ワインがついた服の染み抜き方法を知っておこう

ワインとは切っても切り離せないトラブルといえば、やはりワインがこぼれた際の服やテーブルクロスなどの染みではないでしょうか 服なら素材によっては染め直しという手もありますが、購入したばかりの服やお気に入りの色の一着は、元通りの姿に蘇らせたいですよね。 もしものときのために、ワインの染み抜きのコツについてご紹介します。知っておくとパーティーの場など同席した人のトラブル対策もしてあげられるので、役に立つこと間違いなしですよ!

ワインがついた服の染み抜き方法を知っておこう

ワインの染み抜きをする前に

ワインの染み抜きをする前に、「どうしてワインの染みって落ちにくいの?」という一般的な疑問にお答えします。

ワインの染みといえば、赤ワインの紫がかった染みですよね。どんなに鮮やかな赤色をした赤ワインでも、布に染み込んで時間がたつと、紫がかった色に変わります。

これは、赤ワインの原料となるブドウによるもの。ブドウに含まれる水溶性の抗酸化ポリフェノールである、アントシアニンが原因です。赤ワインのブドウに限らず、アメリカンチェリーやブルーベリーなど、アントシアニン系の成分を含む果汁の染みは時間が経つと酸化して、落ちにくくなります。

ついた直後は、(水溶性の成分なので)意外と落ちやすいんですよ!時間が経つと果汁の成分と布の分子とがガッチリ結合してしまうので、赤ワインの染みがついたら、早めに処置しましょう。

ちなみに、白ワインも放置しておくと目立つ染みになるので要注意です。白ブドウの果汁のみで造る白ワインは薄い色をしており、服にかかった直後はあまり気になりません。

でも、ここでうっかり放置してしまうと、洗濯機に放り込むときには黄色く酸化しているかもしれません。黄ばんだ服って、たとえ原因がワインでも、何となく不潔な印象になってしまいませんか?早めに対処して、きれいな服に戻しましょう。

ワインの染みが落ちにくい原因が酸化や成分によるものだと分かったら、次はいよいよ処置方法のご紹介です。本格的な染み抜きをする前に、服の洗濯表示を確認してください。

水洗い可能な生地であれば、自力での染み抜きを試すことができますが、水洗い不可の場合はクリーニング屋さんへ持ち込むほうが確実です。まずは自分で挑戦してみよう!と思わず、早めに専門家へ任せたほうがきれいになって返ってきます。

水洗い可能なものは、先にティッシュで応急処置を。ワインの水分と色素をできる限りティッシュでとりましょう。このとき、飲食店で配布されているおしぼりを使うのはおすすめできません。塩素系漂白剤成分が使用されている場合、かえって染みが落ちにくくなってしまうためです。

ワインの染み抜きの方法

ワインがついた服の染み抜き方法を知っておこう

自宅でワインの染み抜きを行う際は、以下のアイテムの中から用意できるもので試してみてください。

・酸素系漂白剤
・重曹
・オキシドール

色柄物でなければ、洗濯用の酸素系漂白剤で落とす方法がもっとも手軽です。服を浸けられる大きさの桶に水を張り、漂白剤を入れて10分間ほど様子を見ながら浸けおきしてみましょう。浸け置きが心配な方は、清潔なタオルや布巾を代わりに浸し、軽く絞ってタオルで服を染みごと揉むようにしてピンポイントで馴染ませる手もあります。

ちょっとした化学実験気分を味わえるのは、重曹で落とす方法です。ワインの染みは酸性のため、酸性の汚れに強い重曹は効果的。染みが隠れるくらい重曹をふりかけた後、熱湯を注ぐだけで、弱アルカリ性から強アルカリ性へ化学反応を起こした重曹が染みを落としてくれます。

ただし、酸素系漂白剤に比べて強い効果が期待できないため、ワイン染みのひどい服に重曹を使うことはおすすめできません。

ドラッグストアで手軽に購入できる消毒用オキシドールで落とす方法もあります。カップ1杯程度のオキシドールに食器用洗剤を少量(目安は小さじ2)混ぜ、染み部分へ塗ります。

染み部分の下には汚れてもかまわない布を置き、その布に染みを移すように叩くだけ。簡単な方法ですが、オキシドールは布を傷める可能性があるので、慎重に行ってください。

この3つの方法のうち、もっとも手軽でデメリットやリスクが少ないのは酸素系漂白剤を使った染み抜き方法です。とはいえ、出先ですぐにできる方法ではありません。

そこで、外出時におすすめなのが染み抜き専用の修正ペンです。

染み抜き専用の修正ペンは、界面活性剤が主要成分です。染みがついた直後は洗剤で洗うのがもっとも効果的。そのため、界面活性剤入りの染み抜き専用の修正ペンは手頃に染みを『洗える』アイテムとして、外出時のお供におすすめです。


こんなときにワインの染みがついたらどうする?

ワインがついた服の染み抜き方法を知っておこう

ワインの染みがつきやすいのは、自宅で飲んでいるときだけではないですよね。ホームパーティーや取引先との会食など、外出先でうっかりワインをこぼしてしまった場合は、ぬるま湯ですぐに染み部分をすすぎましょう。目立つ染みはハンカチなどを裏からあてて、ハンカチにワインの色素が移るようにポンポンと叩きます。

また、カーペットや絨毯に落とすこともあるでしょう。そんなときは布で叩いてとる方法や、カーペット用洗剤を布につけて拭き取る方法を試してみてください。ワインが乾く前なら、染み部分に塩を盛って染みごと水分を吸い上げてとる手もあり。後始末は掃除機で塩を吸い込むだけなので、とっても手軽です。

まとめ

ワインでできた染みは、長く放置すればするほど酸化して落としにくくなります。染みができた直後なら洗剤やぬるま湯で意外と簡単に落とすことができるので、早めに対処しましょう。

ワインの染み抜きを覚えておくと、同じくアントシアニン系の汚れで役立つことが多いです。どの方法も手軽なので、自宅にあるアイテムに合った方法で染み抜きに挑戦してくださいね!

目次へ

RELATED POSTS関連記事
デートでワインを飲む時に覚えておきたいマナー集

2018.8.17

パートナーの誕生日や2人の記念日。気になるのがワインのマナー。

ワインは酸化するもの?その理由と酸化を防ぐ酸化防止剤の役割とは

2018.3.31

よく開栓後のワインは酸化するといいますが、なぜ酸化するのでしょうか?ここではワインが酸化する原因と、ワインに使われることの多い酸化防止剤について解説します。