透明な色にくぎづけ。白ワインの洗練された魅力に迫る!

白ワインを美味しく飲むためには、何に気を付ければいいでしょうか。「冷やして飲む」「魚料理に合わせる」などは、どこかで聞いたことがあるかもしれません。

しかし、白ワインを美味しく飲むためのヒントは、まだまだたくさんあります!今回は、白ワインをどうしたら美味しく飲めるかご紹介します。

 

白ワインを美味しく飲むためには

白ワインと赤ワインの違い

白ワインと赤ワインの最大の違いといえば、液色の違いですが、これは使用するブドウの違いによるものです。

白ワインは黄緑色の皮がついた『白ブドウ』を使い、赤ワインは黒っぽい皮がついた『黒ブドウ』を使用し、造られます。ただし、中には甲州ブドウのように、赤みがかった皮色をしたブドウで作られる白ワインもあります。

液色に次いで大きな違いとしてあげられるのが、タンニン(ワインの渋味)の含有量です。赤ワインはタンニンを多く含み、白ワインはタンニンをわずかにしか含んでいません。

ワインのタンニンは果実の皮や種に含まれるものが由来なのですが、白ワインは果汁を絞る際に、皮や種を取り除いて製造します。一方、赤ワインは真っ黒な皮と種も一緒に果汁を絞り、発酵させるため、液色は赤く、タンニンもたっぷり含まれたワインとなります。

このように、原料や製造方法の違いによって赤ワインと白ワインには違いが生まれます。より詳しい情報は、以下のページでご紹介しています。
https://www.sapporobeer.jp/wine/wine_opener/article/red_wine_white_wine_difference/

白ワインの種類

白ワインを美味しく飲むためには

白ワインの種類を知るときに一番わかりやすいのはブドウ品種を知ることです。これだけは覚えておきたい4つのブドウ品種をご紹介します。

・シャルドネ種

代表的な産地はフランスのブルゴーニュ地方、チリ、オーストラリア、アメリカです。涼しい産地ではリンゴや白い花、暖かい産地ではパイナップルやバターのような香りが特長的。世界中で造られている一番人気と言っても過言はないブドウ品種です。

・ソーヴィニヨン・ブラン種

代表的な産地はフランスのボルドー地方とロワール地方、オーストラリア、チリです。かんきつ系や草原のような爽やかな香りを持ちます。特にニュージーランド産のものはパッションフルーツの香りがあり人気があります。

・リースリング種

代表的な産地はドイツ、オーストリア、オーストラリアです。比較的涼しい地域で造られます。リンゴのような爽やかな香りがあり、甘口から辛口までバリエーションが豊かに造られています。

・甲州

日本ならではのブドウ品種で、山梨県産が特に有名です。近年、国際的な注目が高まり日本国内でも人気急上昇中。皮はグレーがかった薄いピンク色をしており、香りはかんきつ系の爽やかなものです。

ワインに使用されるブドウ品種について、さらに詳しい説明は、以下のページをご覧ください。
https://www.sapporobeer.jp/wine/wine_opener/article/wine_grape_varieties/

初心者でもわかる白ワインの選び方

白ワインの美味しい飲み方

星の数ほどある白ワインですが、何を基準に選んだらいいでしょうか。選び方にはコツがあります。

・料理に合わせる

白ワインに魚というのも間違いではありませんが、素材よりも重要なポイントがあります。それは、ワインと料理の味の仲間探しをすることです。

素材が魚といっても「カルパッチョ」と「バターソースのかかったソテー」とでは料理の味は全く違ったものです。

カルパッチョに酸味の効いたバルサミコソースがかかっていれば、酸味の効いた爽やか系白ワインを。バターソースの料理であればナッツやバターを思わせるようなこってり系白ワインを合わせてみましょう。

共通の味を見つけて、ワインと料理を握手させるイメージです。

・甘口、辛口を基準で考える

料理とワインの味の共通点を探すことに似ています。ワインが辛口であれば、いわゆる食卓にあがる料理に合わせることは可能でしょう。甘口であれば、甘みのある料理やお菓子に合わせたいものです。

しかしあえて異なる味わいを組み合わせる例もあります。例えば塩っ気の効いた料理やチーズに甘口のワインを合わせるなどです。ワインの甘みと塩っ気が口の中で交わって、甘美なハーモニーを生み出します。

・自分好みを見つけてみよう

このようにワインと味の選び方はさまざまな説がありますが、まずはどんどん合わせてみましょう

基本的な選び方をしてみて合わないようであれば、今度はもっと爽やか系のワインにする、もしくは料理の味付けを変えてみる(その場で塩を振ってみるなど)微調整をしてみましょう。自分の好みが見つかりますよ。

白ワインの美味しい飲み方とは?

