シラーズのワイン入門。産地・特長をご紹介

ポリフェノールが多く含まれていることから、美容や健康のため好む人が多い赤ワイン。赤ワインにもいろいろな種類がありますが、選ぶワインのブドウ品種によって香り・味わいは大きく異なります。 ここでは、ブドウ品種の中でもシラーズ種のワインの特長と相性のいい料理について解説しますので、ワイン選びの参考にしてみてくださいね。

シラーズのワイン入門。産地・特長をご紹介

シラーズのワインはどんなワイン?

赤ワインに用いられるブドウの中でも、代表的な品種のひとつがシラーズ種です。シラーズ種と聞いた時に、シラー種ではないの?と思われた方もいるかもしれません。よく似た品種名で、違いについて気になりますよね。

■シラーズとシラーの違い

混乱を招くことが多いシラーズ種(SHIRAZ)とシラー種(SYRAH)ですが、両者は基本的には同一品種です。

シラーズ種というのは、主にオーストラリアでの呼び方。原産地のフランスではシラー種と呼ばれています。

オーストラリアにシラー種が持ち込まれたのは19世紀前半。それから現在に至るまで、すでに200年近く経っていますから、いくら同一品種とはいえ、オーストラリアのシラーズ種が土地や気候に合わせて変化してきたことは否定できません。

■シラーズ(シラー)の基本情報

シラーズ種(シラー種)は、栽培面積が世界で第6位と近年人気が高まっているブドウ品種です。単一品種でも、その他のブドウとブレンドしても美味しくいただける品種であることが人気の理由のひとつといえるでしょう。

シラーズのワイン入門。産地・特長をご紹介

また、シラーズ種はブドウの品種の中でも耐性が強いため、さまざまな気候条件のもとでも栽培が可能です。これもシラーズ種の人気が高まっている理由のひとつです。

シラーズ種のワインは、黒胡椒のようなスパイシーな味わいが特長。ラズベリー、ブラックチェリーなど果実の風味と、香辛料やなめし皮とも表現される野性的な香りがあります。また、色が濃く、アルコール度も高めの骨格がしっかりとしたワインに仕上がります。スパイシーで個性的ではありますが、なめらかな渋みで上品さも併せ持つワインに仕上がります。

フランスのローヌ地方では、シラー種に少し白ブドウを混ぜることで、花の香りのするフローラルなワインを造ってきました。近年ではこの製法がオーストラリアでも取り入れられるようになってきています。

シラーとシラーズの産地

シラーズのワイン入門。産地・特長をご紹介

シラーズ種、もしくはシラー種の代表的な産地は、フランスとオーストラリアです。ほかにもアメリカ合衆国やチリ、アルゼンチン、ニュージーランド、イタリアといった国々でも栽培されています。

シラーズ種でつくられたワインは、産地によって異なる特長を生み出します。ここでは、2大産地であるフランスとオーストラリアのシラーズ種の特長をご紹介します。

■フランス(シラー種)

フランスのシラー種は、ローヌ地方が原産地です。近年の遺伝子解析により、ピノ・ノワールの品種から作られたとも言われています。シラー種のブドウがつくられる土地は、ローヌ地方北部の岩だらけの急斜面。夏は暑く、冬は寒い気候条件の厳しい中で栽培されます。

ローヌ地方で栽培されたシラー種からつくられたワインは、黒胡椒の風味が強く表れるパワフルなワイン。タンニンが多くスパイシーであるけれども上品でエレガントという繊細な仕上がりになります。プラムやオリーブの香りが特長的です。

■オーストラリア(シラーズ種)

オーストラリアのシラーズ種は、温暖な気候の下で栽培されます。そのため、厳しい気候条件の下で栽培されたフランス・ローヌ地方のシラー種と違って、熟した果実の味わいが前面に出るワインがつくられます。また、なめらかなタンニンが特長です。ブルーベリーやブラックベリーのような甘みのある香りがします。

シラーとシラーズのおすすめワインと相性の良い料理

シラー種、またシラーズ種のワインをお試ししたいという方に、おすすめのワインをご紹介します。どんな料理と合わせたらいいのか、相性の良い料理を併せてお伝えしますので、参考にしてみてくださいね。

シラーズのワイン入門。産地・特長をご紹介

■ヴィナディス ラ・キュベ・ミティーク(フランス・シラー) 参考小売価格:1,800円

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/H930/index.html

フランス産のシラー種とグルナッシュ種、カリニャン種をブレンドしてつくられた1本。ルビーレッドのような美しい色合いが特長です。シラー種のワイン特有の胡椒のようなスパイシーな香りとベリー系の果実の香りが絡み合って、絶妙な味わいを楽しめます。口当たりもまろやかで、飲みやすいワインです。

カマンベールチーズやうなぎの蒲焼き、すき焼きなどによく合います。

シラーズのワイン入門。産地・特長をご紹介

シラーズのワイン入門。産地・特長をご紹介

■[イエローテイル]シラーズ(オーストラリア・シラーズ)参考小売価格:1,007円

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/L220/index.html

シラーズ初心者の方におすすめの1本。オーストラリア産のシラーズ種のみを使ってつくられた赤ワイン。完熟した果実のみを収穫してつくられたこだわりのワインは、豊かな香りと味わいが特長。ベリーとバニラを感じさせるアロマの香りとフルーティな味わいが、見事に調和しています。

バーベキューにぴったりの1本です。お肉を豪快に焼いて、一緒に楽しんでください。

シラーズのワイン入門。産地・特長をご紹介

シラーズのワイン入門。産地・特長をご紹介

■ペンフォールズ マックス・シラーズ(オーストラリア・シラーズ)参考小売価格:4,000円

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/LJ10/index.html

 

オーストラリア最高峰のワインメーカーであるペンフォールズによるシラーズ種のみでつくられた赤ワイン。温暖な気候オーストラリア産のシラーズ種特有の果実味の中に、焙煎したコーヒーとチョコレートのような香りが感じられます。オーストラリアのシラーズの魅力を感じられる1本です。

合わせるなら、オーストラリア産のワインらしく子羊の骨付きローストと一緒に。

シラーズのワイン入門。産地・特長をご紹介

※ワインについては、記事掲載時点での情報です。


まとめ

シラーズ種とシラー種のブドウは同一品種であるものの、産地によって味わい・香りの特長が異なります。スパイシーかつ上品で繊細なものがお好みならフランス産のシラー種を、果実味とパワフルな味わいがお好みならオーストラリア産のシラーズ種がおすすめです。また、料理に合わせて選ぶ産地を変えてみるのもいいですよ。

目次へ

RELATED POSTS関連記事
ワインは原産国によって何が違う?

2018.2.1

ワインの原産国っていっても色んな国があってわからない!ワインはワインでどこの国でも同じでしょ?そう思っていませんか?実はワインは原産国によって大きく二つに分かれているんです!

ワインのブドウ品種をご紹介

2018.2.1

普段ワインを飲んでいて、ブドウの品種について気になったことがある人も多いのではないでしょうか?ワインは品種によって味がかなり変わってきます。