オーストラリアワイン、[イエローテイル]の魅力とは?特長をご紹介!

リーズナブルで飲みやすいと人気のオーストラリアのワインブランド[イエローテイル]。ワラビーのアイコンと、カラフルなラベルが特長の[イエローテイル]は、スーパーなどのお酒コーナーでよく見かけることができます。何度か目にしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

ここでは[イエローテイル]について詳しく知りたいという方のために、基本情報・ヒストリーなどをご紹介!また[イエローテイル]の赤ワイン・白ワイン・スパークリングワインの種類とそれぞれの特長についてもお伝えします。

オーストラリアワイン、[イエローテイル]の魅力とは?特長をご紹介!

[イエローテイル]の基本情報

世界中で知られているオーストラリアNo.1ブランドです。

・販売状況

[イエローテイル]は、日本で販売されているオーストラリアワインの中で、売上No.1を誇るブランドです。(※インテージSRI/2018年/輸入スティルワイン/販売数量)

北米では年間販売数量1000万函を越える実績を誇り、2017年度の実績では、販売数量世界5位を獲得しています。(※The Drink Business Top 10 global wine brands 2017)。

現在では、世界50か国以上の国々に輸出されており、世界中の人々に愛飲されているメジャーブランドなんです。

そんな世界的メジャーブランド[イエローテイル]。どうしてそんなに支持されているのでしょうか。そのワケは3つにまとめることが出来ます。

①選びやすさ

オーストラリアワイン、[イエローテイル]の魅力とは?特長をご紹介!

商品名の[イエローテイル]とは、カンガルーの一種である「ワラビー」のオーストラリアでの愛称です。ラベルには、アボリジニーの伝統を意識してデザインされたワラビーが描かれています。記憶に残る斬新なラベルですね。
また、ブドウ品種ごとにラベルの色を変えており、カベルネ・ソーヴィニヨンは赤、シャルドネは黄色、といったように、色でブドウ品種が一目で分かるため、選びやすいことが特長です。
こうした、カラフルでポップなラベルで、ワインについて難しいことが分からなくても覚えやすい、人に勧めやすい、といった選びやすさが特長です。

価格帯も財布に優しく、コスパも良いので[イエローテイル]は手に取りやすい価格帯なのもうれしいですね。

②飲みやすさ

[イエローテイル]は酸味と渋みは控えめで、フルーティな味わいです。果実のうまみをストレートに表現しているので、ワインの渋みが苦手な方は比較的飲みやすい商品となっています。

③自由で楽しくワインを飲める

このラベルには、「ワインを難しく考えず楽しんで自由に飲もう」という[イエローテイル]の哲学が詰まっています。ぜひ肩肘張らず、自由に楽しみながら[イエローテイル]を味わってみてくださいね。

[イエローテイル]の味わいは?

[イエローテイル]の味わいのコンセプトは、

・シンプルテイスト
・果実の自然な味わい

この2つです。

香りや味わいを複雑にして、ワインを生産することを好むフランスやイタリアのワイナリー。それに対し、[イエローテイル]はブドウ本来の味をシンプルかつストレートに味わえるワインを造っています。

[イエローテイル]の歴史

[イエローテイル]の歴史

・ワイナリーの歴史

1957年に、現社長のジョン・カセラ氏の両親がイタリアから移住し、シドニーより西に400㎞離れたグリフィスという小さな街でブドウ栽培を開始したのがきっかけです。

この地域は雨が少なく、年中天候に恵まれていたため、ブドウ栽培に適した土地でした。
カセラ一家は1969年事業を拡大し、「カセラ・ファミリー・ブランズ」を立ち上げました。

転機が訪れたのは、2001年。カセラ家の次男であるジョン氏が、ファミリービジネスに参画しました。

自分たちの作る安定した品質のワインは、きっと世界中で受け入れられるはずだ、という信念を抱き、アメリカ市場への輸出を決意します。

そして2001年、[イエローテイル]ブランドがアメリカ市場で初めて発売されました。

当初の売上予想は2.5万ケースでしたが、その年の売上はなんと100万ケースを越える結果となりました。[イエローテイル]の成功は、『ブルー・オーシャン戦略』というビジネス書にも取り上げら、アメリカのワイン市場において、最も短期間で売上を伸ばした「伝説を作ったワインブランド」として、現在まで語り継がれております。

・[イエローテイル]のラインナップ紹介

[イエローテイル]の魅力の一つは、豊富な商品ラインアップです!国際的に有名なブドウ品種から、様々な味わいのワインを生み出しています。どのアイテムも、ぶどう品種の特長をストレートに表現しているので、ブドウ品種の違いを知るのに最適です。飲み比べして、違いを楽しむのもいいですね。

[イエローテイル]の赤ワインをご紹介

[イエローテイル]のラインナップ紹介

[イエローテイル]のスパークリングワインをご紹介

・[イエローテイル]カベルネ・ソーヴィニヨン
(参考小売価格:税抜き 1,007円)

http://www.sapporobeer.jp/wine/yellowtail/lineup/cs/

マイルドな果実のうまみと、大人の渋み、カシスの香りが特長のミディアムボディの赤ワインです。パンチの効いた味わいですので、ペッパーステーキやジンギスカンなどの肉料理にぴったり合う1本になっています!