透明な色にくぎづけ。白ワインの洗練された魅力に迫る!

白ワインを美味しく飲むためのヒントをご紹介します。一手間かけるだけで美味しさがぐっと変わります。

・白ワインは冷やすもの?

白ワインは冷やして飲むもの、と聞いたことはないでしょうか。これは正解でもあり間違いでもあります。正しくは「適温に白ワインを冷やす」です。

・温度を適温にしてみる

ワインにとって温度はとても大事です。特に白ワインのもつ酸味は温度によって活躍度がぐっと変わってきます。低い温度であれば酸が引き締まり美味しくいただくことができます。

ただし冷やしすぎると味全体がぼやけて感じられにくくなります。味別の適温の目安は次の通りです。

●甘口白ワイン 5~8℃
●辛口白ワイン 7~12℃
●コクのある辛口白ワイン 10~14℃

おすすめの冷やし方は、氷水を入れたワインクーラーにボトルの首まで漬け込むことです。冷やす時間の目安としては「1分で1度下がる」と覚えましょう。

25℃の部屋で10℃まで下げたければ、待ち時間は約15分です。もちろん冷蔵庫で冷やしても大丈夫ですが、ワインクーラーを使うと分かりやすいのでおすすめです。

・グラスを変えてみる

100円均一ショップから高級ワイン専用ブランドまで、いたるところでワイングラスを買えますが、とにかくおすすめなのは「薄めのグラスを使うこと」です。

あまり厚手であるとワインの繊細な味がわかりにくくなります。また赤ワイン用のグラスより小ぶりのものが良いでしょう。温度で味が変わりやすいので、小さめでこまめに冷えた白ワインを飲むことができます。

白ワインに合うおすすめの料理

透明な色にくぎづけ。白ワインの洗練された魅力に迫る!

土壌、気候、産地、醸造方法など、ワインの味わいを決める要素は複数あります。料理と合わせて楽しみたいときに困るのが、「どのワインを選べばこの料理に合うのか?」ではないでしょうか。

ここでは、ワインと料理をマッチさせる方法のひとつ。『ブドウ品種』を目安に料理の系統を選ぶコツをご紹介します!

白ワインの定番といえるシャルドネ種は、生産地や醸造方法によって、味わいや印象が大きく変わる面白味を持った品種です。

白ワインを代表する品種なだけあり、様々な料理と合わせることができます。ここでは豆の甘さにコクのあるチーズをたっぷり添えたグリーンサラダをご紹介します。

・エメラルドサラダ

透明な色にくぎづけ。白ワインの洗練された魅力に迫る!

https://www.sapporobeer.jp/wine/wine_opener/article/broad_bean_x_white_wine/
こちらのページで詳しいレシピをご紹介中のエメラルドサラダなら、栄養も満点です!

爽やかでどこか青々しささえ感じるソーヴィニヨン・ブラン種。その爽やかな味わいと香りは、シーフードサラダや素材の味と香りを大事にするお料理にぴったり。

・初がつおとグレープフルーツのサラダ

透明な色にくぎづけ。白ワインの洗練された魅力に迫る!

https://www.sapporobeer.jp/feature/recipe/0000001428/

上記のページで解説している初がつおを使ったサラダは、グレープフルーツの酸味も相まってワインとの相性抜群です。

キリリとした酸味が楽しめるリースリング種は、天ぷらや魚料理をすっきりと味わうのにおすすめです。

やや甘口タイプの他、辛口も醸造されており、辛さ控え目の中華料理・タイ料理を食べたいときにもおすすめです。

・えびとアスパラガスの塩炒め

透明な色にくぎづけ。白ワインの洗練された魅力に迫る!

https://www.sapporobeer.jp/feature/recipe/0000001264/

あっさりとした味付けと、しっかり感じられる酸味のマリアージュが心地よいこちらの料理は、上記のページでレシピと詳細をご紹介しています。

日本古来の品種である、甲州種は、やはり主張しすぎない和食と合わせたいところ。白身魚の刺身や寿司など生魚の定番料理の他、野菜の天ぷらにもぴったり。天ぷらは塩をつけて楽しむと、よりワインと合います。

・春野菜のてんぷら

透明な色にくぎづけ。白ワインの洗練された魅力に迫る!

https://www.sapporobeer.jp/feature/recipe/0000001312/

さっぱり食べたいヘルシー志向の方へ、上記のページでご紹介しているレシピがおすすめです。

おすすめの白ワイン

透明な色にくぎづけ。白ワインの洗練された魅力に迫る!

