ワインの一番美味しい飲み方は?

美味しい飲み方を知っていると、ワインの世界がますます魅力的になってきます。色と香り、そして味わいのバリエーションが豊富なワイン。ここでは、ワインを一番美味しくいただける飲み方をご紹介していきます。

ワインを買うときは何を参考にしますか?

ワインを味わうための飲み方は?

せっかくの味わいあるワインを楽しむためには、美味しい飲み方を知っておきたいものですよね。

まず知っておきたいのはマナー。ワインには飲み方のマナーがありますから、レストランなどでワインを頼む際には気をつけたいものです。

レストランでワインを注文すると、テイスティングを求められることがあります。これは「ホスト・テイスティング」と言って、注文したワインが間違っていないか、香りや味に異常がないかをそのテーブルの代表者(ホスト)に確認するためのもの。

デートであればエスコートしている男性が行います。好みの味かどうかを確認するものではないので、ワインに問題がなければ、「大丈夫です」、「これでお願いします」と伝えましょう。同席者の方にもワインが注がれます。

思っていた味と違うからという理由で交換してもらうのはマナー違反になります。
また頼んだワインは自分で注ぐのではなく、お店の人に注いでもらうのがマナーと覚えておきましょう。

ワインを買うときは何を参考にしますか?

ホストテイスティングを行う際のポイントや手順は、次のとおりです。

・ラベルを見る…銘柄やヴィンテージを確認する
・色を見る…グラスのふちに近い部分の液色を見る
・香りをかぐ…香りの異常を確認する
・味を見る…舌のうえで転がして確認する

色を見る際は、テーブルクロスなど白いものを背景にしてチェックすると失敗しません。グラスのステムやベース(脚や土台)を持ち、斜めに傾けて端のほうを見ます。

香りをかぐ際に、グラスから顔を遠ざけすぎないように注意してください。しっかりと鼻先に近づけ、グラスを回して香りが立ち上るようにすると、異常の有無が分かりやすくなります。

ワインの色や香りで気づかなくても、口に含んでみると異常な状態になっている場合があります。必ず口に含み、舌のうえで転がして違和感がないかチェックしましょう

あまりワインに詳しくなく、味が正常なのか自信が持てない時は、遠慮なくソムリエにお願いしましょう。レストラン側であらためてテイスティングしてくれます。

最初のラベルを確認する際に、どこを見れば良いのか分からないという方は、以下のページのラベルの読み方を参考にしてみてくださいね。

https://www.sapporobeer.jp/wine/wine_opener/article/wine_label/

ワインは口の中で転がす?美味しい飲み方

グラスに注がれたワインをすぐに飲んでしまっては、そのワインの良さを十分に味わうことはできません。

ワインの良さを存分に味わうためには、“色を確認する”、“ワインに空気を触れさせる“、“口の中で転がすように飲む”の3つを守ることが大切です。そうすることで、ワインを美味しくいただくことができますよ。

・色を確認する

ワインを買うときは何を参考にしますか?

照明の下で色を確認します。白いテーブルクロスを背景にするといいでしょう。

少し傾けながら、そのワインが持つ色合い、輝きや濃淡を楽しんでください。同じ赤ワインや白ワインでも、様々な表情があることが分かるはずです。どのような味わいや個性を持っているワインかを想像してみるといいですね。

・ワインに空気を触れさせる

ワインをグラスに注いだら、まずは静かに香りを味わってみましょう。どのような印象を受けるか?自分の感覚を大切にしてくださいね。

その後、ワイングラスを反時計回りに2、3回静かに回していきます。グラスを回すことによってワインと空気が接する面積が大きくなり、香りがふわっと広がります。また、味わいにもよりふくらみが感じられるでしょう。

最初の印象と変化するところが、ワインの楽しさでもありますよ。

・口の中で転がすように飲む

ワインを買うときは何を参考にしますか?

