ワインを美味しく飲むための正しい温度とは?

ワインにはそれぞれ適切な温度があります。温度を少し変えるだけで、より美味しく飲めるようになりますよ!

ここでは赤ワイン、白ワイン、ロゼやスパークリングワインそれぞれの適切な温度をご紹介しています。ぜひ今日から試してみてくださいね。

ワインにはそれぞれ適切な温度があります?

温度によって味わいが変化

ワインは温度によって味わいが変化します。

低めの温度に冷やすと、甘みが抑えられてすっきりとした味わいになります。また、フレッシュな印象となり、ワインの渋みをしっかりと感じ取ることができます。酸味についても、ハッキリと感じ取ることができ、シャープな印象になります。

そのほかにみられる変化として、低めの温度に冷やすことで、第一アロマと呼ばれるブドウ品種特有の香りや第二アロマという発酵・醸造による香りが際立つようになります。その結果、均整の取れた味わいになります。

これに対して、ワインの温度が高くなっていくと、甘みが強くなります。熟成感が増して、ワインの渋みはまろやかに、酸味は柔らかくなります。また、温度が高めになると、香りの広がりも大きくなります。結果として、繊細さが抑えられて、ふくよかな印象になるでしょう。

このように、ワインは温度によって味わいが変化するので、それぞれのワインの特徴を知ったうえで、最適な温度で飲むことが大切です。温度を変えただけで、そのワインに持つ印象が大きく変わることもありますから、ぜひ温度にこだわって飲むようにしましょう。

赤ワインが美味しく飲める温度

赤ワインの適切な温度は何度くらいでしょうか?赤ワイン全体に共通するのは、冷やしすぎは禁物。あまり冷たくしすぎると、タンニンによる渋みが強く出てしまいます。

おすすめの温度目安は、次のとおりです。

・フルボディは16~18℃
・ミディアムボディは13~16℃
・ライトボディは10~12℃

白ワインより少し高めの、渋みがまろやかになる温度で飲んでみてください。

冷やす方法はワインセラーを使うのがもっとも簡単ですが、日本では一般家庭にそれほど普及していませんよね。そこでおすすめなのが、温度計と氷水を使った方法です。

14℃くらいになるよう氷の量を調節して、2時間程度ワインボトルを入れておきましょう。時々氷を追加して、16℃以上にならないように注意してください。

少し面倒ですが、これだけで赤ワインを美味しく飲めちゃいます。

他には冷蔵庫で一気に冷やして、1時間ほど常温の場所に出し温度を落ち着かせるという方法もあり。放置する時間を調節できれば、氷水を使うより手軽です。

ロゼ・シャンパン・スパークリングワインの温度?ラブレ・ロワ ジュヴレ・シャンベルタン(フルボディ)(参考小売価格:6,000円)

パワフルなアロマが特長のフルーティな赤ワイン。渋みと酸味のバランスが取れた
ふくよかなワインです。温度は、少し高めの16~17℃に冷やして飲みましょう。
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/T898/index.html

 

ロゼ・シャンパン・スパークリングワインの温度?

ラブレ・ロワ ピノ・ノワール・ヴァン・ド・フランス(ミディアムボディ)(参考小売価格:1,250円)

南フランス産のピノ・ノワール種を100%使用してつくられたミディアムボディの赤ワイン。
繊細で、渋みが少ないワインです。
13~15℃に冷やして飲むのがおすすめです。
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/D714/index.html

 

ロゼ・シャンパン・スパークリングワインの温度? ラブレ・ロワ ボージョレ・ヴィラージュ(ライトボディ)(参考小売価格:1,700円)

カジュアルな場にピッタリの赤ワイン。明るいルビーレッド色と甘いフルーティな香りが特長です。
口当たりが軽いので、赤ワインの渋みが苦手という人でも飲みやすいワインです。
飲み頃温度は、10~13℃です。
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/T994/index.html

 

白ワインの適切な温度は?

白ワインはタンニンによる渋みが少ないので、冷やして飲むほうが美味しいですよ!

・甘口は5~8℃
・辛口は7~14℃

目安はこれくらいですが、あえて室温程度にして香りを楽しむのも良いでしょう。

低めの温度にすると、甘口の白ワインもさっぱりと飲めるので、甘さを抑えたいときはよく冷やしてみてくださいね。赤ワインと違い、冷蔵庫で3時間ほど冷やすだけで適温になります。

また、酸味やコクで温度を調節するのもあり。酸味は温度であまり変化しませんが、甘さの感じ方は変化します。

酸味の強いものは温度を高めにして、甘さと酸味のバランスがちょうど良いと感じる温度がおすすめです。

コクがあるものは樽での熟成期間が長く、タンニンが他の白ワインより多めかもしれません。そんなときは思い切って15℃くらいまで高めにすると美味しく飲めます。

ロゼ・シャンパン・スパークリングワインの温度? [ギィ・サジェ]コトー・デュ・レイヨン(甘口)(参考小売価格:3,100円)

