ワインのプロ、ソムリエになりたい!

ソムリエさんが格好良くワインを注いで、説明をする姿って憧れますよね。どうしたらソムリエになれるのか調べてみました。

ソムリエの資格試験を行っている団体はふたつある

ソムリエの資格試験を行っている団体はふたつある

日本にはソムリエの国家資格はありません。ソムリエの資格試験を行なっている2つの民間団代を紹介しましょう。

日本ソムリエ協会

日本でのワインの普及、知識・サービスの向上、食品衛生を目的とし、ソムリエの育成、資質向上を目指しています。また国際ソムリエ協会などとも連携して海外交流に関する事業も行っています。

会長は1995年に世界最優秀ソムリエコンクールで優勝した田崎真也氏です。田崎氏は2017年6月まで国際ソムリエ協会会長も兼任されていました。

受験資格はアルコール飲料に関する業務に従事する人を対象としており、認定試験に合格しなければなりません。

全日本ソムリエ連盟

独自のカリキュラムを導入し、ワインのプロフェッショナルを提供する「ワインコーディネーター/ソムリエ」の育成をしている団体です。受験資格は特になく、経験を問わず、独自のシステムで認定しています。

日本ソムリエ協会で取得できるソムリエ資格

受験資格は、20歳以上で通算3年以上(ソムリエ協会会員は2年以上)アルコール飲料に関する業務に従事していることが条件です。

具体的には、レストランスタッフ(調理師を含む)、ワインショップスタッフ、ワインインポーター、ワインセミナー講師、ワインコンサルタントなども含みます。

また飛行機の客室乗務員もワインを提供する機会があることから、受験資格を有しています。

2015年までショップスタッフやインポーター、講師などは「ワインアドバイザー」の呼称を認定されてきました。

実質の仕事は世界的に見ると同じ内容であることから、2016年からは「ソムリエ」の呼称に統一されました。

受験の流れは以下の通りです。(2017年時点)
第一次試験(8月):筆記(選択方式)
第二次試験(9月):テイスティング、論述試験(第三次試験として審査される)
第三次試験(11月):サービス実技

試験内容は毎年刊行される日本ソムリエ協会教本に基づきます。ワインだけでなく日本酒やビール、スピリッツなどさまざまなアルコール飲料、またチーズや料理との相性などあらゆる知識が求められます。2016年の合格率は29.0%でした。

上記の受験資格に満たないワイン愛好家は、「ワインエキスパート」という資格認定試験を受験することができます。

求められる知識内容はソムリエと変わらず、高度なものを要求されます。論述試験とサービス実技の試験はなく、第二次試験までで合否が確定されます。

全日本ソムリエ連盟で取得できるソムリエ資格

全日本ソムリエ連盟で取得できるソムリエ資格

認定資格は「ワインコーディネーター/ソムリエ」があり、受験者が受験申し込み時に選びます。試験内容はどちらも変わりません。

受験資格は20歳以上であればよく、アルコール飲料への職業従事経験は問われません。

取得までの流れは3つあります。
・通信コース:全三回の添削問題をクリアすると、試験はなく資格取得が可能
・受験コース(在宅受講):全講義をDVDで学習し、受講後1年以内に会場で受験
・受験コース(集中受講):会場にて2日間の受講と受験

生活スタイルにあったコースが用意され、いずれも専用の教本と独自のカリキュラムが用意されて合格まで導いてくれます。

カリキュラムの内容はワインの知識だけではありません。実際にワインをお求めのお客様にどうアプローチしていくのか、どのようにワインを保管するべきなのかといった、即実践できるワインを取り扱う人材になることを目指した内容となっています。

まとめ

以上、2つの団体をご紹介しました。同じくワインのソムリエと名乗ることを認定してくれる試験ではありますが、受験資格や試験内容に大きな違いがある印象があります。

いずれにしても、資格取得を目標とすると勉強のモチベーションが上がるものです。ワインを体系的に深く知るきっかけとしてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

◆リンク
サッポロビールのワイン情報
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/index.php

目次へ

RELATED POSTS関連記事
ワインの歴史を知るとワインが美味しくなる!

2018.2.1

ワインは「何年物が美味しいんだよね!」など熟成されたワインを好む方も多いですよね。熟成期間だけ見てもかなりの年数寝かしているワインが多いような気がしませんか?

製法を知ってワインをよりおいしく

2018.2.1

ワインをもっと詳しくなりたい!そう感じている方はワインの製法についても学んでみると良いでしょう。赤ワイン、白ワイン、ロゼワイン、スパークリングワイン。

ワイン通と呼ばれるために覚えておきたい基本ブドウ品種とは

2018.2.1

カベルネ、シャルドネ、ピノ・ノワール、、、なんとなく聞いたことあるけどこれってなんの名前?なんて思っている人も多いでしょう!