ワインを素敵に飲むために押さえておきたいマナー

パーティーや会食など、フォーマルな場でも大活躍のワイン。家でワインを飲む場合はそれほど気になりませんが、人目の多いところだと、ワインについてのマナーが気になりますよね。

それでは、ワインをかっこよく飲むために、ぜひ押さえておきたいマナーをご紹介します。ワインのマナーを押さえておけば、洗練された印象を相手に与えることもできますよ!

フォーマルな場でも大活躍のワイン?

ワインを選ぶときのマナーとは?

大事な会食やデートでのディナーなどで、ワインを選ぶというシチュエーションはよくありますよね。では、ワインの選び方や選ぶときのマナーはあるのでしょうか。

ワインの知識が豊富な人であれば、レストランでワインを選ぶときも、「このワインを飲みたい」といえるかもしれませんが、誰もがワインを知り尽くしているわけではありません。

レストランには、ワインの知識がそれほどない人でもワインを楽しめるように、ベストなワインを選んでくれるワインのエキスパート、ソムリエがいますよね。

特にこだわりがない場合、基本的にはワイン選びはソムリエに任せるのが安心です。しかし、ここで心がけたいマナーがあります。

それは、「必ずソムリエに予算を伝えること」。ワインの値段はピンからキリまであるため、どのくらいの価格帯のものを選べばよいか、ソムリエが迷ってしまいます。

またソムリエが選んだワインを、値段を理由に後から断るのも心苦しいですよね。口当たりやアルコール度数など、好みを伝えるのも大切ですが、予算だけは最低限伝えるようにしてください。

コース料理をいただくのであれば、コース料金の半額くらいをワインの予算の目安にするとよいでしょう。

ワインのテイスティングのマナーとは?

ワインのテイスティングのマナーとは?

ワインをオーダーしたら、次のステップはワインのテイスティングです。テイスティングの目的は、「選んだワインがおいしいかどうか」ではなく、「選んだワインに問題がないかどうか」を確認することです。

したがって大きな問題がないのに、テイスティング後に違うワインに交換してもらうというのは難しいですし、マナー違反です。

ワインがテーブルにきたら、ワインのラベルをチェックして、オーダーしたものかどうか確認しましょう。

ソムリエがワインの栓を開けると、コルクに異常がないかどうかチェックしますが、このコルクをチェックするという作業はソムリエがすべておこないます。

したがって、オーダーした人は何もしなくてよいのです。コルクの香りを嗅ぐなどといった行動はご法度ですよ!

そしてワインの色や香り、味を確認すればテイスティングは終了。品質に問題なければ、ソムリエに「結構です」と一言伝えればOKです。

知っておきたいワインを飲むときのマナー

ワイン選び、テイスティングをクリアし、いざワインを飲もう……とその前に、ワインを飲むときにもマナーがあることを知っておきましょう。

・注ぐとき・注がれるときのマナー
まず、自分で自分のグラスにワインを注がないようにしましょう。同席している人に注いでもらったり、ソムリエやサーバーにお願いしたりするなど、ほかの人に注いでもらうのが一般的です。

ビールなどを注いでもらうときには、グラスを持ってお酌を受けることが多いかもしれませんが、ワインを注いでもらうときにはグラスは手に持たず、テーブルに置いたままにしておきましょう。

男性と女性が同席している場合、男性が女性のグラスにワインを注ぐのがお約束。ワインを注ぐ量は、グラスの4分の1程度の高さ、ボウルが最も膨らんでいるところまでを目安にしてください。

量が多すぎるとワインの香りが広がりにくくなりますし、量が少なすぎるとワインの温度が上がりやすくなり、ワインが変質しやすくなってしまいます。適量を心がけましょう。

ボトルを片手で持って注ぐことができると、とてもスマートに見えるのですが、慣れていない人にとっては意外と難しいもの。無理をしてこぼしてしまうと、せっかくの楽しい会食の場が台無しになってしまうので、ボトルが重いと感じた場合には両手で持って注ぐことをオススメします。