デザートワインの1つ貴腐ワイン。アカシアや蜂蜜の甘い香りが特長で、
食前・食後に楽しめます。温度は、低めの5~8℃に冷やしていただきましょう。
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/A717/index.html

 

ロゼ・シャンパン・スパークリングワインの温度? [ギィ・サジェ]プイィ・フュメ(辛口)(参考小売価格:3,300円)

ドメーヌ・ギィ・サジェ産の高品質のワイン。繊細な香りとさわやかさが特長です。
温度は、少し低めの8~10℃が飲み頃です。
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/A714/index.html

ロゼ・シャンパン・スパークリングワインの温度

ロゼ・シャンパン・スパークリングワインの温度?

ロゼワイン、シャンパン、スパークリングワインはどれも基本的にしっかり冷やして飲むのが良いでしょう。

・ロゼワインは7~14℃
・シャンパンは4~10℃
・スパークリングワインは5~8℃

ロゼは辛口と甘口がありますが、どちらもよく冷やすのがポイントです。甘口は辛口よりもより冷やすと、甘さがすっきりして飲みやすくなりますよ!

冷蔵庫で4時間ほど冷やすとちょうど良い温度になります。

シャンパンはもっと低い温度に冷やします。ワインを冷やすときはボトルのボディ部分だけを氷水に浸けることが多いのではないでしょうか。

シャンパンの場合はネック部分まで氷水に浸けて、30分程度しっかり冷やしてください。甘口よりも辛口のほうが高めの温度に向いています。

スパークリングワインは、冷蔵庫で5時間くらい冷やすのがベスト。食前酒として飲む辛口タイプなら、少しぬるめの温度で飲むと良いでしょう。

しっかり冷やすことで泡もたくさん出ます。見た目も味も楽しむには、適切な温度は欠かせません!

どのワインにも共通しているのは、冷やしすぎないこと。味も香りも楽しめない高い温度も問題ですが、冷やしすぎて風味が損なわれるのももったいないですよね。

とくによく冷やす必要のあるロゼやシャンパン、スパークリングワインは、冷蔵庫に入れるタイミングに注意しましょう。

ロゼ・シャンパン・スパークリングワインの温度? エム・ド・ミニュティー(ロゼワイン)(参考小売価格:2,000円)

淡いピンク色のロゼワイン。スッキリとした辛口ではあるものの、フレッシュでフルーティな香りが特長。
とても飲みやすいワインです。
8~10℃に冷やしていただきましょう。
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/L280/index.html

 

ロゼ・シャンパン・スパークリングワインの温度? テタンジェ ブリュット レゼルヴ(シャンパン)(参考小売価格:6,700円)

甘い香りが特長のシャンパン。フレッシュさとクリスピーな味わいとのバランスが絶妙です。
少し低めの6~8℃に冷やしていただきます。
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/MK15/index.html

 

ロゼ・シャンパン・スパークリングワインの温度? ラ・キュベ・ミティーク スパークリング・ブリュット〈白〉(参考小売価格:2,000円)

シャルドネ種100%使用の白ワイン。上質で芳香な味わいが特長で、口当たりはまろやか。
6~8℃に冷やします。
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/MP62/index.htm

まとめ

赤ワインは冷やさず常温で、白ワインは冷やす。そう思っている方も多いのではないでしょうか。

間違ってはいないのですが、ここで注意したいのが、そもそも常温とはワインの本場であるフランスの常温のこと。だいたい16℃前後の気温のことをさしているため、日本の常温には当てはまりません。

日本で赤ワインを飲むときは、常温よりも氷水で適度に冷やすのがおすすめです。その他のワインも正しい温度でじっくり味と香りを楽しんでくださいね。

◆リンク
サッポロビールのワイン情報
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/index.php

 

この商品を含む、ご紹介ブランドの購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo Yahoo!ショッピングはこちら

WINE MARKET PARTY

目次へ

RELATED POSTS関連記事
ワインをおいしく飲むならワインクーラー

2018.2.1

この記事ではワインクーラーについてご紹介しています。聞いたことはあるけどワインクーラーっていったい何なの?と感じている人やワインクーラーを使用するメリットって何なの?と感じている人も多いのではないでしょうか?

ワインをおいしく飲むための保管方法って?

2018.2.1

ワインをお家で飲まれている方!ワインを購入後すぐ飲み切ってしまわれる方は良いのですが、飲みきれなかったり、その日にまだ飲まない場合、あなたはどのように保管されていますか?ワインはとても繊細なもの。

ワインは保存方法で変わる!未開封・開封後の保存のポイントとは?

2018.2.1

ワインは購入後に熟成させると良いものもあります。未開封で保存するには温度、湿度、光、置き方などに注意しなければなりません。