スキンコンタクトって何?独特の製法と最近注目を集めるオレンジワインをご紹介

「オレンジワイン」という言葉、最近耳にしたことはありませんか?オレンジのフレーバーなのか、それともオレンジで造られたワインなのかと思いますよね。実はこのオレンジワイン、スキンコンタクトという製法を用いて造られたワインの1つなのです。今回は、スキンコンタクトがどういった製法なのか、またその製法で造られるワインの特長について紹介します。

スキンコンタクトって何?独特の製法と最近注目を集めるオレンジワインをご紹介

白ワイン造りで用いられるスキンコンタクトとは?

スキンコンタクトとはどのような製法でしょうか。簡単にいうと、赤ワインの工程で白ワインを造ること。使うのは白ワイン用のブドウです。

通常、白ワインを造る時にはブドウの皮を取り除き、果汁だけで発酵させます。ところがスキンコンタクトでは、赤ワインと同様に果汁に皮を浸します。2~24時間程度経つと、白ワインとも赤ワインとも異なる複雑な風味がついてきます。ブドウは皮や種にそのブドウらしい味わいをもっているので、スキンコンタクトで造った白ワインは個性的な味や香りをもち複雑味が増します。
スキンコンタクトでは、白ワイン用のブドウを使うので、スキンコンタクトをしていないワインと比べて色はほとんど変わりません。

それではまず、オレンジワインではない、スキンコンタクトをした白ワインを2つ紹介します。

 

スキンコンタクトって何?独特の製法と最近注目を集めるオレンジワインをご紹介

スキンコンタクトって何?独特の製法と最近注目を集めるオレンジワインをご紹介

・シャトー・レイノン〈白〉(参考小売価格:2,800円)
ソーヴィニヨン・ブラン種とセミヨン種を使用したフランスのシャトー・ワインです。軽い樽の香りとトロピカルフルーツを想わせるエレガントな香り、適度な酸とタンニンの洗練された味わいのワインです。魚介のムニエルとお試しください。
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/H944/index.html

 

 

スキンコンタクトって何?独特の製法と最近注目を集めるオレンジワインをご紹介

・グランポレール 北海道ミュラートゥルガウ(参考小売価格:1,500円)
北海道小樽産のミュラートゥルガウ種を100%使用したワインです。甘めのテイストでの飲み頃温度は5~7度。さわやかな味わいが特長です。北海道の名産品、チーズやポテトと好相性。
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/MF48/index.html

スキンコンタクトで造られるオレンジワイン

スキンコンタクトって何?独特の製法と最近注目を集めるオレンジワインをご紹介

ここからいよいよ、スキンコンタクトで造られるワインの1つ、オレンジワインについてみていきましょう。

オレンジワインとは

オレンジワインが生まれたのは、ワイン発祥の地といわれるジョージアです。古くからワインが造られている地で生まれたオレンジワインは、現在世界的に流行の兆しがあります。白ワインのさわやかさと赤ワインのコクを合わせもったような複雑な味わいと香りは、多くの人を惹きつけています。

オレンジワインはその名前のとおり、見た目がオレンジ色をした白ワインです。実際、果実のオレンジは一切使用されておらず、スキンコンタクトの製法を用いて、オレンジワイン特有の濃い色味を造りだしています。

ただ、スキンコンタクトの製法を用いて造られる白ワインが、全てオレンジワインというわけではありません。通常のスキンコンタクトであれば、白ブドウの果汁に皮を2~24時間程度浸しますが、オレンジワインは、より浸す期間を長くし、果汁や皮の色を濃くすることでできあがるのです。

オレンジワインの味わい

スキンコンタクトが用いられていることもあり、赤ワインに似たタンニンとコクがあります。また、オレンジワイン独特の色味からか、オレンジピールのような味わいと、はちみつのような風味が特長です。

オレンジワインに合う食材とは?

スキンコンタクトって何?独特の製法と最近注目を集めるオレンジワインをご紹介

スキンコンタクトで造られたオレンジワインは、食中酒として料理と一緒に楽しむことができます。白ワインのさわやかさと軽めの赤ワインに匹敵するコクがあるので、前菜からお魚、お肉料理まで1本で対応できちゃうワインです。トマトや魚介を使ったイタリアンやスパイシーなアジアのお料理とも相性抜群。

オレンジワインとのマリアージュをぜひ楽しんでみてくださいね。ワインのおいしさに、思わず食べ過ぎちゃうかもしれませんね!


まとめ

通常の白ワインの製造方法ではなく、白ワイン用のブドウを使用して赤ワインの製造方法を用いるスキンコンタクト。できあがる白ワインも、白ブドウの個性を強く感じさせる香りや味わいとなります。

また、スキンコンタクトの製法を用いて造られるワインの1つ、オレンジワインは、複雑な香味をもち、食事中に飲む食中酒にも最適です。ハーブや香辛料で味付けした魚や鶏胸肉に、オレンジワインを合わせてみてください。普段食事と合わせて飲む白ワインとはまた違ったマリアージュが楽しめますよ!

目次へ

RELATED POSTS関連記事
数々のワインコンクールで賞を獲得!世界に誇る日本のプレミアムワイン「グランポレール」とは?

2018.3.12

日本の風土を活かした世界に誇る日本のプレミアムワイン・グランポレール。ぜひあなたもグランポレールの魅力を知って、その味を楽しんでくださいね!

製法を知ってワインをよりおいしく

2018.2.1

ワインをもっと詳しくなりたい!そう感じている方はワインの製法についても学んでみると良いでしょう。赤ワイン、白ワイン、ロゼワイン、スパークリングワイン。

白ワインに使われるブドウで有名な品種は何?

2018.2.1

白ワイン初心者。せっかくなら有名な白ワインを飲んでみたいですよね。これぞ!というブドウ品種を抑えておきましょう。