・乾杯するときのマナー
ワインを手に乾杯するときは、グラスとグラスをぶつけて音を立てるといったことはしないようにしましょう。胸の高さくらいまでグラスを持ち上げ、乾杯する相手の目を見て、笑顔で「乾杯」というだけでOKです。

・ワイングラスを持つときのマナー
ワインを飲むときには、ワイングラスの持ち方にも気を配りましょう。日本人に多く見られる、「ワイングラスの細い脚の部分(ステム)を持つ」というのは、実はオフィシャルな場やフォーマルな場では誤り。

しかし、日本ではワイングラスのステムを持って飲むほうが、飲む姿がエレガントに見えるので、ステムを持つように推奨されることが多いのです。

また、ワインに体温が伝わりにくいというのもステムを持って飲む場合のメリット。

ワイングラスのステムを持って飲むのは、基本的にはテイスティングのときだけなのですが、このような理由で日本ではステムを持ってワインを飲むのが一般的なのですね。

外国人が多いパーティーや、外国のレストランでワインを飲むときには、ステムを持ってもグラスの膨らんでいる部分(ボウル)を持ってもよいのですが、ボウルを持つ人のほうが多いので、そちらに合わせたほうが無難です。

・ワインのおかわりのマナー
ほかの人のグラスにワインを継ぎ足す場合は、グラスの3分の1から2分の1になったときに継ぎ足しましょう。

ただし、イギリス式ではグラスが完全に空になってから継ぎ足しますが、日本ではフランス料理のお店が多いので、グラスの3分の1から2分の1になったときに継ぎ足すというフランス式でOKです。継ぎ足すときはグラスの3分の2の高さまでとして、注ぎすぎないように注意しましょう。

もういらないという場合には、グラスのふちに軽く手を添えて意思表示しましょう。「もう結構です」と口に出さなくても、それだけで「おかわり不要」のサインなので注ぎ足されることはありません。

女性ならではのマナーがワインにはある?

女性ならではのマナーがワインにはある?

ワインには、女性ならではのマナーも存在します。大人の女性として身につけておきたいワインのマナーをおさえておきましょう。

まず、男性でも自分で自分のグラスにワインを注ぐのはよくありませんが、男性以上に女性にとってはマナー違反。また、女性がほかの人にお酌をするのもマナー違反になります。

必ず同席した男性、ソムリエやサーバーに注いでもらいましょう。このマナーは、ワインで女性の服などを汚さないようにするという配慮から生まれています。とても紳士的なマナーですね。

ワインを飲むといった場では、女性は口紅をしていることも多いはず。ワイングラスに口紅がつくのはしかたのないことなので、それほど神経質になる必要はありませんが、気になるようであればふき取っても大丈夫です。

その際には、グラスについた口紅を親指と人差し指を使って、滑らせるようにふき取ります。口紅をふき取った指はナプキンでふくとスマートですよ。

まとめ

いかがでしたか?パーティーやディナー、会食などをスマートかつエレガントに過ごすには、ワインのマナーを守ってワインを楽しむことが大切。

しかし、ワインのマナーは堅苦しいものではありません。基本をおさえれば誰でも身につけることができます。マナーを守って、大人の集まりを楽しみましょう!

◆リンク
サッポロビールのワイン情報
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/index.php

目次へ

RELATED POSTS関連記事
意外と簡単?ワインをオーダーする方法

2018.2.1

本格的なイタリアンやフランス料理を頼んだらワインをオーダーするのはつきものですよね。かっこよくスマートに頼みたいなと思ってもメニューを見ても難しい言葉ばかり書いていてわからないということはありませんか?高いのを頼めばいいの?

ワイングラスの正しい持ち方って?ワイングラスの基礎知識とマナーを身につけよう!

2018.2.1

ワイングラスの正しい持ち方を知っていますか?持ち方のほかにも、ワイングラスにはちょっとしたウンチクがたくさんあるんですよ。

ワインの注ぎ方は難しくない。これだけ知っておけばあなたもソムリエ

2018.2.1

おもてなしをする時や、お家でパーティをするときなどゲストにワインを注ぐ機会があることもあるでしょう。そんなとき、かっこよくワインを注げるようにワインの注ぎ方とマナーを知っておくと急な機会にも安心です。