ワインの香りを確認したらワインを一口、口に含んで味わいます。口に含むワインの量として適量なのは舌をすべて包みこめるくらいです。

口に含んだワインはすぐに飲みこむのではなく、舌を使って口の中でワインを転がしてくださいね。そうすることで舌の表面だけでなく、舌の裏側や側面などを使ってワインを味わうことができるんですよ。

ワインを飲んだ後は、鼻から息を出すとワインの後味を楽しむことができます。ワインの持つコクや酸味、甘味、渋味など奥深い味わいを十分に楽しめるように、試してみて下さい。

ちなみに、ワインに空気を触れさせるために、ワイングラスを反時計回りに回すことを「スワリング」といいます。スワリングについての詳しい解説は、以下のページをご覧ください。

スワリングする意味や注意点、スワリングをせずに楽しむべきワインの種類もご紹介しています。
https://www.sapporobeer.jp/wine/wine_opener/article/how_to_turn_wine/

ワインを美味しく味わうための最適な温度

ワインを美味しく飲むために、ワインに最適な温度を意識しましょう。ワインは香りや深み、ミネラル感や酸味など数多くのニュアンスが複雑に絡み合った繊細な飲み物です。そのため、温度で味や香りの印象が大きく左右されてしまいます。

こちらでご紹介する温度の目安を参考に、一番美味しく感じられる温度でワインを楽しんでください。また、一部目安温度に当てはまらないワインも存在するため、ボトルのラベルに書かれている最適な温度をチェックすることをおすすめします。

ワインの温度の目安

ワインを買うときは何を参考にしますか?

ワインの温度の目安は、ワインの色やタイプによって大まかに分けることができます。あくまで目安のため、細かい温度が異なる場合もありますが、赤ワインが室温程度で、スパークリングワインはキンキンに冷やすのが基本です。

・赤ワイン…フルボディ16~18℃・ミディアムボディ13~16℃・ライトボディ10~12℃

赤ワインは、重めか軽めか、中間かで最適な温度が異なります。フルボディの重めのワインは16~18℃、ミディアムボディ(中間)は13~16℃、軽めのライトボディには10~12℃が最適です。

フルボディはタンニンの渋味がしっかり感じられるタイプですが、冷やしすぎると渋味をより強く感じやすくなります。常温に近い温度にすることで、タンニンの渋味がちょうど良い程度に和らげられ、まろやかな味わいが楽しめます。

ミディアムボディはタンニンの渋味とワインのフルーティさ、両方をバランス良く味わうのにおすすめです。フルボディより少し冷やすと、絶妙な渋味と果実味にまとまるでしょう。

ライトボディを冷やすときは、冷やしすぎに注意してください。ミディアムボディよりは低い温度で冷やすと、ワイン本来の味わいが楽しめます。

・白ワイン…辛口7~14℃・甘口5~8℃

白ワインはフルボディなどのボディ表記ではなく、辛口~甘口の表記で分類されています。冷やすときは、辛口よりも甘口のほうをしっかり冷やしましょう

また、ロゼワインも白ワインの辛口同様、以下の温度が適温です。

・ロゼワイン…7~14℃

白ワインは赤ワインよりも低めの温度にすることで、辛口をキリリと楽しめ、甘口をスッキリ味わうことができます。ロゼワインにも共通しますが、甘口のものほど冷やしたほうが、濃厚な甘さのものでもスッキリ飲み干せるようになります

・スパークリングワイン…5~8℃

せっかくの泡のシュワシュワ感を美味しく楽しめるよう、スパークリングワインはしっかりと冷やして飲みましょう。とくにスパークリングワインは瓶に厚みがあることも多いため、お店で直前によく冷えたものを購入するか、前日から時間をかけて冷やしておく必要があります

冷えていないワインを適温にしたり、冷やしたワインの適温を保つには、ワインクーラーが便利です。持ち運びに便利な1本用や電動式も販売されているため、目的や使う頻度に合わせて選んでください。

ワインクーラーについての詳細は、以下のページで解説しています。
https://www.sapporobeer.jp/wine/wine_opener/article/wine_cooler/

美味しく飲むためのワイングラスの選び方・持ち方

ワインを買うときは何を参考にしますか?