おすすめの白ワインを、『旧世界』と『新世界』に分けてご紹介します。

産地や味わいの他、品種(シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、リースリング、甲州)も記載しているので、ぜひワイン選びや飲み比べの参考にしてみてください。

旧世界

ヨーロッパを中心に広がる旧世界のワイン文化は、厳格な産地表記のルールや各地の伝統がワインの魅力を一層ひきたてます。

そんな旧世界でおすすめの白ワインは、以下の2本です。

透明な色にくぎづけ。白ワインの洗練された魅力に迫る!

・コドーニュ ヌヴィアナ・シャルドネ(参考小売価格:税抜990円)

産地:スペイン
品種:シャルドネ種
味わい:辛口

手頃な価格ながら、ピーチなど濃厚なフルーツの香りに、フレッシュさと厚みのある複雑な味わいが楽しめる白ワインです。

パエリアやピラフなどライス系はもちろん、あっさりした味付けの魚介料理にも合う、まさに「スペインを楽しむための1本」に仕上がっています。


購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo Yahoo!ショッピングはこちら

WINE MARKET PARTY


透明な色にくぎづけ。白ワインの洗練された魅力に迫る!

・ドメーヌ・タリケ タリケ ソーヴィニヨン(参考小売価格:税抜1,200円)

産地:フランス
品種:ソーヴィニヨン・ブラン種
味わい:辛口

最初のインパクトは力強さを感じるも、最後には繊細な花の香りが余韻を残す、 多様性を秘めた味わいです。

圧倒的なフレッシュさのなかにミネラル感もあり、牡蠣やタルタルなどクリーミーな料理にも合えば、カニサラダやカルパッチョといったあっさり系にも合います。


購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo Yahoo!ショッピングはこちら

WINE MARKET PARTY


新世界

日本も属する新世界は、歴史が浅いながらも、土地ごとの特徴と旧世界由来の伝統的製法の組み合わせが、独特の上質なワインを作り出しています。

代表的なアメリカのワインと、日本が誇るワインをご紹介します。

透明な色にくぎづけ。白ワインの洗練された魅力に迫る!

・ツーヴァインズ・リースリング(参考小売価格:税抜1,600円)

産地:アメリカ
品種:リースリング種
味わい:やや甘口

白い花の繊細な香りの中に、アプリコットや洋ナシ、ピーチの濃厚さとライムのフレッシュさが折り重なる、爽やかな酸味が特長のワインです。どこかハチミツの優しい甘さも感じられます。

タイ料理などのエスニックな味わいを堪能したいときにも、サーモンのグリルなどシンプルに素材の味を楽しみたいときにも最適な1本です。


購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo Yahoo!ショッピングはこちら

WINE MARKET PARTY


透明な色にくぎづけ。白ワインの洗練された魅力に迫る!

・グランポレール 甲州辛口(参考小売価格:税抜1,800円)

産地:日本
品種:甲州種
味わい:辛口

甲州種らしい繊細さに、伝統の製法でコクとキレを加えたのが、 こちらのグランポレール 甲州辛口です。低温でじっくり引き出された ブドウの果実味も、しっかり感じられます。

合わせるなら、やはり和食がおすすめです。白身魚の刺身や寿司、塩で味わう天ぷらなど、あっさりとした素材の味を楽しむ料理にぴったりです。


購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo Yahoo!ショッピングはこちら

WINE MARKET PARTY


※ワインについては、記事掲載時点での情報です。

まとめ

白ワインは原料となるブドウ品種と、甘口辛口の仕上げ方で異なるテイストのものが造られています。

自分の好みの白ワインを見つけて友達と語り合ったり、自分だけの美味しい飲み方を見つけるのもまた、すてきなワインの楽しみ方ですね。

おすすめの白ワインの購入はこちら


購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo Yahoo!ショッピングはこちら

WINE MARKET PARTY


目次へ

RELATED POSTS関連記事
ワインは冷やして飲んだ方が美味しいのか

2018.2.1

せっかくワインを飲むなら、一番おいしいと言われる方法で味わいたいですよね。白ワインは冷やす、赤ワインは常温というのはよく知られていますが、どのくらいの温度が最適なのでしょうか。

ドイツワインの魅力とは?ドイツワインの特長やおすすめ銘柄をご紹介!

2018.2.1

ドイツといえばビール!ですが、実はドイツではワイン造りも盛んに行われています。上品な味わいが特長のドイツワインは白ワインが多く、国外に流通しているのは主に甘口のワインです。

ニュージーランドワインの人気が急上昇!歴史や特長からその魅力に迫る!

2018.2.1

まだまだ歴史の浅いニュージランドワインですが、品質はどこにも負けません。甘口の白ワインがニュージランドの代表作ですが、もちろん白ワインだけでなく、赤ワインも造っています。