サッポロビール株式会社
会社情報
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 商品情報
  • サッポログループ

ホーム > 会社情報 > サッポロビールについて > 歴史・沿革

歴史・沿革

  • 歴史紹介
  • 年表

サッポロビールのルーツ「開拓使麦酒酒醸所(1876年開業)」と冷製「札幌ビール(1877年発売)」

【写真】

『札幌ビール』のラベル
(明治11年使用のラベル)

ロシアの南下政策への対抗策として1869 (明治2) 年に設置された開拓使は、殖産興業に燃える新政府の切り札として大いに期待され、外国人技師の招へいが行われて「開拓使麦酒醸造所」を含む30種以上の官営工場が開設されました。輸入品の「舶来ビール」や横浜の外国人技師が作る「居留地ビール」が発信源となって次第に認知度が高まっていたビールは新時代を象徴する飲み物で、国内消費や輸出向けの有望なマーケットが誕生する可能性を秘めていました。

そうしたことから、ホップが自生する土地で、ビール大麦の栽培にも適しており原料の自給自足が可能なこと、低温で発酵させるための氷が入手しやすいことなど、気候風土がビールづくりに適している北海道に、政府の勧農・殖産興業政策に合致するビール醸造事業が導入されることになりました。

開拓使麦酒醸造所によるビールづくりは1876(明治9)年に醸造所の建設から始まり、1877 (明治10) 年夏には、本場ドイツで修業した日本人初のブラウマイスター中川清兵衛によって仕込まれた第1号商品冷製「札幌ビール」が、サッポロビールのトレードマークである「五稜星」★が描かれた開拓使旗 (北辰旗) を立てた船艦によって東京へと運ばれました。

開拓使ビールの発売からほぼ10年後、数知れないほどの困難を乗り越えた先駆者たちの努力によって国産ビールの総生産量はついに舶来ビールの輸入量を上回ります。その間、サッポロビールの先駆者たちもまた、ビール醸造に適した大麦の栽培に苦心し、品種改良や栽培方法などの研究を積み重ねていきました。なかでも、荒野を開墾して畑を耕した屯田兵とともに取り組んだ原料づくりは、彼らの功績とともに、今日の当社の「協働契約栽培」のルーツとして記憶にとどめておきたい事柄です。その後、開拓使麦酒醸造所は渋沢栄一らが経営に参画し、民間会社の「札幌麦酒会社」として新たなスタートを切ります。

ヱビスビールのルーツ「日本麦酒醸造会社 (1887年設立) 」と「恵比寿ビール (1890年発売) 」

【写真】

発売当時のラベル

1887 (明治20) 年前後になると、ビール事業の将来性に期待する資本家などが大小様々なビール会社を設立するようになりました。サッポロビールの前身である「日本麦酒醸造会社」もまた、中小の資本家によって現在の東京・銀座に設立されました。しかし、大掛かりな設備を要するビール事業には十分な資本が不可欠で、日本麦酒醸造も、翌年、三井物産会社の資本参加による増資によってようやく醸造所の建設と製造にこぎつけることができ、1890 (明治23) 年に第1号となる「恵比寿ビール」を発売しました。

国産とは言うものの、原料も、設備も、技術者も、本場ドイツからそのまま移転させて製品化したような「恵比寿ビール」は、まさに本格的なドイツビールで販売直後から評判を呼びました。1893 (明治26) 年に、日本麦酒醸造は「日本麦酒株式会社」に社名を変更します。翌1894 (明治27) 年に勃発した日清戦争を契機にビールの消費量が急激に増大すると、日本麦酒は積極経営に転じて増資を行い、設備の更新と拡張で増産体制を確立。この積極策が実を結び、当時、偽ビールが出回るほどになっていた「恵比寿ビール」の人気と相まって日本麦酒は日本一の製造量を誇るビール会社に成長しました。急増した製品輸送の便を図るため、1901 (明治34) 年に貨物専用の「恵比寿停車場」が設置されると付近の都市化と人口の増加が急速に進み、やがて旅客も扱う駅となり、1928 (昭和3) 年には付近の地名は「恵比寿」となりました。

こうした成長の陰で手腕をふるったのが当時の経営トップだった馬越恭平でした。のちに「東洋のビール王」と呼ばれる馬越はイベントや広告、口コミによる宣伝などプロモーションを含めた販売戦略の才能にも長け、1899 (明治32) 年には、「恵比寿ビールBeer Hall」を開業させます。この日本初のビヤホールは新しい物好きの東京人に受けてたちまち大繁盛店となりました。この間にも日本麦酒は設備の新鋭化と先端技術の吸収、幹部技術者の育成などに注力して「恵比寿ビール」の品質向上に努め、1900 (明治33) 年にはパリ万博で金賞を、4年後のセントルイス万博ではグランプリを受賞するなど様々な金字塔を立て、日本を代表するビール会社となりました。

