SPECIAL MOVIE

お楽しみのつくり方Vol.4

今回動画に登場する商品は美しい琥珀色に香ばしい薫りとコクが特徴の琥珀ヱビス プレミアムアンバー。
MORE

MOVIE

ヱビスビールと過ごす、“ちょっと豊かな時間の過ごし方”をご紹介。
第四回目は、アウトドアプランナーであり「焚き火マイスター」の名で知られる猪野正哉さんにフォーカス。
「メンズノンノ」専属モデルで名を馳せた猪野さんですが、30歳を越えて活躍のフィールドをアウトドア業界へと移しました。
現在はアウトドアスペース「たき火ヴィレッジいの」を拠点とし、焚き火を中心に幅広いアウトドアアクティビティを通じて、
自然や人の魅力と共存する怖さとの両面を伝える活動に勤しんでいます。
華やかな世界から静かな世界へ転身した猪野さん、その静かな佇まい、そしてその語りに注目してください。

SCENE DESCRIPTION

動画では伝え切れない様子を
場面ごとにご紹介します。

焚き火は、アウトドアではなく日常

今回の取材は、猪野さんが運営する「たき火ヴィレッジいの」。都心からもそう遠くないのに、自然に囲まれた場所。千葉に行くたびに思うのは、東京とはまた違う広大な平地の中に広がる自然がまだ多く存在していると言う事実。

千葉館千葉市にある「たき火ヴィレッジいの」は、猪野さんの造園業を営むご実家がもつ森の中の一角にあります。そんな森の中で今回のインタビューが始まったのですが、猪野さんからただようその自然体な空気に関係者一同すっと引き込まれている感じでした。

そのようなゆったりとした空気の流れるインタビューの中での、一つ目の印象的な言葉「焚き火はアウトドアではなく日常」。言われてみれば、僕たちの子供の頃焚き火は日常の一コマだったことを「はっ」と気付かされました。

仲間と火をかこむ

華やかなファッションの業界から、その後の独立でぶつかった大きな壁。そこからの再起まで。映像には残っていませんが、さまざまなお話をお伺いしました。

今回一緒に撮影に入ってくださった友人の方から誘われた山登り、そしてそこからの焚き火までの道行。こんなにもジェットコースターのような人生を、猪野さんは焚き火を前に静かに語ってくれました。仲間と焚き火を囲む中での屈託のない笑顔。

そういえば、最近自分はこう言う時間の過ごし方をしていないなと気付かされました。

焚き火とお酒

「焚き火とお酒があったら、最高じゃないですか?」そういえば、そうだなーと思うのはゆっくりぼーっつとする時間がなくなっている自分への問いかけの気がするし、日々忙しく過ごすスタッフのみなさんの心にも響く言葉であったと思います。

大事なことは、自分や友人とゆっくりとした気持ちで過ごし、語らうこと。そこにヱビスがあれば、なおよしという感じで。

忙しく過ごさざるを得ない現在だからこそ、ちゃんと意識して琥珀ヱビスを片手にゆっくり過ごす時間を作りたいですね!

PROFILE & INTERVIEW

猪野正哉(いの まさや)

1975年千葉県出⾝。アウトドアプランナー/焚き⽕マイスター。『メンズノンノ』専属モデルからモデルやライターとしてファッション誌からアウトドア業界までと幅広く活躍。2015年から地元千葉で、アウトドアスペース「たき⽕ヴィレッジいの」(撮影やイベントのみ開放)をスタートし、焚き⽕を中⼼に、アウトドアアクティビティを伝える。著作に『焚き火と道具』(山と渓谷社)など。

「焚き⽕は、⽕をつけるまでの過程を楽しむ⼈と結果を楽しむ⼈がいると思いますが、 僕は焚き⽕を⼈と囲むことが第⼀だと思っています。」

アウトドアプランナー/焚き火マイスターとして活躍する猪野さんは、自然体という言葉がよく似合う焚き火のような存在です。そんな彼も生きることが窮屈になったときがありました。そのときに救ったのは、豊かな自然と焚き火を通した対話でした。力強い自然の姿や炎に包まれてると、ネットではなく直接対話することの大切さを気づかせてくれます。自身の経験を活かしたマイスターは、押しつけがましくなく自然と、人本来の素に戻る幸せを伝えてくれるのです。

MORE MOVIE

KOHAKU YEBISU
PREMIUM AMBER

美しい琥珀色に香ばしい薫りとコクが特徴の
琥珀ヱビスプレミアムアンバー。

昨年大変好評をいただいた味わいはそのままに麦由来のエキス分をアップさせました。クリスタル麦芽※によってもたらされる目にも美しい琥珀色、香ばしい薫り、そして深いコクをお楽しみください。
※一部使用