ワインを結婚祝いに贈ろう!さらに素敵なプレゼントにする方法は?

結婚祝いの贈り物、何が良いか迷ってしまった時にはワインを選んでみませんか。お祝いの席にぴったりなワインなら、ムードもさらに高まりそうですよね。ここでは、結婚祝いに贈る際のワインの相場やおすすめのワインを紹介します。

ワインを結婚祝いに贈ろう!さらに素敵なプレゼントにする方法は?

結婚祝いは何を贈る?ワインがおすすめな理由とは

結婚祝いの贈り物、どれを選べば喜んでくれるのか分からない…。そんな時にはワインがおすすめです。でもワインを選ぶのであれば、結婚祝いのマナーに違反しない心遣いも必要になります。まずは、結婚祝いを贈る際に大切なマナーについてみていきましょう。

結婚祝いを贈る際に注意したいマナー

ワインだけに限らず、結婚祝いとして何か贈る時には、贈り物としてふさわしいかどうかをしっかり考える必要があります。どのような点に気をつけなければいけないのか、詳しくみていきましょう。

・贈るものの選び方

結婚祝いの贈り物としてふさわしくないのは、割れるもの、切れるもの、壊れるものの3種類。ですので、繊細なガラス製品や刃物、華奢な置物は避けましょう。結婚祝いの贈り物としては縁起の悪いものとされています。

・贈るタイミング

結婚祝いは、一般的に結婚式の前に贈ります。タイミングとしては、結婚式の招待状が届いたあとに、挙式の1週間前までを目安に贈りましょう。基本的には新郎・新婦の実家へ届けます。ただし、新郎・新婦から「一人暮らしをしている自宅に届けてほしい」とお願いされた時には、そちらに届けましょう。

・相場

結婚祝いの相場は、自分と新郎・新婦の関係や自分の年齢によって変わってきます。自分の年齢が20代なら2万円、30代なら3万円ほどが相場となります。これは友人や職場の同僚の場合で、もっと親しい関係であればお祝いの金額も上がります。

お祝いの品を送る時には、ご祝儀とお祝い品にかかった金額を足して相場となるように調整して構いません。両方贈らない場合には、相場相当の額のお祝い品を贈りましょう。


贈る相手との関係

自分の年齢が20代の場合

自分の年齢が30代以上の場合

友人

2~10万円

3~10万円

同僚

2~10万円

3~10万円

上司

2~10万円

3~10万円

きょうだい

3~10万円

5~30万円

日本では、贈る金額は偶数よりも奇数が良いとされていますので、2万円分贈りたい時には現金1万円と1万円分のお祝いの品、6万円分贈りたい時には5万円と1万分のお祝いの品というように工夫しましょう。

ワイン好きにはワインを!喜ばれる理由

このようなマナーさえ守れば、お祝いの品はワインにしてもOK!ワイン好きに喜ばれるのはもちろん、贈る相手のイメージに合わせて、ワインデザインやボトルデザインなどで選ぶ方法も人気となっています。

結婚式が終わったあと、友人や親族を呼んでのパーティーで振る舞ってもらうこともできますから、飲んでよし、飾ってよしの贈り物といえるでしょう。

また、ワインの価格はその商品や年号によって幅が広いですから、自分の予算にぴったりなものを見つけられるのも嬉しいポイントですよね。お祝いの相場より高すぎても相手が困ってしまいますから、ご祝儀と合わせて相場の金額となるよう調節しましょう。

どれを選んでも他の人とかぶることがないのもワインならでは。どの国や品種のワインが喜ばれそうか、想像しながら選んでみましょう。

結婚祝いにワインを贈る際のおすすめポイント

ワインを結婚祝いに贈ろう!さらに素敵なプレゼントにする方法は?

結婚祝いにワインを贈る時、ちょっとの心遣いでさらに素敵なプレゼントにすることができます。ここからは、ワインを贈る際に押さえておきたいポイントについてみていきましょう。

紅白で縁起が良い

日本で古くから縁起が良いとされている「紅白」。ワインは赤ワインと白ワインを合わせると、まさに紅白になりますよね。そのため、赤ワインと白ワインのセットはとても縁起が良いとされています。

セットで贈るのが難しい場合には、赤ワインと白ワイン、どちらか1本でももちろん大丈夫です。

ワインを結婚祝いに贈ろう!さらに素敵なプレゼントにする方法は?ワインを結婚祝いに贈ろう!さらに素敵なプレゼントにする方法は?

紅白セットで贈るのなら、ベリンジャーの「プライベート・リザーブ・カベルネ・ソーヴィニヨン(参考小売価格:18,000円)」「プライベート・リザーブ・シャルドネ(参考小売価格:6,500円)」の2本がおすすめ。この2本は、ワインスペクテーター誌で赤ワイン・白ワインともにその年の世界一のワインを意味する「ワイン・オブ・ザ・イヤー」を受賞した素晴らしいワインです。

 

ワインを結婚祝いに贈ろう!さらに素敵なプレゼントにする方法は?ワインを結婚祝いに贈ろう!さらに素敵なプレゼントにする方法は?

