ワインの食べ合わせを知っておいしく飲もう

お酒の中でもワインは食事と一緒に楽しむ人が多いでしょう。それなら「食べ合わせ」を知っておくとワインも食事も美味しくなります。

ベストな食べ合わせは結婚を意味する「マリアージュ」と呼ばれるほどです。どの食べ合わせが良いのかワインの色別に紹介します。

 

赤ワインと相性のいい食べ物は?

赤ワインと相性のいい食べ物は?

赤ワインは苦味や酸味が強い傾向があり、甘い辛いよりも飲み応えで味が決まります。それを表す言葉が「ボディ」。わかりやすく言えば「濃厚さ」や「コク」です。

濃厚でコクのある赤ワインには、同じくこってりして旨味や甘味が強い食べ物と相性が抜群です。だから肉料理との食べ合わせが良いといわれています。

ずっしりとした飲み応えのフルボディなら、脂の多いステーキや味付けの濃いビーフシチュー、すき焼きが合いそうです。癖が強いシカやウサギ、イノシシなどのジビエも美味しく食べられるでしょう。

ほどほどにコクがあるミディアムボディはローストなどのお肉料理に加え、味噌やオイスターソースなどで旨味を強調した料理もぴったりです。照り焼きや味噌煮、エビチリとも好相性。

軽い飲み口のライトボディであれば、魚介類など脂の少ない料理でもしっくりきます。むしろ赤ワインの酸味が絶妙にマッチするでしょう。トマトソースやカレー粉などでしっかり味付けしたお料理でも美味しく飲めます。

白ワインと相性のいい食べ物は?

白ワインは甘味と苦味と酸味をバランス良く感じられるので、旨味と塩味のある料理と組み合わせれば一度にすべての味覚が満足できる食べ合わせになります。

逆にフルボディの赤ワインに合うような料理は、白ワインの味が埋もれてしまい、水を飲んでいるように物足りなく感じてしまうかもしれません。

白ワインにもボディはありますが、どちらかといえば甘口か辛口で合わせる料理を決めます。

例えば甘口なら塩気や辛味など対照的な味わいのものとして、チーズや中華料理あたりが向いています。デザートやオードブル、おつまみなど軽めのメニューにも欠かせません。

逆に辛口は素材の味を楽しめる料理にしましょう。刺身やお寿司など日本料理との食べ合わせも日本酒に負けないくらい優れています。

バターや生クリームを使うなら、ずっしりとした飲み応えの白ワインにしたほうが両方の美味しさが引き立ちますよ。揚げたての天ぷらとの相性も良さそうです。

ワインと相性の悪い食べ物はなに?

ワインと相性の悪い食べ物はなに?

残念ながら、そのままではワインとの食べ合わせが悪い食べ物があります。ワインは味と香りを楽しむものですから、それらを妨げる個性の強い食材は基本的に合いません。

例えば、独特の臭いがある上に食感も粘りがある納豆、ぬめっとした舌触りと喉越しの生卵、青臭いキュウリがいま一つかもしれません。

ただし同じワインでもスパークリングワインなら炭酸のおかげで食べやすくなります。赤ワインと白ワインの魅力を併せ持ったロゼワインも同様です。

また刺身が白ワインと合うように、調味料を加えることで相性が良くなる食べ物もあります。

赤ワインと合わせるならコショウやオリーブオイル、白ワインなら醤油やマヨネーズなどを試してみましょう。

数の子だけはどうしても難易度が高いようですが、日本人の舌に合うよう造られた「日本ワイン」であれば日本酒と同じ感覚で楽しめるかもしれません。

まとめ

ワインと食べ合わせが良い食べ物を一緒に口にすると、ワインと食べ物が互いに引き立て合い、足りない味を補って一つに溶け合います。

赤ワインなら旨味と甘味、白ワインなら旨味と塩味を意識して食べ物を選んでみましょう。

もちろん食べ合わせには個人の好みがありますので、自分が美味しいと感じる食べ合わせも探せるといいですね。

◆リンク
サッポロビールのワイン情報
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/index.php

目次へ

RELATED POSTS関連記事
ワインが苦手な人でも楽しめる!ワインカクテル

2018.2.1

ワインを使ったカクテルを飲んでみましょう。ワインが苦手だという人やすぐに酔ってしまうから好きだけど飲まないといった人もいるのではないでしょうか。

肉料理に合うワインの選び方をご紹介します

2018.2.1

ワインとお肉料理を楽しみたいならこちら。どんなお肉料理にどんなワインが合うのかご存知ですか?牛肉料理に合うのはやはり赤ワイン。

ワインに合うチーズとは?ワインに合うチーズを使ったおつまみもご紹介

2018.2.1

ワインと相性がいいと言われているチーズ、でもワインの種類もチーズの種類もいっぱいあってどれを選べばいいかわからない!という人も多いのではないでしょうか。