ワインボトルの種類やサイズについて徹底解説

ワインボトルは形もサイズも様々です。一般的な750mlボトル以外にも、特長的なボトルが数多くあります。ここでは、知っているようで知らないワインボトルの種類やサイズについて徹底解説します!

ワインボトルの種類やサイズについて徹底解説

ワインボトルのサイズはどんなものがある?

まずはワインボトルのサイズとボルドーとシャンパンで異なる呼び名を紹介します。容量によって呼び名が変わるので少し難しいかもしれませんが、よく購入するサイズから覚えてみましょう。

ボルドー

ボルドー地方ではサイズごとに次のような呼称がついています。ボルドーの場合、なかなかブティユ以上のサイズのワインを購入することはないかもしれません。


ボルドー地方のボトル呼称とサイズ

ドゥミ・ブティユ

375ml(1/2本)

ブティユ

750ml(1本)

マグナム

1,500ml(2本)

ドゥブル・マグナム

3,000ml(4本)

ジェロボアム

4,500ml(6本)

アンペリアル

6,000ml(8本)

シャンパン

シャンパンのボトルはボルドーよりもサイズが豊富です。

シャンパンのボトル呼称とサイズ

カール

188ml(1/4本)

ドゥミ・ブティユ

375ml(1/2本)

ブティユ

750ml(1本)

マグナム

1,500ml(2本)

ジェロボアム

3,000ml(4本)

レオボアム

4,500ml(6本)

マチュザレム

6,000ml(8本)

サルマナザール

9,000ml(12本)

バルタザール

12,000ml(16本)

ナビュコドノゾール

15,000ml(20本)

ボルドーと比べてみると分かるとおり、ジェロボアムのようにボルドーとシャンパンで同じ呼び名でも容量が異なるものもあるので注意しましょう。

とてもめずらしい16本サイズのバルタザールはバビロニア最後の王の名前、さらに大きい20本サイズのナビュコドノゾールは、バビロン王の名前が由来です。さらにシャンパンのサイズは20種類以上あるといわれています。

このように、シャンパンのサイズはとても豊富です。様々なサイズのシャンパンを楽しみたい時には、「テタンジェ」がおすすめ。
http://www.sapporobeer.jp/wine/taittinger/

ワインボトルの種類やサイズについて徹底解説

ワインボトルの種類やサイズについて徹底解説

ノーベル賞晩餐会でも振る舞われたことがあるシャンパンですので、その味は折り紙付き。中でも、「ブリュット レゼルヴ」は375mlから15,000mlまであります。
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/MK15/index.html

 

大きいサイズのシャンパンは大人数の集まるパーティーや、親しい人への贈り物にも喜ばれること間違いなしです!大胆なプレゼントで思い出づくりにも役立つでしょう。

小さなサイズのものは、試飲感覚で自宅用に購入しても良いですし、プチギフトとしてちょっとした御礼の品にするのもおすすめです。

ワインボトルが750mlの理由とは?

ワインボトルの種類やサイズについて徹底解説

一般的にみるボトルはそのほとんどが750mlサイズのボトルです。考えてみると、どの産地のものでも750mlのボトルなのは不思議ですよね。どうしてワインボトルは750mlになったのか、その理由についてみていきましょう。

様々なワインボトル。容量は750ml?

ワインボトルの種類やサイズについて徹底解説

1本750mlというサイズは世界標準です。そのルーツはイギリスとフランスにあると言われています。

イギリスで使われている単位はリットルではなくガロンですが、1ガロンは4,500ml。1本を750ml、12本を1ダースとして出荷すると、ちょうど2ガロンとなり計算しやすかったそうです。

さらにボルドーでは、1樽の容量は225,000ml(225L)となっており、こちらも750mlにすると1樽300本。ワインを生産するフランスと、それを消費するイギリス、ワインの歴史と両者の関係から、ワインボトルは1本750mlとなったといわれています。

その他にも、ガラスボトルを作る際にガラス吹き職人が一吹きで作るちょうど良いサイズだったという説もあります。

ワインボトルの種類

1本750mlというサイズは世界共通ですが、ワインボトルの形は生産国によって様々です。ここからは、ワインボトルの種類についてみていきましょう。

・ボルドー型

ワインボトルといえばこの形が思い当たる方も多いでしょう。ボルドー型は、いかり肩の一般的な形です。

・ブルゴーニュ型

背が高くスリムな瓶はブルゴーニュ地方のブルゴーニュ型です。瓶は薄い緑色をしています。

・アルザス型

アルザス地方のボトルはかなりスリムなタイプ。背が高く深緑色のガラスが特徴です。

・ライン型/モーゼル型

ドイツのライン・モーゼル地方のボトルは細身で背が高く、ガラスは茶色または薄緑色となっています。

・ボックスボイテル型

ドイツのフランケン地方特有のボトルです。皮製のワイン袋の形を真似して造られたといわれています。

・シャンパン型

厚手のガラスで造られた、下部が少し膨らんだ形のボトルです。炭酸の圧に耐えられるようにデザインされています。

これらボトルのデザインに関しては、以下のページでも詳細をご紹介しております。
http://www.sapporobeer.jp/wine/wine_opener/article/bordeaux_burgundy_difference/


日本ワインの一般的なサイズとは

ワインボトルの種類やサイズについて徹底解説

国際標準は750mlですが、日本ワインの一般的なサイズは少し小さめの720mlとなっています。これは、日本ではなじみ深い日本酒の単位が1合180mlであることからきています。

ワインボトルと同じようなサイズの日本酒の瓶を見たことがありませんか?一升瓶よりも小さな四合瓶サイズは、ワインボトルとほぼ同じの720mlなのです。そのため日本ワインも720mlで販売していますが、今は国際標準の750mlに合わせる動きもあります。例えば日本ワイン「グランポレール」は主に750mlです。
日本ワインは国際的な評価も高まってきていますので、この先変化があるかもしれません。

まとめ

ボトルの種類やサイズの名称を知っておくことで、シーンに合わせたワイン選びに役立ちます。ボルドーとシャンパンでは同じサイズの名称でも容量が異なる場合があること、産地によってボトルの形が違うことも覚えておきましょう。

大人数で乾杯する時には大きなボトルを用意すると、パーティーも盛り上がりそうですよね!味だけではなく、様々なサイズのボトルでワインをもっと楽しんでくださいね♪

目次へ

RELATED POSTS関連記事
知っておきたいボルドーとブルゴーニュの違い

2018.5.25

フランスのボルドーとブルゴーニュは、世界中のワインファンから常に熱い視線が注がれるワインの2大名産地です。

ワインボトルの栓はどんな種類があるの?

2018.5.15

ワインに使われている栓の種類についてご紹介します。

ワイン初心者が知っておきたいワインの基礎知識

2018.3.31

「ワイン=難しい」と感じているワイン初心者さんに向けて、ぜひ知っていただきたいワインの基礎知識をご紹介します。