ワインのスマートな開け方とは?

気になる人や大事なゲストを招いたとき、スマートにワインを開けられたら素敵ですよね。

ここでは、ワインの開け方についてご紹介します。道具がない場合はどうすれば良いの?という疑問にもお答えしているので、ぜひ役立ててください。

ワインの開け方の手順

ワインの開け方の手順

ワインといえば、やっぱりコルク栓が定番でしょう。まずはおさえておきたい基本編として、コルク栓の開け方や手順をご紹介します。

手順は次のとおり。(ソムリエナイフを使った場合です)

・ソムリエナイフの刃の部分でキャップシールの上部を切る
・ソムリエナイフのスクリュー部分をコルクに刺す
・スクリューを回して深く刺す
・ソムリエナイフのフックの片方をボトルにかける
・テコの原理でコルクを真上に引っ張り上げる
・コルクが出てきたらコルク部分をにぎって引き出す

ソムリエナイフは一見すると使いづらそうに見えますが、手順さえおさえておけば簡単!慣れた手つきで使いこなせば、それだけでゲストを楽しませられますよ!

ちなみにこの開け方はスパークリングワインやシャンパンには応用できないので、通常のワインを開ける場合にのみ活用してみてくださいね。

ワインの開け方はオープナーの種類にもよる

ワインの開け方はオープナーの種類にもよる

ソムリエナイフを使った場合の基本的なワインボトルの開け方を学んだら、次はオープナー別の開け方についても知っておきたいところ。

スクリュー式、スクリュープル、ハサミ型、ウィング型などワインオープナーには複数の種類が存在します。飲むワインや使い勝手によって使い分けられるよう、いくつか持っておくと便利ですよ!

スクリュー式はごくシンプルなT字タイプのオープナーです

スクリュー式はごくシンプルなT字タイプのオープナーです。

スクリューをコルクに刺して真上に引っ張るだけですが、勢い良く開けると中身が飛び出る危険があったり、そもそも力が必要だったりと意外に使う人を選ぶタイプです。

スクリュープル

スクリュープルは、そんなスクリュー式の気難しさを和らげたタイプ。ボトルの口にセットし、スクリューと連動したハンドルをくるくる回すだけ。

思い切り引っ張るスクリュー式と違ってゆっくりコルクが引き出されていくので、中身が溢れる心配はありません。温泉や油田の採掘機を思わせるような形もユニークです。

シンプルながら取り扱いが難しい

シンプルながら取り扱いが難しいのは、ハサミ型。コルクとボトルの間に差し込んだ刃と刃で挟んで持ち上げるもので、かなりのテクニックが求められます。

樹脂性のコルクとは相性が悪いですが、ヴィンテージワインや、コルクが柔らかくスクリューでは崩れそうなコルクの開封にはもっていこいのオープナーです。ただし、扱いなれていないと危険なのでみなさんは使用は控えるようにしてください。

ウィング型はスクリュープルに似た原理

ウィング型はスクリュープルに似た原理で、ボトルの口にセットしてハンドルを回すとスクリューがコルクにもぐっていきます。

コルクにスクリューが埋まれば埋まるほど両サイドのウィングが連動して上がってくるので、後はそれを下へ下げるだけ。スクリューと一緒にコルクも持ち上がります。

ソムリエが使っていることからそう呼ばれるソムリエナイフ

そして、ソムリエが使っていることからそう呼ばれるソムリエナイフ。慣れるまでは難しいかもしれませんが、折りたたみ式で場所もとらない上、ワイン好きから一目置かれるアイテムです。

道具なしの場合の対応法は?

オープナーが家にないときはどうしますか?

やはりワインを開けるためには、オープナーをお使いになることをおすすめします。

それでもオープナーがなくて、ワインを楽しみたい!という時には、スクリューキャップのワインを選ぶようにしてください。

スクリューキャップだから低価格というイメージはもう古いのです。

オーストラリアやニュージーランドのワインは、高価格のものもスクリューキャップを採用していますので、おすすめです。

スクリューキャップのワインにも開け方が!

ペットボトルのように回して開けるスクリューキャップのワインボトル。

これなら簡単!と思って買ってみたのに、いざ回してみると「あれ?開かない」という経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか。

ワインのスクリューキャップには、開け方にちょっとしたコツがあります。

スマートな開け方は、片手はキャップ部分、片手はボトルの底を持って回すことです。

ゲストの前で慌てず格好良く開けて見せられるよう、オープナーの使い方とあわせてスクリューキャップの開け方もぜひ覚えておいてくださいね。

まとめ

ワインの開け方にはコツがあります。オープナーにも種類があり、中にはかなりの上級者向けの道具もあります。ソムリエナイフを使いこなすと、かなり格好よく見えること間違いなしです。

最近増えてきたスクリューキャップも正しい手順でなければ開きにくいこともあるので、合わせて覚えておきたいところ。キャップではなくボトルのほうを回すとすんなり開きますよ!

ワインの開け方にはコツがあります

◆リンク
サッポロビールのワイン情報
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/index.php

ワインを素敵に飲むために押さえておきたいマナー

2018.2.1

この記事ではワインのボディについて紹介しています。ワインを飲んだことのある人だったら「フルボディ」「ライトボディ」などといった言葉を聞いたこともあるのではないでしょうか?

ワインをおいしく飲むための保管方法って?

2018.2.1

ワインをお家で飲まれている方!ワインを購入後すぐ飲み切ってしまわれる方は良いのですが、飲みきれなかったり、その日にまだ飲まない場合、あなたはどのように保管されていますか?ワインはとても繊細なもの。

ワインの注ぎ方は難しくない。これだけ知っておけばあなたもソムリエ

2018.2.1

おもてなしをする時や、お家でパーティをするときなどゲストにワインを注ぐ機会があることもあるでしょう。そんなとき、かっこよくワインを注げるようにワインの注ぎ方とマナーを知っておくと急な機会にも安心です。