THE CITY OF YEBISU

ヱビスの街 恵比寿

歴史を紐解いていくと、
「東京都渋谷区恵比寿」という地名が誕生したのは、
1890(明治23)年に「恵比寿ビール」が誕生した後のこと。
ヱビスビールの名から駅が名付けられ、
そして街の名として人々の暮らしに根付いています。

街の名になったビール、ヱビス

YEBISU BECAME THE CITY NAME

ヱビスビールから
恵比寿の街の名が付けられる
サッポロビール本社やヱビスビール記念館がある恵比寿ガーデンプレイス(東京都渋谷区恵比寿)。そこには、かつてヱビスビールを造る工場がありました。1887(明治20)年、日本麦酒醸造会社(現サッポロビール)が設立され、1890(明治23)年に「恵比寿ビール」が誕生。1901(明治34)年には恵比寿停車場という名の積み卸し専用の駅ができ、そこから「恵比寿ビール」を各地へと出荷。恵比寿という地名ができたのは、その後の話。そう、恵比寿という街の名は、ヱビスビールが発祥なのです。
懐かしのビヤ列車
ヱビスビール生誕の地で、いまや多くの人で賑わう恵比寿ガーデンプレイス(東京都渋谷区恵比寿)。
1988(昭和63)年までは、ヱビスビールを造る恵比寿工場があったのですが、千葉へと製造拠点を移し、再開発が始まりました。その数年前の1985(昭和60)年からごくわずかの期間、恵比寿工場の敷地内に「ビヤステーション恵比寿」があったのをご存知ですか。山手線の電車に乗っていると窓から青いビヤ列車が見え、多くの人が中でヱビスを味わっていました。
駅の発車メロディは
ヱビスのテーマ曲
「恵比寿ビール」の名から恵比寿という駅が生まれたのが、1901(明治34)年のこと。当時は、ビールの積み卸し専用駅で、恵比寿停車場という名でした。1906(明治39)年には、旅客の取り扱いを開始。それが恵比寿駅の始まりです。2005(平成17)年より電車の発車メロディーにヱビスのCM曲「第三の男」が使われ始め、今となっては恵比寿の街のテーマ曲のようですよね。ちなみに内回り・外回りで曲のアレンジが違うこと、知っていましたか?

ヱビストリビア

YEBISU TRIVIA

知れば知るほどヱビス好き、
知れば知るほどヱビス通。
深く、濃いヱビストリビアをお愉しみください。
お目にかかれたら幸運ラッキーヱビス
ご存知の通りヱビスビールは、商売繁盛、五穀豊穣の神様・恵比寿が目印のビールです。それだけでも縁起が良いのに、毎日出荷される瓶商品の数百本に1本、ラッキーヱビスが存在。通常ヱビス様は右手に釣り竿、左手に鯛を持っているのですが、ラッキーヱビスの場合、魚籠の中に鯛が入っています。実際、見つけた人には幸運が訪れているとか、いないとか。ぜひ、探してみてください。
恵比寿様は商売繁盛の神様
ヱビスのキャラクターの元となっているのが、ご存知、七福神の恵比寿様。大黒天や毘沙門天などお仲間は6人いますが、純粋に日本の神様と言われるのは恵比寿様だけ。さらに、恵比寿様をお祀りした神社は全国にたくさんあります。ちなみにヱビス発祥の地、恵比寿にもJR恵比寿駅の西側と東側にそれぞれ1つずつ、恵比寿神社があります。
文学のモチーフになったヱビス
初めて「恵比寿ビール」が世の中に登場したのが、1890(明治23)年。さまざまな西洋文化が華開き、ビールは大変ハイカラなものとして人びとの目にうつったようです。明治の小説家・随筆家、内田百閒は「御馳走帖」の一説で「夕食の膳では酒を飲む。(中略)麦酒は恵比寿麦酒」と書き、夏目漱石は「二百十日」の中で「ビールは御座りませんばってん、恵比寿なら御座ります」と書いています。ちなみに百閒は実生活でもヱビスをこよなく愛したそうですが、漱石は下戸だったそうです。
「恵比寿ビール」を自ら宣言したビール王
「恵比寿ビール」が急激に売れ始めたのは、1892(明治25)年、馬越恭平が日本麦酒醸造会社(現サッポロビール)の社長になってから。馬越には初荷の伝説が残っていて、自らハッピを着て、先頭に立ち、牛に「恵比寿ビール」を引かせて運搬したそうです。「少しでも多くの人にこのおいしさを知ってもらいたい」。そんな情熱が馬越の心を後押しし、のちにビール王と呼ばれるようになったのではないでしょうか。
日本初のビヤホール
1899(明治32)年、「恵比寿ビール」誕生の立役者、日本麦酒(現サッポロビール)の社長・馬越恭平のアイデアで、東京・新橋(現銀座8丁目)に日本初のビヤホールが完成しました。その名も「恵比寿ビヤホール」。工場直送の生ビールがガラス製のジョッキ半リットルで10銭。開店1週間からは1日に1,000リットル売れる日もあり、押すな押すなの大繁盛だったそうです。
明治時代に世界で賞賛されていた
ドイツから機械を取り寄せ、ドイツ人技師にビールの造り方を教わり、誕生以来、本場の味を追求してきたヱビス。そして、国内はもとより世界に認められたのが、なんと今から100年以上前のこと。1900(明治33)年、パリ万博に出品し、30か国以上の中から選ばれ、「恵比寿ビール」が金賞を獲得。1904(明治37)年のセントルイス万博でもグランプリを受賞しました。
復活を遂げたヱビス
ヱビスがこの世から姿を消した時期があります。それは1943(昭和18)年のこと。戦争の影響で、ビールそのものが配給品となり、ビール全商標がなくなったのです。ブランド名が消され、ただ麦酒とだけ書かれたラベルに変更。家庭ではほとんど飲まれることがなくなりましたが、復活の要望が絶えず、1971(昭和46)年になって、麦芽100%のビールとしてよみがえりました。
幻のヱビス
ヱビスブランドの定番商品とは別に、ごくわずかの人しか味わえなかった特別なヱビスが存在します。それは「匠ヱビス」や「一年熟成」などです。「匠ヱビス」は2010年にヱビス生誕120年を記念して造られたビールで、アルコール7%のまろやかで深みのあるヱビス。お客さまに抽選でプレゼントしました。「一年熟成」は一年間の熟成期間を経て造られたヱビスで、2012年にウェブサイトで販売。どちらもまた飲みたいと思っても、二度と飲めないヱビスです。