ワインをより味わうには、色合いや香りも楽しむことがポイントです。そのために必要なアイテムがワイングラスですが、実はワイングラスも、ワインのタイプに合わせて複数の種類があることをご存知でしょうか。

ワイングラスの種類は、以下のようなタイプがあげられます。グラスによって赤ワイン用、白ワイン用とあるため、よく飲む種類のワインに合わせて用意しましょう。

・ボルドー…赤ワイン用
・ブルゴーニュ…赤ワイン用
・万能型…白ワインにおすすめ
・モンラッシェ…白ワイン用
・フルート…スパークリングワイン用

ボルドーは、万能タイプなど他のワイングラスよりも大きめに作られています。カベルネ・ソーヴィニヨン種を主体とするブレンドワイン(ボルドーワイン)を味わうときに最適なグラス形状です。

ブルゴーニュは、グラスの中で飛びぬけてボウル部分(ワインを注ぐ部分)の丸みがあるのが特徴です。この形状によって、グラス内でブルゴーニュワインの芳醇な香りが広がり、留められています。ブルゴーニュワインでおなじみのピノ・ノワール種のブドウを使ったワインを飲むのにおすすめです。

万能型は幅広く活用できるグラスです。最適なグラス選びに迷ったら、汎用性の高いこちらの万能型を使いましょう。もちろん、白ワインを飲む際にも利用できます。

モンラッシェもブルゴーニュと同じく、ボウル部分が大きく丸みが特徴的なグラスです。環境によってさまざまな表情を見せる、シャルドネ種で造られたワインを楽しむときにおすすめのグラスです。

細身のフルートは、スパークリングワインを飲むための形状です。高さがあり、立ち上る細かな泡を視覚的にも楽しめるようになっているのが特徴的

ワイングラスの選び方

ワインを買うときは何を参考にしますか?

ワイングラスを選ぶ際は、飲み口の大きさをチェックしましょう。飲み口が大きいタイプは香りが広がりやすく、香りをしっかり楽しみたいワインには向いていません。グラス内に香りを留めてくれるのは、飲み口の小さいタイプです。

品種ごとにグラスを用意するのは、お金だけではなくスペースも必要となるため、慎重に購入を考えましょう。

初心者さんがワイングラスを購入する場合、第一歩としておすすめするのは万能型です。全種類揃えるのではなく、万能型で取り扱いを慣れてから、よく飲むワインに合うグラスを購入するのはいかがでしょうか。

ワイングラスの形状別の詳しい情報は、以下のページをご覧ください。
https://www.sapporobeer.jp/wine/wine_opener/article/wine_glass/

ワイングラスの持ち方

ワインを買うときは何を参考にしますか?

『ワイングラスの持ち方』で想像するのは、ステム(脚)部分を持ってグラスを回しながら香りを楽しむ姿ではないでしょうか。手の温度がワインに伝わるため、美味しく飲むにはステム部分を持つほうが良いとされているのが日本ですが、意外にもこれは世界的なマナーではありません。

海外では、ステム(脚)を持って飲むのは、テイスティングのときに行う方法です。食事やおつまみと一緒に楽しむシーンでは、ボウル(ワインが入っている部分)を持って飲む姿が一般的なマナーとなっています。

海外のワイン生産地でワインを楽しむ際は、この違いに注意して飲みましょう。現地の人と同じマナーで飲むと、より一層、周囲の空気とともにワインを味わうことができます。

他にもワイングラスの持ち方に関する豆知識や、その他の面白いマナーについては、以下のページでご紹介しています。ぜひチェックしてみてください。
https://www.sapporobeer.jp/wine/wine_opener/article/wine_glass_has_the_way/

まとめ

ワインの一番美味しい飲み方は、グラスからワインの色を楽しみ、グラスを回して香りを嗅ぎ、視覚と嗅覚を刺激した後に舌全体で味わうことです。

ただし、楽しみ方は自由!絶対に守らなければいけない決まりというものはないので、肩ひじはらず、紹介したやり方に1つからでも挑戦してみて下さい。自分なりの美味しい飲み方をマスターして、ワインを楽しみましょう!

目次へ

RELATED POSTS関連記事
ワインを素敵に飲むために押さえておきたいマナー

2018.2.1

この記事ではワインのボディについて紹介しています。ワインを飲んだことのある人だったら「フルボディ」「ライトボディ」などといった言葉を聞いたこともあるのではないでしょうか?

ワインを美味しく飲むための正しい温度とは?

2018.2.1

せっかくワインを飲むなら正しい飲み方、一番おいしい飲み方を知っておきましょう。ワインにはマナーがあります。レストランでワインを飲む際にはテイスティングを求められることがあるので知っておいた方が良いでしょう。

ワインの食べ合わせを知っておいしく飲もう

2018.2.1

ワインと素敵な食べ合わせはマリアージュという結婚という意味の素敵な言葉で表されます。実は赤ワインと白ワインであう食べ物は違うのをご存知ですか?