ワインにデカンタが必要な理由とデカンタージュの方法

レストランでワインを注文すると、ときどきソムリエから「デカンタージュ」をすすめられることがあります。デカンタージュの際に使うガラスの容器が「デカンタ」です。

このデカンタを使ったデカンタージュ、なぜワインに必要なのでしょうか?ワインにデカンタが必要な理由と、デカンタージュの方法を紹介します。 

ワインにデカンタが必要な理由とデカンタージュの方法

デカンタとは?デカンタージュの必要性について

デカンタは、ボトル入りのワインを移し替えるガラスの容器のことをいいます。そしてデカンタージュとは、ワインボトルからデカンタにワインを移し替えることを意味しています。

聞きなれない言葉に「何語だろう?」と疑問を感じる人もいるでしょう。デカンタ、デカンタージュはフランス語です。

デカンタの容量や形状に特に決まりはありませんが、ボトル1本分以上の容量が入るものがほとんどです。

デカンタが必要な理由

なぜわざわざボトルからデカンタにワインを移し替えるのでしょうか? 期待される5つの効果をご紹介します。
①古いワインから澱(おり)を取り除くため
②空気に触れさせ、香りを開花させるため
③空気に触れさせ、タンニンをまろやかにさせるため
④ワインの温度を適温に上昇させるため
⑤演出効果

若いワインにはあまりありませんが、成熟したワインの場合には、澱(おり)が瓶の底に沈んでいることがあります。澱は苦みがあるので、デカンタージュによって澱のない部分をデカンタに入れ、デカンタからグラスに注ぐことで澱がグラスに入るのを防ぐのです。

またデカンタージュをすると、たくさんの空気に触れることになります。これによって香りが引き立ち、複雑さと一体感が増すという効果があるのです。

カラフェとデカンタは何が違う?

ワインにデカンタが必要な理由とデカンタージュの方法

デカンタと同じようなものでカラフェがあります。こちらもデカンタのように利用されることもありますが、カラフェは英語でいうとピッチャー。

ワイン専用の容器ではなく、様々な飲み物に使われます。大きいサイズのものから、容量が小さいものもあります。お店でワインに使われる場合には、ボトルの半量を注いでハーフボトルとして提供されることが多くあります。

デカンタージュがおすすめのワインの特長

デカンタージュによってワインの香りや味に確かな変化が生まれますが、どのようなワインにも必要なわけではありません。デカンタージュによって味や香りが良くなるものがある一方で、逆に風味を損ねるワインもあります。

ここからは、デカンタージュすることでよりおいしく楽しめるワインとその特長を紹介します。

成熟したワイン

成熟した赤ワインやミネラルの豊富なヴィンテージ白ワインには、熟成の過程で生じる澱が含まれることがあります。澱のない部分のみをデカンタージュすることで、心地良いタンニンの味わいだけを残すことができます。赤ワインの渋みが苦手な方は、ソムリエにデカンタージュしてもらうと飲みやすくなるかもしれません。

若い赤ワイン

若い赤ワインはデカンタージュをほとんどしませんが、有効な場合もあります。若さからくる刺激が強い場合です。空気にたっぷり触れさせることで、若さからくる刺激がやわらぎ、ワインそのものの香りや味がより引き立ちます。

ワインにデカンタが必要な理由とデカンタージュの方法

デカンタージュに向いていないワインの特長

デカンタージュで覚えておきたいのが、デカンタに移さないほうがおいしいワインもたくさんあるということです。むやみやたらにデカンタージュすると、せっかくの味が損なわれてしまうことがあります。

白ワインとスパークリングワインは、低めの温度で心地良い酸味とフレッシュな果実味を楽しむことが多いため、基本的にデカンタージュはしません。

デカンタージュの方法とは

デカンタージュの基礎知識を覚えたら、実際に自分でデカンタージュしてみましょう。ここからはデカンタの使い方を紹介します。注意点として、澱があるワインをデカンタージュする場合は、1週間ほど前からワインボトルを立てて保管しておき、澱を瓶底に沈めておくようにしましょう。

コルクを引き抜きボトルの口を拭く

コルクの屑がボトルに入らないよう慎重にコルクを抜き、ワインボトルの口をふきましょう。デカンタにごみやほこりが入ってしまわないように注意してください。

利き手にワイン、反対の手にデカンタを持つ

利き手にワインボトル、反対の手にデカンタを持ってください。ワインボトルは下のほうを包むように、デカンタはくびれている細い部分を持ちましょう。

ワインもデカンタも傾ける

ワインとデカンタ、両方を傾けてゆっくりとワインをデカンタに注ぎます。

ライトに澱(おり)を照らして確認する

ボトルの下1cmほどの部分には澱が溜まっています。澱がデカンタに入らないよう慎重に、でも途中で止まることなく行いましょう。ボトルのネック部分を下からライトで照らして澱がないことを確認しながら、慎重に移し替えることをおすすめします。ライトは、懐中電灯でも電気スタンドでも大丈夫です。ポイントは、ライトとボトルのネック部分と自分の目が一直線になるようにすること。ソムリエでも気を使う部分ですので、ゆっくり慌てずデカンタージュしてください。

澱(おり)のないワインの時は?

若いワインの場合、澱がほとんどないワインもあるでしょう。若いワインのデカンタージュでは、澱を気にせず「たっぷり空気に触れさせる」ことに重点を置いてください。デカンタにワインボトルを立て、勢いよく注ぐと味や香りが開きます。

ワインにデカンタが必要な理由とデカンタージュの方法

まとめ

ワインをデカンタージュするソムリエの姿は、とても魅力的で美しいですよね。しかしデカンタージュはパフォーマンスではなく、ワインの味や香りをより良くするために行うものです。

いつもより良いヴィンテージの赤ワインを手に入れた時や、記念年のワインを手に入れた時には、ぜひデカンタージュに挑戦してみてください。

デカンタの容量や形状には様々なものがありますので、自宅でデカンタージュに挑戦したい方は好みのデカンタを探すところから始めてみましょう。

一方でデカンタージュは、デカンタがないと出来ないわけではありません。口の広いピッチャーが自宅にある方は、お手頃価格のワインでデカンタージュを試してみてはいかがでしょうか。味わいの変化を楽しんでみてくださいね。

目次へ

RELATED POSTS関連記事
赤ワインをもっとおいしく飲むための基礎知識

2018.2.1

ポリフェノールを多く含む赤ワイン。なぜ赤ワインがポリフェノールが豊富だと言われているかご存知でしょうか。

ワインの注ぎ方は難しくない。これだけ知っておけばあなたもソムリエ

2018.2.1

おもてなしをする時や、お家でパーティをするときなどゲストにワインを注ぐ機会があることもあるでしょう。そんなとき、かっこよくワインを注げるようにワインの注ぎ方とマナーを知っておくと急な機会にも安心です。

ワイングラスの正しい持ち方って?ワイングラスの基礎知識とマナーを身につけよう!

2018.2.1

ワイングラスの正しい持ち方を知っていますか?持ち方のほかにも、ワイングラスにはちょっとしたウンチクがたくさんあるんですよ。