ソムリエナイフの基本的な選び方

ワイン好きならマスターしておきたいのが、ソムリエナイフの使い方ですよね。 サッと慣れた手つきで使えたら、仲間からも上司からも一目置かれること間違いなし!飲めるワインの幅も広がるので、いろんなワインを試したい方にもソムリエナイフはおすすめのアイテムです。 ここでは、ソムリエナイフの基本的な使い方とともに、選び方のコツもご紹介します!

ソムリエナイフの基本的な選び方

ソムリエナイフはどう使う?

ソムリエナイフは、コルク栓のスティルワインを開封するのに用いられます。近年は価格を問わず、手軽に開封できるスクリューキャップが増えてきましたが、まだまだコルク栓も現役。

特にヴィンテージもののワインに興味がある方は、ソムリエナイフの使い方をぜひともマスターしておきたいところです。

使い方

ソムリエナイフは、一見すると使いこなすことが難しそうに思えるかもしれません。しかし、実際はちょっとしたコツさえ身につければ、誰でも簡単に使えるようになります。

まずはソムリエナイフの形状を知っておきましょう。ソムリエナイフは以下の3つのパーツで成り立っています。

・スクリュー:らせん状の形をしたもの
・ナイフ:ワインの瓶口についているキャップシールを外すためのもの
・フック:瓶口に引っ掛けるときに使うもの

この3つのパーツを使って、ワインの瓶についているキャップシールを外してコルクを抜いていきます。

ソムリエナイフの使い方は以下の通りです。

ボトルの出っ張り部分の下にナイフを使って切り込みを入れます

ソムリエナイフの基本的な選び方

ぐるりと一周して切れ目を入れましょう

ソムリエナイフの基本的な選び方

一周したら、上に向かってキャップシールに切れ込みを入れます

ソムリエナイフの基本的な選び方

切り込みからキャップシールをはがしましょう

ソムリエナイフの基本的な選び方

斜めからスクリューを入れます

ソムリエナイフの基本的な選び方

スクリューをコルクの中心に差し込み、まっすぐになるように立てます

ソムリエナイフの基本的な選び方

5.まっすぐに立てたら、くるくると回していきます

ソムリエナイフの基本的な選び方

6.ボトルの瓶口にフックを引っかけます

ソムリエナイフの基本的な選び方

7.手前から奥へ押し出すように持ち上げます

ソムリエナイフの基本的な選び方

フックの下を引っかけて上げていきましょう

ソムリエナイフの基本的な選び方

8.最後は残りのコルクの部分をそっと外します

ソムリエナイフの基本的な選び方

これで簡単にコルクが抜けました

ソムリエナイフの基本的な選び方

基本的な流れは、この8ステップです。

T字型のスクリューのみのワインオープナーと違い、フックをかけてコルクを引き抜くため、ソムリエナイフのほうが使いやすいと感じる人も少なくありません。

ポイントは、コルクの中心にスクリューをある程度差し込んだ後、ボトルに対して垂直になるように整えること。斜めに刺さったままでは、テコの原理を活かした開封ができません。


ソムリエナイフの選び方

ソムリエナイフの基本的な選び方

ソムリエナイフには、さまざまな種類が存在します。初心者さん向けのもの・慣れてきた方向けのもの、材質や形状など選択肢はいくつもあるため、購入の際は迷ってしまうかもしれませんね。

選び方の目安として、ソムリエナイフの種類・材質・使い勝手の3つのポイントをご紹介します!ぜひソムリエナイフ購入の参考にしてください。

ソムリエナイフの種類

ソムリエナイフを大きく分けると、『シングルアクション』と『ダブルアクション』の2タイプです。違いはフックの数で、フックが2つ付いているダブルアクションのほうが、初心者さんにおすすめです。

