ワインの試飲会へ行ってみよう!マナーや注意点について

いろいろなワインを知りたいという方に、ぜひおすすめしたいのがワイン試飲会に参加してみることです。でもワイン試飲会は少しハードルが高いな、どのような場所なのか分からずに二の足を踏んでしまうという方は、こちらでワイン試飲会の参加方法やマナーについてご紹介しますので、参考にしてみてください。ワインをもっと知って、ワインの世界を広げる機会として、ワイン試飲会に行ってみませんか。

ワインの試飲会へ行ってみよう!マナーや注意点について

ワインの試飲会ってどんなもの?

ワインの試飲会とは、その名のとおり、ワインを試飲することを目的とした会です。ワインの飲み方についてよく知らない初心者さんも気軽に参加できる一般向けの会やプロ向けの会など、ワインの試飲会といってもタイプはさまざま。お店が主催していることもあれば、ワイナリーで開催されるもの、メーカー主催のものや、ワイン生産国の大使館が開催しているものもあります。

ホームパーティー形式で、ワインの試飲というよりもワインを楽しみながら交流を深めたい方が集まる会もあります。料理に凝った会など、ワイン単体で楽しむものだけではなく、ひとつの要素をプラスした会も多いので、ワイン好きさんにとって見識を広める絶好のチャンスです。

参加費や目的は会によって異なるので、事前にきちんと確認しておきましょう。初心者さん向けの試飲会なら、ワインの知識がなくても大丈夫。これからワインを勉強するぞ!と考えている方の第一歩としてもおすすめです。

初心者さんは、自分なりの参加テーマを考えてから参加することがおすすめです。例えば、生産者の人の話を聞く、好みのワインを見つける、品種の違いを試して好きな品種を見つけるなどのテーマ設定はどうでしょうか。自分なりのテーマを持って参加すると、なんとなく試飲して、あっという間に時間が経って終わってしまったということが無くなりますよ。

ワイン試飲会参加のマナー

ワイン試飲会は、多くのワインを体験できる絶好の機会です。主催者側と交流しながら、できるだけ多くのワインの情報を仕入れましょう。

こういった場では、知ったかぶりをするのは大損!むしろ「詳しくないので、教えてもらえませんか」と正直に言ってしまったほうが、親切にいろんなことを伝えてもらえますよ。

生産者が来ている試飲会もたくさんあります。そのような場合は、直接サーブしてもらえることがあるので、思い切って質問してみましょう。質問すると、ブドウの栽培方法や造り手のこだわりなど、商品について店頭でソムリエに聞く以上の情報を話してくれるでしょう。

もちろん、ワインの試飲会では最低限のマナーがあります。初心者でワインの飲み方を知らないという方も、以下のマナーは意識してください。

・試飲会のルール(会の目的・グラス交換など)を確認しておく
・参加前も試飲会の最中も体調管理は万全に
・公共交通機関か徒歩で会場に向かおう
・香水などにおいの強いものは避ける
・吐器(とき)があれば活用しよう
・ワインやブース、スタッフを長時間独り占めしない

基本中の基本として、成人のみのメンバーで来場するようにしましょう。未成年者はたとえ同行のみであっても不可だと思ってください。

初心者向けかプロ向けか、の他にも、試飲会ごとのルールがあります。案内に記載されていることが多いので、注意点とともにしっかり確認しておきましょう。

ワインの試飲会へ行ってみよう!マナーや注意点について

会場内のルールについては、グラス交換の方法などをチェック。会によっては一人ひとつのグラスを受け取り、交換なしでさまざまなワインを飲むことも珍しくないので、きちんと会場内のルール説明を読み込んでおきましょう。

交換なしのグラスの場合、スパークリングワイン→白→赤の順で飲むと色が混ざる心配がありません。もしくは会場にお水が置いてあれば、すすいでもよいでしょう。ちなみに、使用したグラスは持ち帰りOKな場合もあるようです。

お酒を飲む場ですから、体調管理は前日からしっかりと行っておきたいですね。参加中も飲み放題だと思って飲みすぎることのないように。人が多い会や、会場自体が狭い会場では危険度が増すので、自制を忘れずに。