[イエローテイル]のスパークリングワインをご紹介

・[イエローテイル]シラーズ(参考小売価格:税抜き 1,007円)
http://www.sapporobeer.jp/wine/yellowtail/lineup/s/

[イエローテイル]の中でもオーストラリアワインの代表格とされているのがシラーズです。インパクト抜群のバニラとベリーのフルーティな香り。その中にスパイシーな味わいを感じられるミディアムボディの赤ワイン。香辛料が効いたエスニック料理と一緒にいただくと最高です!


[イエローテイル]のスパークリングワインをご紹介

・[イエローテイル]メルロー(参考小売価格:税抜き 1,007円)
http://www.sapporobeer.jp/wine/yellowtail/lineup/ml/

口に含んだ時に果実の甘みがふわっと広がる、柔らかくてマイルドな味わいが特長のミディアムボディの赤ワイン。

ストロベリーやチョコレートといったスイーツの香りが感じられ、渋みのある赤ワインが苦手という方でも飲みやすい口あたりになっています。照り焼きチキン、すき焼き、とんかつなど和食にも合う1本です。


[イエローテイル]のスパークリングワインをご紹介

・[イエローテイル]ピノ・ノワール(参考小売価格:税抜き 1,007円)
http://www.sapporobeer.jp/wine/yellowtail/lineup/pn/

フランス・ブルゴーニュで高級ワイン用として知られるブドウ品種のピノ・ノワール種を使用しているミディアムボディの赤ワイン。

上品な大人な雰囲気の味わいで、ラズベリーやチェリーのような酸味があります。[イエローテイル]の赤ワインの中でも日本食と合わせやすいワインです。

[イエローテイル]の赤ワインの価格はいずれも750mlが1,007円(税抜)、カベルネ・ソーヴィニヨン、シラーズのミニボトル187mlが320円(税抜)となっています。

[イエローテイル]の白ワインをご紹介

[イエローテイル]の白ワインをご紹介

[イエローテイル]のスパークリングワインをご紹介

・[イエローテイル]シャルドネ(参考小売価格:税抜き 1,007円)
http://www.sapporobeer.jp/wine/yellowtail/lineup/sd/

バニラとココナッツの香りが特長の[イエローテイル]の白ワイン。世界的にも人気の高い個性派白ワインです。味わいは、 シトラスやトロピカルフルーツのような爽やかでフルーティな味わいを持ちつつ、やや辛口。辛口すぎず甘口すぎないので、和洋中のどんな魚料理、肉料理にも合う白ワインとなっています。


[イエローテイル]のスパークリングワインをご紹介

・[イエローテイル]ソーヴィニヨン・ブラン(参考小売価格:税抜き 1,007円)
http://www.sapporobeer.jp/wine/yellowtail/lineup/sb/

パッションフルーツやグレープフルーツの爽やかな酸味が特長のやや辛口の白ワイン。8~10℃にしっかりと冷やしてから飲むことで、スッキリとした味わいを楽しむことができます。天婦羅や白身魚のソテー、新鮮なサラダと一緒にいただきましょう!


[イエローテイル]のスパークリングワインをご紹介

・[イエローテイル]リースリング(参考小売価格:税抜き 1,007円)
http://www.sapporobeer.jp/wine/yellowtail/lineup/sb/

柑橘類の果実の爽やかな風味と清涼感ある香りが特長の辛口白ワイン。後に残らないスッキリとしたテイストがクセになります。和食にもピッタリですし、鶏肉を使った料理と組み合わせるのもおすすめです。

シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、リースリングの価格はいずれも750mlが1,007円(税抜)です。シャルドネのみミニボトル187mlが販売されていて価格は320円(税抜)となっています。


[イエローテイル]のスパークリングワインをご紹介

・[イエローテイル]モスカート(参考小売価格:税抜き 880円)
http://www.sapporobeer.jp/wine/yellowtail/lineup/ms/

微発泡でフルーティなマスカット味が特長のやや甘口の白ワインです。食前酒として飲むこともできますが、アルコール度数が7.5%と低いので、フルーツやフルーツタルトなどのスイーツ、ヘーゼルナッツなどと一緒に合わせるのもおすすめです。


[イエローテイル]のスパークリングワインをご紹介

・[イエローテイル]ピンクモスカート(参考小売価格:税抜き 880円)
http://www.sapporobeer.jp/wine/yellowtail/lineup/pm/

ベリーの香りとキレイな薄いルビー色が特長の微発砲のロゼワイン。ブドウの品種はモスカート種とシラーズ種が使用されていて、イチゴやシャーベットのようなフルーティな香りを感じることができます。

食前酒として飲むのもいいですし、スイーツやチーズと合わせても美味しくいただけます。

モスカートとピンクモスカートは、ワイン初心者におすすめです。その理由は、アルコール度数が7.5%と一般のワイン(10.5~14.5%)と比較して低いことが挙げられます。

