はグリルの両側に配置して、肉の真下部分は空けておくのが鉄則だ。最後に蓋をして火を通すこと約3時間。火加減を確かめつつ気長に待つべし。

Step4 滴る肉汁と芳醇なハーブの香り。イタリアンBBQ、いよいよ完成!
Step4

滴る肉汁と芳醇なハーブの香り。
イタリアンBBQ、いよいよ完成!

焼き終わったら、グリルから上げてタコ糸を外しカッティング。パリっとこんがりキツネ色に仕上がった外皮に包丁を入れれば、中からジューシーな肉汁が溢れ出る。漂うハーブソースの香りは、これぞイタリアンBBQ。

ポルケッタ

FINISH 完成

あくまでシンプルながら、見た目にもインパクト抜群なヨーロッパの冬メニューで統一した第7回Kitchen by SAPPORO OVER QUALITY。辺り一面に雪が積もる超極寒の中でも、終始驚きと笑顔が絶えなかったエンターテイメント性の高いアウトドア料理たちが、遂に完成! そしてお待ちかねの、サッポロ生ビール黒ラベルとご対面。欧州BBQとのスペシャルコラボが実現した!

サッポロ生ビール黒ラベル

大人の★生。サッポロ生ビール黒ラベル。麦芽・ホップ100%協働契約栽培。確かな素材から生まれた“生”のうまさをお届けします。

公式サイトへ
サッポロ生ビール黒ラベル

SAPPORO OVER QUALITY PEOPLE

REALBBQ井川氏の指揮の下、オーバークオリティなアウトドアフードを提案するKitchen by SAPPORO OVER QUALITY。ここではその撮影に同行した、サッポロビール社員Y氏のリアルな声をお届け。これまでのスタイルとは一線を画す、欧州式BBQの感想は?

Column

楽しさと驚き、そして美味しさを備えた欧州式BBQコースに大満足

「今回はヨーロッパの冬メニューということで、いつもと違うスタイルに期待していたんですが、相変わらずの想像を超える出来栄えに驚かされました。まずはカルソターダ。ネギがあんなに楽しく食べられるとは(笑)。スモーキーな薫りとネギ本来の甘味が抜群でしたね。ラクレットは一度食べてみたい料理だったんですけど、それがまさかアウトドアで楽しめるなんて。チーズの濃厚な味とジャガイモのコンビネーションも完璧でした。最後に主菜のポルケッタ。見た目はとにかく豪快なのに、イタリア料理というだけあって味わいも深い。ハーブソースの爽やかな風味は、今回のシチュエーションとも絶妙にマッチしていたと思います。どれもビールとの相性も素晴らしく、非常に良く考えられたメニューでしたね」。

FOOD DESIGNERS VOICE from REALBBQ

REALBBQ 株式会社代表取締役 BBQデザイナー
井川 裕介 いかわゆうすけ

誰ひとりとして予想していなかった、まさかの雪に困惑。
やっぱりOQは何が起きるかわからない!

REALBBQ 株式会社代表取締役 BBQデザイナー 井川 裕介 いかわゆうすけ

「スイス、スペイン、イタリアと、ヨーロッパのメニューで固めてみたんですが、まさかまさかの前日に大雪。足場は悪いしとにかく寒いし、トロけるのが売りのラクレットも速効で固まるし……。相変わらず、いろいろと大変でしたね。本当に毎回どんなことが起きるかわからないSAPPORO OVER QUALITYですけど、今回はまさに、それが体現された撮影だったんではないでしょうか。神奈川県でのこの時期の降雪なんて、観測史上でも稀に見る珍事らしいですからね(笑)。けれどそんな冷え切った身体に、本編側で作った足湯は最高でした。芦ノ湖を見下ろす箱根の高原で、図らずとも雪見風呂となったとんでもなく異質な空間は、きっと一生忘れることはないと思います(笑)」。

REALBBQ
外部サイトへリンクします

Present

キャンペーンの受付は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

応募要項
オリジナルロゴ入り特注デニムエプロン、サッポロ生ビール黒ラベル