サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ
★SAPPORO マイページ
マイページ
メニュー
メニュー
clear

ワインのペアリングを覚えると、ワインと料理がさらにおいしくなる!

ワインをもっと楽しむコツの1つに料理との「ペアリング」があります。ペアリングを覚えることで、ワインも料理もこれまでよりおいしく感じられるようになるでしょう。ここでは、ワインのペアリングとはどのようなものなのか、実際に試して欲しいペアリングとともに紹介します。

ワインのペアリングを覚えると、ワインと料理がさらにおいしくなる!

ワインと料理の「ペアリング」

まずはペアリングとは何か、基本的な情報についてみていきましょう。

ペアリングとは何か?

ペアリングとは、一言でいうと「ワインと料理の組み合わせ」のことをいいます。このワインとこの料理を組み合わせることで、ワインと料理、それぞれ単体で味わうよりももっとおいしくなるというのがペアリングです。

レストランでは、コース料理でペアリングを楽しむことができるお店もあります。最近では、3つのものを合わせる「トリプリング」を提供しているお店も出てきました。

トリプリングでは、「ワイン+料理+果物」といったように、ワインと料理にさらに何かをプラスします。例えばローストポークに焼いた柑橘を合わせ、そこにワインをプラスすることで、ペアリング以上の楽しみが生まれるといったものです。

ペアリングでマリアージュを楽しもう

ワインと料理を楽しむ用語にはペアリングともう1つ、「マリアージュ」があります。マリアージュとはフランス語で結婚を意味し、ワインと料理がまるで結婚したかのように絶妙に調和している状態をいいます。

料理とワインをペアリングさせると、マリアージュも楽しめるということです。ワインと料理のおいしさを最大限に引き出す、素敵なペアリングを作り出してみましょう!

どんな組み合わせ方がある?

ペアリングにはいくつかの組み合わせ方法があります。組み合わせ方法の基本を知ることで、レストランのコース料理に限らず、自宅でもペアリングを楽しめるようになりますよ。ぜひ覚えてみてくださいね。

・似ているものを合わせる

脂っこく食べごたえのある料理にはコクのある濃い目のワイン、さっぱりとしたものには辛口のワインといったように、料理とワイン、似ているもの同士を合わせることもペアリングの1つです。

例えば、牛肉にはカベルネ・ソーヴィニヨン種の赤ワインを。白身魚にはソーヴィニヨン・ブラン種の白ワインをといったように合わせてみましょう。

・土地が同じものを合わせる

ワインと食材の生産地を合わせるのも1つの方法です。少しマニアックですが、とろーりとろけるラクレットにはジュラ地方の白ワイン、ポイヤックのラム肉にはポイヤック地方の赤ワインといったように合わせていきます。

・対照的であるものを合わせる

味わいが対象的なものを合わせることもできます。塩気の強いブルーチーズに極甘口のワインを合わせるといった楽しみ方もあります。意外だけれども好相性、というものを探してみましょう。

ワインと料理の組み合わせの具体例を味わい別にご紹介

ワインのペアリングを覚えると、ワインと料理がさらにおいしくなる!

ここからは、ペアリングを楽しむためにはどのような料理とワインを組み合わせていけば良いのか、具体的にご紹介します。

味の特長別の組み合わせ例 

料理の味の特長に合わせ、次のようにワインを選んでみましょう。

・塩味

料理のソースに適度な塩分があると、ワインの苦味や渋味が和らぎ、まろやかに感じられるようになります。例えばアンチョビとオリーブのような塩味の強い食材を使ったトマトパスタには、辛口の白ワインが良く合います。

ワインのペアリングを覚えると、ワインと料理がさらにおいしくなる!

・酸味

酸味の強い料理は、ワインの酸味や刺激を和らげてくれますので、「少し酸味が強いな」と感じる白ワインには、レモンやライムを使った料理を合わせましょう。

酸味が気になる赤ワインには、ただの牛ステーキではなく、レモンやマヨネーズを使ったディルソースをかけてお楽しみください。

ワインのペアリングを覚えると、ワインと料理がさらにおいしくなる!

・甘味

果物やハチミツ、といった甘いものはワインの苦味や渋味を際立たせます。「もう少しコクが欲しいな」という時に試してみましょう。

「肉+フルーツ」のメインに少し若めの赤ワインを合わせてみてください。例えば鴨肉や鶏もも肉に、リンゴやドライプルーンを入れてグリルしたものなら、コクと甘味と酸味が赤ワインに深みを与えてくれますよ。

ワインのペアリングを覚えると、ワインと料理がさらにおいしくなる!

・旨味

旨味も甘味と同じく、ワインの苦味や渋味を際立たせます。玉ねぎや緑黄色野菜、各種ソースなどが旨味の代表例です。牛肉と玉ねぎたっぷりのビーフストロガノフに白ワインを合わせると、フレッシュ感がおちついて深みのあるワインへと味が変化するのを感じることができるでしょう。

ワインのペアリングを覚えると、ワインと料理がさらにおいしくなる!

・苦味

ゴーヤやピーマン、セロリといった苦味の強い食材を使った料理は、ワインの苦味を増幅させます。パセリをたっぷりと使ったラム肉のステーキ<香草ソース添え>に、果実味たっぷりのスパイシーな赤ワインを合わせると、味わいにさらに深みを与えてくれますよ。ワインのペアリングを覚えると、ワインと料理がさらにおいしくなる!


 

まとめ

毎日のワインタイムに、ご紹介した3つの方法を意識してペアリングを取り入れてみましょう。いつもの料理にほんの少しだけ手を加えたり、合わせるチーズを変えたりするだけでもOK!

いつもと同じようで少し違う。ペアリングを意識して、様々なワインと料理をお楽しみください。

目次へ

RELATED POSTS関連記事
ワインの食べ合わせを知っておいしく飲もう

2018.2.1

ワインと素敵な食べ合わせはマリアージュという結婚という意味の素敵な言葉で表されます。実は赤ワインと白ワインであう食べ物は違うのをご存知ですか?

ワインの一番美味しい飲み方は?

2018.2.1

せっかくワインを飲むなら正しい飲み方、一番おいしい飲み方を知っておきましょう。ワインにはマナーがあります。レストランでワインを飲む際にはテイスティングを求められることがあるので知っておいた方が良いでしょう。

意外と簡単?ワインをオーダーする方法

2018.2.1

本格的なイタリアンやフランス料理を頼んだらワインをオーダーするのはつきものですよね。かっこよくスマートに頼みたいなと思ってもメニューを見ても難しい言葉ばかり書いていてわからないということはありませんか?高いのを頼めばいいの?