ワインをおいしく飲むための保管方法って?

保存の方法によっては、風味が失われてしまうこともあるワイン。おいしいワインを長く楽しむためには、どのような保存方法が適しているのでしょうか。

未開封のワイン、開封した後のワインの保管方法や長持ちさせるコツをご紹介します。

未開封のワインの保管方法

未開封のワインの保管方法

開封していなければ、風味は失われないのでは?と思う人も多いかもしれません。

実際に私たちの身の回りにある多くの食品は、未開封の場合、賞味期限前であればおいしく食べることができます。しかし、ワインはビンに詰められて封をされてからも、どんどん熟成が進んでいるのです。

そして、人間にとって快適な気温や湿度があるように、ワインにも適切な温度や湿度があります。ワインも人間同様、生きていると思って良いでしょう。

適切な環境で管理されていないと、未開封にもかかわらず味が損なわれてしまうのです。

それでは、ワインにとって適切な環境とはどのようなものなのでしょうか。

まず、ワインは光が苦手です。直射日光だけでなく、蛍光灯などといった照明の光もできるだけ避けましょう。

また、ワインによって保管するときのベストな温度はさまざまですが、温度が高すぎるとワインは熟成が早く進み、低いとなかなか熟成しません。13 ~15℃程度を目安として、保管するようにしましょう。

そして、適切な湿度を守ることもワインの品質を保つために重要なポイント!理想的な湿度は70~80%。コルクをしなやかで弾力のある湿った状態に保ってくれます。

乾燥しやすい冬の時期は気をつけましょう。また、振動もワインを変質させてしまう要因の1つです。細かい振動でもワインが揺れてしまい、ワインの中で化学変化が起こりやすくなってしまいます。洗濯機のそばや冷蔵庫のドアポケットなどは避けたいですね。

さらにワインはコルク栓を通して、ビンの外のにおいを吸収してしまいます。香りの強いものと一緒に保管してしまわないように注意しましょう。

これらのすべてをクリアできる場所は、日本の住宅事情ではなかなか見つけることが難しいですよね。

ワインセラーがあればよいのですがそれも難しい話。もしご自宅で保管するのであれば新聞紙をまくか、発泡スチロールで温度の変化が起こりにくい状態にし、さらに押し入れや床下収納などで保管すると安心です。

飲み残しワインの保存方法

ワインを開封すると香りが抜けてしまったり、酸化が進んでしまったりして風味が落ちてしまうので、開封したらその日のうちに飲み切るのが理想的。

しかし、1人でワインを飲む場合、ボトル1本すべては飲み干すことができず、飲み残してしまう人も多いでしょう。

かといって捨ててしまうというのも、もったいないですよね。飲み残しのワインは、どのように保管すれば風味や鮮度を保つことができるのでしょうか。

実は冷蔵庫で保管すれば、約1週間はそれほど風味を落とすことなく楽しむことができるんです!ただし保管方法には注意が必要です。

例えば、横に寝かせるとワインが空気に触れる面積が大きくなるので、劣化しやすくなります。そのため、ワインをできるだけ空気に触れさせないようにすることが重要。ワインを保存するときは、ボトルを立てて保管するようにしましょう。

抜いたコルクを差しておくだけでも風味や鮮度を保つことができます。
飲み残してしまっても、少しの工夫で後日またおいしく飲むことができますよ。

開封したワインを長持ちさせるには

開封したワインを長持ちさせるには

高価なワインや思い入れのあるワインは、数回に分けて楽しみたいという人も多いはず。そこで、開封したワインを長持ちさせるコツをご紹介します。

飲み残しワインの保存方法でご紹介したとおり、風味や鮮度を保つためには冷蔵庫で保管することと、空気に触れさせないようにすることが重要です。

開封したワインをもっと長持ちさせたいという場合は、真空ポンプを使うとよいでしょう。真空ポンプでボトル内の空気を可能な限り吸い出し、ボトル内を真空状態に近づけ酸化のスピードを遅らせます。

しかし、真空ポンプでは完全に酸素を取り除くことはできません。

より完璧にワインを保存したいという場合は、窒素ガスを利用しましょう。ボトル内の酸素を含む空気と、酸素を含まない窒素ガスを置き換えることで、ワインの酸化を防ぐことができます。

真空ポンプも窒素ガスも、ワインショップなどで手に入りますよ!

また、酸化を防ぐには開封後すぐに小瓶に移すという方法があります。これはボトルを立てて保管する方法と同じ原理で、空気とワインが触れ合う面積を小さくし、劣化を防いでいるんです。

これらの方法をもってしても、永久に変わらぬ風味でワインを楽しめるというわけではありません。できるだけ早めに飲み切ることを心がけてくださいね。

まとめ

ワインを長く楽しむには、適切に保管することがとても重要です。

温度や湿度、ワインセラーで保管するなどといった基本的なポイントを守れば、ワインの品質を保つことは難しくありません。おいしくワインを飲むために、正しい保管方法を心がけてくださいね!

◆リンク
サッポロビールのワイン情報
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/index.php

目次へ

RELATED POSTS関連記事
ワインを美味しく飲むための正しい温度とは?

2018.2.1

せっかくワインを飲むなら正しい飲み方、一番おいしい飲み方を知っておきましょう。ワインにはマナーがあります。レストランでワインを飲む際にはテイスティングを求められることがあるので知っておいた方が良いでしょう。

ワインは保存方法で変わる!未開封・開封後の保存のポイントとは?

2018.2.1

ワインは購入後に熟成させると良いものもあります。未開封で保存するには温度、湿度、光、置き方などに注意しなければなりません。