ワインには賞味期限がない?おいしい飲み頃は?

お店で売られている食品・飲料物を、美味しくかつ安全にいただくために必要な賞味期限。未開封のワインの賞味期限はどれくらいなのでしょうか?

またワインを開封した場合は、どれくらいで飲んでしまうのが良いのでしょうか?ここでは気になるワインの賞味期限について解説していきたいと思います!

ワインに賞味期限がないって本当

ワインに賞味期限がないって本当?

ワインには多くの食品や飲料物に記載されている賞味期限が記載されていません。「それって本当?」と思われる方は、ぜひぜひワインのボトルをチェックしてみてください。

高級ワインに限らず、お手頃価格のテーブルワインでも賞味期限の記載を見つけることはできないはずです。

ワインに賞味期限がないのは、そもそもワインには腐るという概念がないからです。そして、ワインの飲み頃というのが数年~10年以上と非常に幅が広いため、賞味期限を一概に決めることができないということも大きな理由です。

ただ勘違いしないで欲しいのはワインに賞味期限がないとはいえ、未開封のワインを美味しく飲むための“飲み頃”はそれぞれのワインにあるということです。

ワインの種類の飲み頃

ワインには賞味期限がない?おいしい飲み頃は?

ワインの飲み頃は、大まかな種類に分けて考えるととっても分かりやすいですよ!たとえば、お手頃価格のワイン、白ワイン、赤ワイン、スパークリングワインの4種類に分けると、以下のとおりです。

・お手頃価格のワイン…買ってすぐ飲むのがベスト
・白ワイン…1~2年以内
・赤ワイン…2~3年以内
・スパークリングワイン…買ってすぐ飲むのがベスト

一般的に、店頭に並んでいるものは飲み頃になっています。美味しくお飲み頂ける目安として、未開栓のものであれば、白ワインは1~2年以内、赤ワインは2~3年以内となります。
もちろんこの期間を過ぎても飲むことはできますが、ワインを一番おいしくいただくためにはそれぞれのワインの飲み頃を守るのがベストです。
保存状態が良ければ、もう少し伸びても十分美味しく飲めます。白ワインはだいたい5年、赤ワインで7年くらいまでは大丈夫。

スパークリングワインは長期保存を目的にしていないので、早めに飲むのが正解です。長くても1年~2年を目安に飲むことをおすすめします。家庭で保存する場合は季節の移り変わりによる影響も受けてしまうため、ガスが抜けたり、コルク部分が腐ってしまう可能性もあります。

ガスが抜ければ、スパークリングワインのせっかくの魅力がなくなるどころか、空気に触れることで酸化も進み、お酢のように酸っぱくなるなど、悪い影響ばかりです。

ただし一部の高級ワインは熟成させて飲む方が美味しくいただけるものもあります。

例えば、世界最高峰の白ワインといわれる「モンラッシェ」などは、10年以上寝かせないと本来の味わいを知ることはできないといわれています。また、貴腐ワインの王様と称される「シャトー・ディケム」は飲み頃期間が長く10~100年ほど続くといわれているんです。

「どのワインをどのくらい熟成させるといいのか知らない」という場合でも、安心してください。ワイン専門店で購入すると、どのくらい熟成させたらいいかを教えてもらうことができますよ。

ボルドーやブルゴーニュなどの高級ワインを購入する際には、飲み頃がいつか確認するようにおすすめします。

ワインの保管に適した環境

ワインには賞味期限がない?おいしい飲み頃は?