会場には徒歩で向かうか、電車やバス、タクシーなど公共交通機関を利用しましょう。自転車なら大丈夫、と勘違いする人がいますが、自転車も車両扱いされる乗り物です。うっかり飲酒運転になってしまわないよう、移動は自転車圏内でも公共交通機関を利用してくださいね。

香水やにおいの強いボディクリーム、ハンドクリームなどは使用を控えましょう。ワインの香りを楽しまないから気にしないと思っていても、他の人はそうではないかもしれません。周りへの配慮を忘れず、あなたもすすんで誰もが楽しめる会にしましょう。

注がれたワインは、全て飲む必要はありません。たくさんのワインアイテムを試すためには、吐器(とき)が用意されている場所では吐器を活用して、酔わないように調節してください。お口直し用のパンや水もあるので、酔い対策としても利用したいですね。

多くの人が参加するので、一本のワインを独り占めしたり、同じブースの前を占領したり、スタッフを長時間独占することは止めましょう。

気に入ったワインについて知りたいなら、先にスマホやカメラで写真をとっておいて、購入ブースや後日お店で詳しく聞く手もありでしょう。


ワイン試飲会参加の際の服装は?

ワインの試飲会へ行ってみよう!マナーや注意点について

ワイン試飲会というと、ビシッとキメた服装でなければ参加できない、と思ってしまう方も多いのでは。

そこで、ワイン試飲会に相応しい服装についてまとめました。「ワインの試飲会に行くための服がない」と諦めず、ぜひこちらを参考に衣装選びをしてみてくださいね。

会場の雰囲気に合わせる

ワインの試飲会が行われる会場は、以下のようにさまざまで、これといった決まりはありません。

・ホテル
・レストラン
・ワインショップやワイナリー
・個人宅

服装選びの基本は、会場の雰囲気に合わせること。個人宅のホームパーティー感覚で開かれている試飲会に、かっちりした衣装は似合いませんよね。ほどよくカジュアルで清潔感のある、親しみやすい服装が好まれるはずです。

ホテルでは会場だけではなく、ホテル全体のドレスコードを考慮しなければなりません。ジーンズやカジュアルスタイルをNGとする会場も少なからず存在するので、事前の告知内容や会場となる施設のドレスコードはきちんと確認しておきましょう。

ワイン試飲会に合う一般的な服装

迷ったときは、適度にラフ感とフォーマル感を出せるスタイルがおすすめ。男性ならスーツやシャツにジャケットを合わせる程度で十分です。

女性ならちょっとおしゃれな服装でOK。きれいめのパンツスタイルは動きやすくておすすめです。フォーマルすぎない格好でまとめてみてください。

どちらも白っぽい服は避け、万が一ワインが飛んでも目立たないダークカラーの服を選びましょう。

女性が注意したいのは、服装はもちろんですが、見落としがちになるのはバッグの存在です。人にぶつかりやすい大きめのバッグやリュックサックではなく、必要最低限のものが入るショルダーバッグあたりが無難です。チラシやワインリストを持ち帰る方は、ジャストサイズで邪魔にならないバッグがおすすめです。

まとめ

ワインの試飲会は、誰でも気軽に多くのワインを体験できるチャンスです。初心者向けのカジュアルなものなら、ルールや服装に悩むこともありません。香水をつけない・車では来場しないなど、必要最低限のマナーさえ守ることができれば十分です。

ワイン好き同士の交流の場としても、お気に入りのワインを見つけるトレジャーハンティングの場としても楽しめるので、初心者さんもどんどん参加してみてくださいね。

目次へ

RELATED POSTS関連記事
ワイングラスの正しい持ち方って?ワイングラスの基礎知識とマナーを身につけよう!

2018.2.1

ワイングラスの正しい持ち方を知っていますか?持ち方のほかにも、ワイングラスにはちょっとしたウンチクがたくさんあるんですよ。

ワインを素敵に飲むために押さえておきたいマナー

2018.2.1

この記事ではワインのボディについて紹介しています。ワインを飲んだことのある人だったら「フルボディ」「ライトボディ」などといった言葉を聞いたこともあるのではないでしょうか?

ワインの一番美味しい飲み方は?

2018.2.1

せっかくワインを飲むなら正しい飲み方、一番おいしい飲み方を知っておきましょう。ワインにはマナーがあります。レストランでワインを飲む際にはテイスティングを求められることがあるので知っておいた方が良いでしょう。