日本ワイン「グランポレール」の安曇野池田ヴィンヤード シラー(参考小売価格:5,000円)安曇野池田ヴィンヤード シャルドネ(参考小売価格:4,000円)も紅白セットにしてはいかがでしょうか。日本ならではのラベル、味わいを楽しむことができます。

 

シャンパンやスパークリングワイン

お祝いごとやパーティーには欠かせないシャンパンやスパークリングワインもおすすめです。ボトル自体が華やかで美しいですし、食前酒としてパーティーの乾杯用のワインにもなります。

特におすすめなのが、「テタンジェ」シリーズです。ノーベル賞晩餐会でも提供されたことがある珠玉のシャンパンですので、お祝いの席にぴったり!「結婚式の2次会の乾杯用に使ってください!」と贈っても喜ばれそうですね。華やかな専用ギフトボックスもあり、結婚祝いとして最適な1本になるでしょう。

ワインを結婚祝いに贈ろう!さらに素敵なプレゼントにする方法は?

その他には、結婚10年記念などの節目に楽しめる長期熟成可能なワインや、特別さを演出する貴腐ワイン、大切な人へのお祝いならとびきり高級なワイン、といったように選ぶこともできます。

長期熟成なら、「ペンフォールズ」がおすすめ。Bin(ビン)シリーズなら1万円ほどと贈りやすい価格になっています。

ワインを結婚祝いに贈ろう!さらに素敵なプレゼントにする方法は?

 

ワインを結婚祝いに贈ろう!さらに素敵なプレゼントにする方法は?

また、イタリアの名門テヌータ・カレッタの「カンヌービ リゼルヴァ バローロ フランコ ミローリオ コレクション(参考小売価格:25,000円) も長期熟成可能です。ギフトボックス入りの限定品で全てのボトルにボトルナンバーが付されています。


高級なものを贈りたい時には同じくペンフォールズのグランジ(参考小売価格:100,000円)や、国産貴腐ワインのグランポレール山梨シラー貴腐(参考小売価格:150,000円)のような10万円以上のものが良いでしょう。

ワインを結婚祝いに贈ろう!さらに素敵なプレゼントにする方法は? ワインを結婚祝いに贈ろう!さらに素敵なプレゼントにする方法は?


結婚祝いにワインと一緒に贈りたい!おすすめワイングッズ

結婚祝いに、ワインと合わせてワイングッズも一緒に贈ってみましょう。ここからは、ワインとセットで贈りたい、おすすめのグッズを紹介します。

ワイングラス

ワインを結婚祝いに贈ろう!さらに素敵なプレゼントにする方法は?

ペアのワイングラスとワインのセットは人気の組み合わせ。グラスと紅白ワインセットを化粧箱に入れるとボリュームも出ますし、グラスはブランドものにすることで長く使ってもらうことができます。あまり繊細なデザインにしないように注意してくださいね。

WINE MARKET PARTYで商品を確認 ※外部サイトにリンクします。
http://www.partywine.com/shopbrand/W1517010/

ワインクーラー

ワインを結婚祝いに贈ろう!さらに素敵なプレゼントにする方法は?

ワイン好きの方へは、自宅で使えるワインクーラーもおすすめです。ワインを良い状態で保たせるワインクーラーはバケツ型のものが主流ですが、ワインボトルに被せるタイプもあるんですよ。スペシャル感のあるワインクーラーなら喜ばれること間違いなし!

WINE MARKET PARTYで商品を確認 ※外部サイトにリンクします。
http://www.partywine.com/shopbrand/W1517014/

ボトルストッパー

ワインを結婚祝いに贈ろう!さらに素敵なプレゼントにする方法は?

ワイン好きなら必須のボトルストッパー。様々なデザインのものがありますので、ハート型、ピンク色といったキュートなものを選んでみてはいかがでしょうか。

WINE MARKET PARTYで商品を確認 ※外部サイトにリンクします。
http://www.partywine.com/shopbrand/W1517015/

デキャンタ

ワインを結婚祝いに贈ろう!さらに素敵なプレゼントにする方法は?

ちょっと大人な2人には、デキャンタをプレゼントしてみましょう。こちらもガラスが薄すぎる華奢なものは割れてしまうので要注意。ワインボトル1本がラクラク入るサイズがおすすめです。

WINE MARKET PARTYで商品を確認 ※外部サイトにリンクします。
http://www.partywine.com/shopbrand/W1517011/

ワインと一緒に何かを贈りたい時には、このようにちょっと特別感のあるアイテムを選ぶのがポイントです。「ワイン+グッズ」で、個性的かつ印象に残る贈り物を選んでみてくださいね♪

まとめ

紅白で縁起が良く、パーティーにも使える便利なワイン。長期熟成できるものなら、大事に保管してもらって何年もあとに楽しんでもらうこともできます。

高級な貴腐ワインやブランドワインは、その分の価値があります。本当に大切な方へ贈ることで、最大限の感謝とお祝いの気持ちをワインと一緒に渡すことができるでしょう。

また、ワインと一緒にちょっと変わったグッズを贈るのもおすすめです。「あの人なら、何が喜ぶだろう」と考えながら、お祝いの気持ちを込めてプレゼントを選びたいですね。

◆リンク

ご紹介ブランドの購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

目次へ

RELATED POSTS関連記事
手土産にワインを贈る時のポイントは?

2018.7.2

いつものパターンにマンネリを感じたら、ワインの出番です!

ワイン初心者が知っておきたいワインの基礎知識

2018.3.31

「ワイン=難しい」と感じているワイン初心者さんに向けて、ぜひ知っていただきたいワインの基礎知識をご紹介します。

ワインをプレゼント!贈るタイミングと選び方

2018.3.12

おしゃれなプレゼントを贈りたいという時におすすめなのがワイン。とはいえ、プレゼントとして選ぶワインには、どんなものを選べば良いのか分からない!という方も多いのではないでしょうか?