フックが1か所にしか付いていないシングルアクションは、長いコルクを抜く際にコツが必要になるため、慣れた頃に挑戦しましょう。

材質

材質は、スチールステンレスの2タイプ。スチールは重量があり、錆びやすい性質のため、お手入れを入念に行う必要があります。

錆びにくいソムリエナイフをご希望なら、ステンレス製のものを選びましょう。軽くてさびにくいため、扱いやすく、多くの高級ブランドがステンレス製を採用しています。

オール金属のものもあれば、ハンドル部分に木が取り付けられているものも存在します。

使い勝手

ソムリエナイフ初心者さんには、使い勝手が何より重要です。たとえば、ハンドル部分の厚みなどは使い勝手の悪いものを選んでしまうと、手を痛めてしまいます。

・ハンドルの厚さ
・スクリューの形状
・ナイフの長さ
・利き手の違い

基本は、これらのポイントをおさえて選ぶこと。ハンドルはある程度の厚みがあったほうが、コルクを引き抜く際に手を痛めずに済みます。

オール金属でできているタイプよりも、ハンドル部分に木が取り付けられた、厚みのあるタイプを選びましょう。木の優しい質感が、手の負担を軽減してくれます。

スクリューは、高級ワインのようにコルクの長いものも開けられるよう、長めのものが無難です。テフロン加工されたものや溝の入ったスクリューはコルクにすんなり刺し込めるため、これらの加工が施されたソムリエナイフがおすすめです。

キャップシールに切り込むナイフは、長めのほうが使いやすく、動きもスマートに決まります。ナイフの長さの目安としては、指(第二関節部分あたり)の太さ2本分が最適です。

ちなみに、左利きの方はレフトハンドタイプも検討してみてはいかがでしょうか。左利き用のものはスクリューの向きが逆になっており、使いやすくなっています。

中には、あえて右利き用のソムリエナイフを使用している左利きの方もいるので、最終的に好みや使いやすさで選んでみてください。


おすすめのソムリエナイフ

ソムリエナイフの基本的な選び方

「基本的な選び方は分かったけど、それでも選択肢が多すぎて、どれが良いのか分からない!」という方へ、おすすめのソムリエナイフをピックアップしました。

ハンドル部分にちょっとした装飾が入ったものや、木の部分のカラーバリエーションが豊富なものもあります。こちらのおすすめを参考に、お気に入りのソムリエナイフを見つけてくださいね。

【ダブルアクション】

●プルテックス プルタップス エボリューション ブラック  ¥3,600(税抜)
PULLTEX PULLTAP'S EVOLUTION BLACK

ソムリエナイフの基本的な選び方

http://www.partywine.com/shopdetail/000000012824

初心者から世界中のワイン愛好家たちに愛用されている、ダブルレバー方式のソムリエナイフです。

フックとフォイルカッター部分が使いやすいように作られているため、2度抜きすることなく、指への負担を最小限にしてコルクを抜くことができます。

 

【シングルアクション】

アスロ ソムリエナイフ シルバー

ソムリエナイフの基本的な選び方

http://www.partywine.com/shopdetail/000000012861/ct419

一見するとシンプルなオール金属タイプに見えますが、実は部位によって使用されている金属が異なっています。

ハンドル部分は軽量化を意識してアルミ材を使用し、実用性重視の構造部分には、丈夫なステンレス材を採用。

人間工学に基づき、各所にカーブをはじめとした加工を施すことで、シンプルな見た目ながら使い勝手の良い一本に仕上がっています。日本製にこだわりたい方にも、おすすめです。

 

アスロ ソムリエナイフ 黒檀

ソムリエナイフの基本的な選び方

http://www.partywine.com/shopdetail/000000012889/ct419

こちらも人間工学に基づいた加工で、手にしっかりフィットします。

ハンドル部分には、重厚さを感じさせる天然の黒檀を使用。ほど良い重量感と硬さが、コルクを引き抜くための力をしっかりスクリューへ伝えてくれます。

プラスチックの安っぽいハンドルや、オール金属の無機質なハンドルはちょっと…、という方にぴったりの、温かみのあるデザインです。もちろん、こちらも安心の日本製です。

まとめ

ソムリエナイフの使い方を覚えておくと、コルク栓タイプのスティルワインを気軽に楽しめるようになります。ヴィンテージものなど飲めるワインの幅を拡げたい方は、ぜひソムリエナイフをマスターしてみてください。

近年はデザイン性の高いものや、栓抜きつきなど多機能タイプも発売しています。いろいろ試してみて、自分にぴったりのソムリエナイフを見つけてくださいね!

目次へ

RELATED POSTS関連記事
ワインのスマートな開け方とは?道具なしで開ける方法も解説します

2018.2.1

ワインを開けるのって難しいと思っていませんか?コルクが上手に抜けなかったり、途中で失敗したり、、実はコルク抜きにはコツがありました。