やや甘口で飲みやすいので、アルコールに慣れていない人でもジュース感覚で楽しむことができますよ。

ワインカクテルにすれば、ワインが苦手な人でも美味しくいただけます。

※ワインカクテルの作り方は、こちらからどうぞ。
http://www.sapporobeer.jp/wine/wine_opener/article/wine_cocktail/

モスカート、ピンクモスカートの価格はいずれも750mlが880円(税抜)です。

[イエローテイル]のスパークリングワインをご紹介

[イエローテイル]のスパークリングワインをご紹介

[イエローテイル]のスパークリングワインをご紹介

・[イエローテイル]モスカート・バブルス(参考小売価格:税抜き 1,100円)
http://www.sapporobeer.jp/wine/yellowtail/lineup/mb/

搾りたてのブドウのようなフレッシュでフルーティな味わいが特長の白のスパークリングワイン。やや甘口なので、5~7℃にしっかりと冷やして飲むのがおすすめ。[イエローテイル]のスパークリングワインは、再栓可能な特性のキャップなので、数日間は品質をキープ!飲み残しても安心です。


[イエローテイル]のスパークリングワインをご紹介

・[イエローテイル]レッド・モスカート・バブルス(参考小売価格:税抜き 1,100円)
http://www.sapporobeer.jp/wine/yellowtail/lineup/rmb/

ストロベリーやスウィートチェリーの甘い香りが特長の赤のスパークリングワイン。色鮮やかなレッドカラーですので、ちょっとしたパーティの時にもピッタリです。

やや甘口なので、よく冷やしていただきましょう。食前酒としてもいいですし、デザートと一緒にいただくのも素敵です。

[イエローテイル]のスパークリング、モスカート・バブルスとレッド・モスカート・バブルスの価格は、いずれも750mlが1,100円(税抜)です。


[イエローテイル]のスパークリングワインをご紹介

・[イエローテイル]バブルス・ドライ(参考小売価格:税抜き 1,100円)
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/PX00/index.html

2018年9月に新たに仲間入りしたスパークリングワインです。シャルマ方式で造られた辛口タイプの本格的なスパークリングワインで、青りんごや柑橘系果実のフレッシュなアロマとフルーティーで爽やかな味わいが特長です。

少しミントのような爽快感も有り、フルーティーだけど甘すぎず、すっきりした後味なので、どんなお料理にも合います。

[イエローテイル]のスパークリングワインをご紹介

・簡単に開けることができる新型キャップを採用

[イエローテイル]のスパークリングワインは、ゾルクキャップという新型キャップを採用しています。

通常、スパークリングワインの栓はコルク栓です。そのため、「コルク栓が上手く抜けない」「コルク栓を抜く瞬間が怖い」という人もいるのではないでしょうか。

ゾルクキャップは、キャップの下の部分のティアバンドをめくって外し、キャップをひねって抜くだけなので誰にでも簡単に開けることができます。しかも、安全になので、女性でも安心して使用できますよ。

コルク栓の場合は、一度栓を抜いてしまうと、再栓することができません。そのため、コルク栓を抜いたら、その日のうちに飲み切ってしまわないといけません。パーティなど大勢で楽しむ分にはいいですが、「ちょっとだけ飲みたい」というウチ飲み派の人にとっては困るものです。

しかし、[イエローテイル]のスパークリングワインで使用されているゾルクキャップは、再栓可能なキャップです。飲み残しがあった場合でも、再度キャップをして、冷蔵庫で保存することができます。

一度に無理して飲みきる必要はありませんし、何度も開け閉めできるので、1人でスパークリングワインを楽しむ人にもおすすめです。

まとめ

2001年にアメリカに進出して以来、世界中で愛されるワインブランドとなった[イエローテイル]。保証された品質のワインがリーズナブルな価格でいただけるのは、何よりの魅力といえるでしょう!

赤ワイン・白ワイン・スパークリングワインと、それぞれに複数の種類のワインがあるので、いろんなシーンに活用できるのも[イエローテイル]の魅力。世界に認められた品質のワインを、ぜひ味わってくださいね!

◆リンク
サッポロビールが提供する、[イエローテイル]
http://www.sapporobeer.jp/wine/yellowtail/index.html

目次へ

RELATED POSTS関連記事
高級シャンパーニュ「テタンジェ」の魅力とは?

2018.2.1

華やかな香りとすっきりとした味わいの飲み口が特長のテタンジェは、高級レストランなどでしかお目にかかれないシャンパン。そんなテタンジェは特別な日に、大人のパーティに、華を添えてくれること間違いありません。

注目のオーストラリアワイン「ペンフォールズ」の独自性と魅力

2018.2.1

ワイナリーオブザイヤーを何度も受賞した世界でも名高いオーストラリアのワイナリー、ペンフォールズを知っていますか?関税が緩和され、日本でどんどん手に入りやすくなるオーストラリアワイン。

新世界ワインとは?ワイン初心者向けに新世界ワインを徹底解説

2018.2.1

ワイン好きのなら「新世界ワイン」や「ニューワールド」などといった表記を、1度は目にしたことがあるのではないでしょうか。