大合同、大日本麦酒株式会社の発足

ビール醸造所は一時期全国で数十にもおよんでいましたが、明治30年代後半には札幌、日本、大阪(旭ビール)、麒麟麦酒の4大会社が激しい競争を展開するにいたりました。日本麦酒を率いる馬越恭平は、1906(明治39)年、札幌、日本、大阪麦酒の3社を合併し、シェア7割を誇る大日本麦酒株式会社を発足させました。大正・昭和とビールの需要が伸びていく過程で、醸造技術、原料の品種改良など大日本麦酒が業界に果たした役割は多大でした。

「ニッポンビール」から「サッポロビール」に

【写真】

1964(昭和39)年、サッポロビール株式会社に社名を変更。

1949(昭和24)年9月、大日本麦酒は過度経済力集中排除法の適用を受け、日本麦酒と朝日麦酒の2社に分割されました。日本麦酒は『サッポロ』『ヱビス』の商標を継承しましたが、それらの商標は採用せず新たに『ニッポンビール』でスタート。しかし、数多くのビール愛飲家からは『サッポロビール』を懐かしむ声が後を絶ちませんでした。1956(昭和31)年、その声に応えるべく、まず発祥の地・北海道で『サッポロビール』を復活させ、その翌年には全国的に復活販売。そして1964(昭和39)年1月、会社名もサッポロビール株式会社に変更しました。

名品。いま、よみがえる。「ヱビスビール」復活

【写真】

名品の誉れ高い『ヱビスビール』が1971(昭和46)年に復活。

大日本麦酒の主力ブランドであった『ヱビスビール』が1971(昭和46)年12月、28年ぶりに復活しました。サッポロビールの技術陣が副原料を使用しない本格的な麦芽100%ビールの製造に取り組み、わが国では戦後初めて発売された麦芽100%のドイツタイプのビールです。『ヱビスビール』はプレミアムビールとして発売され、「名品。いま、よみがえる。特製ヱビスビール」などの広告を展開、その品質の高さから大きな人気を博しました。

ロングセラー、黒ラベル

ビヤホールの「生」を家庭で手軽に味わいたいという愛飲家の強いご要望にお応えするために、サッポロビールの技術陣は研究を重ね、生ビールのうまさをそのままびん詰めする技術の開発に成功しました。こうして1977(昭和52)年に発売されたのが『サッポロ〈びん生〉』で、当時「びん生党」という言葉も生まれるほどの支持を得ました。その後、愛称だった『黒ラベル』を新商品名として採用し、今日まで変わることのない人気を誇っています。

サッポロビールの広告宣伝

戦時中禁止されていた商標の使用が1949(昭和24)年に認められたのに伴い、ビール業界の宣伝活動も再開されました。サッポロビールの戦後の広告は1950(昭和25)年の『ニッポンビール』の広告から始まります。1954(昭和29)年には『ビールの王様』が誕生。当時の新進漫画家やなせたかしのイラストキャラクターを使用したこの一連の広告は、イベントと連動し、パブリシティ効果を計算に入れたもので、それまでの広告から一歩抜け出した統一感のある広告として注目されました。1957(昭和32)年、『サッポロビール』の復活とともに、広告も本場の味を強調したものとなりました。このコンセプトを形にしたのが1958(昭和33)年の「ミュンヘン サッポロ ミルウォーキー」の広告です。まだ自由な海外渡航が許可されていない時代で、世界のビールの本場を世界地図に図案化した広告とキャッチフレーズは斬新かつ説得力があり、大きな反響を呼びました。1970(昭和45)年には「世界のミフネ」が登場します。ポスターなどのデザインは極端に単純化されたもので、テレビの音声は音楽だけという徹底ぶりで「男は黙ってサッポロビール」という強烈なコピーを印象づけ、一世を風靡しました。2000(平成12)年1月、サッポロビールの新世紀を象徴する斬新な『サッポロ生ビール黒ラベル』のCMを展開。第1弾「温泉卓球篇」は大きな話題を集め、CMデータバンクによるCM到達度ランキングで全業種中No.1に輝きました。

【写真】

1958(昭和33)年、「本場の味」を強調して「サッポロ」の名を高めた広告「ミュンヘン サッポロ ミルウォーキー」

【写真】

1970(昭和45)年から三船敏郎を起用して「男は黙ってサッポロビール」の広告を展開し大ヒットとなりました。

【写真】

2000(平成12)年、山崎努と豊川悦司の男同士の熱い戦いを描いた黒ラベルのCMシリーズが大評判に。

サッポロビールは提案し続けます

130年前の開拓使麦酒醸造所から始まるサッポロビールの開拓者精神は、新商品開発にも受け継がれています。2001(平成13)年、成長著しい発泡酒市場に投入した『サッポロ北海道生搾り』は爽快仕上げによるみずみずしい味わいのこれまでにない発泡酒として多くのお客様に支持されています。また、2004(平成16)年には、エンドウたんぱくという全く新しい原料と独自の製法を駆使し、かつてないスッキリ味を実現して新しい酒文化を創造した『ドラフトワン』を全国展開しました。さらに2006年4月に焼酎事業に参入するなど、変化するお客様のニーズを的確に捉えた商品の提案・育成をしています。

商品情報

サッポロビールとヱビスビールのブランド紹介をご覧いただけます。