ワインには賞味期限がなく飲み頃も種類によって様々ですが、1年以上ワインを寝かせて熟成させることを考えるのであれば保管状態に気を配ることが求められます。ワインを保管する際には下記のような条件のところに置くようにしましょう。

インテリア的な観点からすると、ワインボトルを無造作に並べたりガラスケースに飾ったりしたいところですが、味を楽しむためには、ただ戸棚に飾るのはNG行為です。

ワインの味をベストな状態で味わうためには、場所や温度湿度など、保管環境にも注意しましょう。

・暗い場所 ≫ 直射日光は当然のこと蛍光灯の光もあたらない場所
・涼しい場所 ≫ ワイン保管の理想的な温度は13~15℃
・湿度の高い場所 ≫ 理想的な湿度は70~80%
・振動がない場所 ≫ 振動が加わるとボトル内で化学変化が起こり、味が変質することも

熟成させることで美味しくなる種類のワインを購入したら、この4つの条件をしっかり満たす場所で保管するようにしてください。

家の中に床下収納の暗い場所があればそこへ、なければワインボトルを新聞紙でくるみキャップシール部分にラップを巻いて冷蔵庫の野菜室に入れて保管することができます。

とはいえ、なかには「未開封だから大丈夫と思って常温で保存していた!」という人もいるかと思います。もしも未開封のワインを常温で半年保存していた場合、そのワインは飲むことができるのでしょうか?

これは、常温で保管していた半年の間に一夏を越したかどうかで大きく変わってきます。一夏を超えている場合はワインが高温にさらされていた可能性が高くなるため、劣化が進んでしまっているかもしれません。

逆に秋から春にかけての半年間であれば、常温で保存していたとしてもワインの質はそれほど落ちていない可能性が高くなります。

いずれにしても、開栓したときに変な香りがしないかどうか、また味に違和感がないかを確認の上いただくようにしましょう。

開封後のワインの賞味期限は?

ワインには賞味期限がない?おいしい飲み頃は?

未開封のワインの場合は正しく保存すれば10年後でも美味しく飲むことができるものが少なくありません。

しかし一度開封すると、味や香りの変化が進んでいきますので早めに飲み切るのが基本です。特にロゼワインや白ワインの場合は変化が早く、空気にふれることで変色がみられます。

開封後時間が経ったワインでも飲むことはできるものの、当然ながら本来の味わいを楽しむことはもうできなくなってしまいます。スパークリングワインも、泡専用のボトルストッパーを使用しないと炭酸が抜けてしまった・・・なんてことがあるかもしれません。

開封したワインは『できるだけ早めに飲み切る』というのがワインを美味しく飲む大前提ですが、そうできない場合もありますよね。

その場合は、ワインのコルクを閉めてから冷蔵庫で保存することで香りや味の変化を最小限にとどめることができます。開封して飲み切れなかったワインは、常温保存はNGです。コルクを閉めて冷蔵庫に入れて保存しましょう。

開封後のワインの飲み頃

ワインには賞味期限がない?おいしい飲み頃は?

最初にご紹介したワインの飲み頃は、あくまで一度も開封していない場合です。開封したワインはどんなに保存に工夫を凝らしても、長期保存が難しくなります。

それぞれのタイプ別であげると、開封したワインのおすすめの飲み頃は、以下のとおりです。

・お手頃価格のワイン…1週間程度
・白ワイン…5日程度
・赤ワイン…3~5日程度
・スパークリングワイン…2日程度

いわゆるテーブルワインは、1週間を目安に飲み切るようにしましょう。白ワインは長くても5日を目安に、できるだけ早く飲むべきです。特に辛口タイプは空気に触れると劣化しやすいため、注意してください。

赤ワインの場合、ちょっと事情が変わります。もちろん5日程度を目安に早く飲み干すほうが良いのですが、フルボディやミディアムボディの赤ワインは、1週間ほど経った後のほうが飲みやすくなることがあります。

酸味が目立つようなライトボディの赤ワインは、長くても5日程度を目安にしましょう。

スパークリングワインはとってもデリケート。一度開けると炭酸ガスが抜けたり、酸化したりと味の劣化が早くなるため、できればその日のうちに飲みきってください。難しいようであれば、翌日か、長くても2日目以内には飲むのがベストです。

最近は酸化防止剤が無添加のワインも多く発売していますが、上記の目安は酸化防止剤無添加のワインには当てはまりません。劣化が早いので、目安の飲み頃にかかわらず、早めに飲むようにしましょう!


ワインの味が変わったら料理に使ってみよう

ワインには賞味期限がない?おいしい飲み頃は?

ワインは保管状態が悪かったりすると劣化したり変質していくことがあります。
ワインを変化させる要因には、温度、乾燥、振動、光などがあります。そのようにして変化したワインは、苦みやえぐみが感じられたり、豊かな香りがとんでしまったりするので、「もう飲めない」と感じるかもしれません。確かにそのまま飲むには美味しくはありませんが、料理に活用することができます。

・変化した赤ワインの再利用方法
赤ワインなら牛肉の煮込み料理がおすすめ。ビーフシチューなどもいいですし、煮込みハンバーグやミートソースに利用するのもおすすめです。

・変化した白ワインの再利用方法
白ワインの場合は牡蠣や白身魚などの白ワイン蒸しに使いましょう。モモやリンゴなどを使って白ワインで果物のコンポートを作るのも美味しいですよ。

開封したワインの正しい保存方法

ワインには賞味期限がない?おいしい飲み頃は?

開封したワインは、必ず封をして保存しましょう。翌日に飲むのであれば、コルクやスクリューキャップを使用するだけでも構いませんが、どうせなら翌日以降も美味しく飲みたいですよね。

そんなときは、少し手間ですが、正しい保存方法に挑戦してみましょう。

・真空状態にして酸化防止
・ガス注入で酸素をシャットアウト
・別の容器に移し替える

昔ながらの工夫のひとつが、真空状態にして酸素に触れにくくする方法です。真空栓と真空ポンプを使って、密閉したボトルの中から空気を吸い出す方式なのですが、手動で行うと大変なのがデメリット。

電動式もありますが、1万円前後の価格なので、コスパを重視する方には比較的安価なガスを注入する方法がおすすめです。

また、長期保存はさすがに難しいので、早めに飲み干せる場合にのみ活用してくださいね。

少しお金をかけても良いなら、ワインボトル専用の窒素ガス注入器で、ボトル内の酸素を追い出す方法があります。

手動タイプと電動タイプがあり、どちらも細いノズルでボトル内に窒素ガスを送ることで酸化を防ぎます。

もっと手軽に済ませたい方、お金をかけたくない方は、残ったワインの量に合った小さめのボトルに移し替える方法もありますよ!

また、より詳しいワインの保存方法については、別のページでご紹介しています。そちらもぜひ参考にしてみてください。
http://www.sapporobeer.jp/wine/wine_opener/article/wine_storages/

まとめ

賞味期限がないワインですが、それぞれのワインに“飲み頃”があります。ワインの美味しさを最大限に楽しむためには、ぞれぞれのワインを飲み頃にいただくのがおすすめです。

またワインの種類によっては熟成させる方が美味しいものもありますから、ワイン専門店で購入する際は飲み頃を尋ねるといいでしょう。

ワインは、開封後は変化が進みますので早めに飲むようにしてください。開封後の保管状態が悪くバランスの崩れた味がした場合は、料理に利用するとワインを捨てなくてもすみますよ。

RELATED POSTS関連記事
ワインをおいしく飲むならワインクーラー

2018.2.1

この記事ではワインクーラーについてご紹介しています。聞いたことはあるけどワインクーラーっていったい何なの?と感じている人やワインクーラーを使用するメリットって何なの?と感じている人も多いのではないでしょうか?

ワインをおいしく飲むための保管方法って?

2018.2.1

ワインをお家で飲まれている方!ワインを購入後すぐ飲み切ってしまわれる方は良いのですが、飲みきれなかったり、その日にまだ飲まない場合、あなたはどのように保管されていますか?ワインはとても繊細なもの。

ワインは保存方法で変わる!未開封・開封後の保存のポイントとは?

2018.2.1

ワインは購入後に熟成させると良いものもあります。未開封で保存するには温度、湿度、光、置き方などに注意しなければなりません。