ワイン好きならロゼワインにも挑戦しよう

ワインには白と赤のほかに「ロゼ」があります。名前のとおりバラ色のワインで、ピンク色の透き通った色合いには思わず目を奪われてしまいそうです。

そんなロゼワインの特長や美味しい飲み方を紹介します!

ロゼワインの特長とは

ロゼワインの特長とは

ロゼワインは赤ワインと白ワインの製法をミックスして造られたもの。ほどほどにフレッシュで飲み応えもあります。両方の良さを併せ持ったロゼワインはジャンルを問わず、どんな料理にも合わせられるのが特長です。

ロゼワインには主に3つの製法があります。

・セニエ法
赤ワインを造る際にも用いられる製法です。
原料は黒ブドウ。

まずは皮もついたままのブドウを軽くプレスしてつぶしてタンクに入れます。そして種や果皮を漬け込むところまでは赤ワインと同じ。

ただし赤ワインよりは早めに色がついたところで、タンク下から果汁だけを引き抜いて、発酵させるという製法。

ブドウの皮と接している時間が他の製法と比べると長いため、濃い目のロゼワインが完成します。

・直接圧搾法
こちらも原料は黒ブドウですが、製法は白ワインと同じです。

黒ブドウを皮がついたまま軽くプレスしてつぶしてから、果汁だけを絞り出し、発酵させます。黒ブドウをつぶす時に色が付きますが、ブドウの皮と接している時間は短いので、セニエ法よりは薄い色付きのロゼワインになります。

・混醸法
黒ブドウと白ブドウをはじめから混ぜて、発酵させます。製法は白ワインと同じ。ドイツのロートリングが有名ですね!

基本的に赤ワインと白ワインを混ぜてロゼワインにすることはありません。

EUの規定でも禁じられていますが、唯一の例外がシャンパーニュ地方のロゼ。醸造過程で、白ワインに赤ワインを混ぜてから発酵させる製法が認められています。

ロゼワインの産地

ロゼワインの産地

ヨーロッパでは、ロゼワインは初夏に飲むことが多く、毎年、夏至の頃にあたる6月には、第4金曜日が「ロゼワインの日」として親しまれています。近年はヨーロッパに限らず、香港やマイアミなど世界各地でロゼワインの日にちなんだイベントが開催されるほど、身近なものになってきました。

そんなロゼワインの有名な産地は、南フランスのプロヴァンス地方。フランスで生産されているロゼワインのうち、実に4割もの生産量を占めています。毎年夏至が訪れると、特産品のロゼワインを、地域をあげてみんなで楽しむのが古くからの慣習です。

プロヴァンス産のロゼワインの多くが、キリリとしたドライな味わいをしています。ロゼワインは甘口で初心者向きの飲みやすいワイン、というイメージを持っている日本人にとっては、意外性を感じるのではないでしょうか。

ロゼワインの美味しい飲み方

ロゼワインの美味しい飲み方

ロゼワインを美味しく飲むには温度とグラスがポイント。ロゼワインの適温の目安は6~10℃。辛口の白ワインと同じくらいです。

ワインクーラーに氷水を入れて15分くらい、冷蔵庫では3~4時間冷やしましょう。

甘口ほど冷やした方がすっきりし飲みやすくなります。グラスは気温の影響を受けにくいボウルが小さいタイプを。ステム(持ち手)が長ければ手の熱が伝わりにくくなりますよ。

ロゼワインはそのままでも美味しいですが、飲み方によって違った味わいを楽しめます。

例えばオン・ザ・ロック。氷が解けるにつれて微妙に口当たりや香りが変化します。光を反射したロゼ色の氷は宝石のようです。

カクテルにするならサングリアみたいにフルーツを加えてみましょう。赤いイチゴやラズベリーがぴったり!

グラスの中で潰したら柑橘系のジュースを30mlほど注ぎ、ロゼワインでグラスを満たします。

甘味が欲しければガムシロップを。ジュースの代わりにピンクグレープフルーツを絞ると、ピンク色が強調されてほんのりビターな味わいになります。

ロゼワインと色合いが近い梅酒と同量ずつ割っても彩りがきれいでほのかに甘いカクテルができます。

ロゼワインに合う料理とは

ロゼワインの美味しい飲み方

赤ワインなら肉料理、白ワインなら魚料理が定番ですが、ロゼワインはどちらにも合わせられるのが特長です。さらに日本食や洋食、中華など幅広い料理に向いています。逆に合わない料理を探すのが難しいくらいです。

特に相性がいいのは味噌や醤油、トマト、チーズなど旨み成分が豊富な調味料や食材。発酵食品との相性も抜群です!

お刺身や味噌田楽、酢豚、ピザ、漬物(ピクルス)などのお供にすれば両方の味わいが引き立ちます。同じロゼワインでも脂っこい料理なら辛口、スパイシーな料理には甘口がオススメです。

さすがにステーキやビーフシチューのようながっつりした牛肉料理は赤ワイン、カルパッチョや昆布締めのようなさっぱり薄味に仕上げた魚料理は白ワインに軍配が上がります。その中間ならロゼワイン1本で満足できるでしょう。

料理に合わせるワインに困ったときの強い味方になりそうです。

おすすめのロゼワインを紹介

ロゼワインに興味を持ったけれど、どれから試してみれば良いの?と迷っている方へ、ワイン初心者さんにもおすすめのロゼワインをご紹介します。

プロヴァンス産以外のロゼワインもそれぞれ魅力的な特長を持っているので、ぜひ飲み比べてみてくださいね。

おすすめのロゼワインを紹介

・シャトー・ミニュティー エム・ド・ミニュティー(参考小売価格:税抜2,000円)
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/LE73/index.html

プロヴァンス産ロゼワインを楽しむなら、まずはこの代表的な一本から。
使われているブドウ品種は、グルナッシュ種、サンソー種、シラー種。
すっきりとした辛口ですが、果実味をしっかり感じられ、まさにプロヴァンスの
ロゼワインといったところ。牛肉やエビのグリルによく合います。

 

おすすめのロゼワインを紹介

・ギィ・サジェ ロゼ・ダンジュ(参考小売価格:税抜1,200円)
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/PD62/index.html

同じくフランス産ですが、こちらはロワールのグロロー種を使ったロゼワインです。
辛口が苦手な方に嬉しい、微かな甘口の一本。グリルした魚と
楽しむのも良いですが、ベリー系のタルトなどデザートに合わせるのにも最適です。

 

おすすめのロゼワインを紹介

・リステル グリ・グラン・ド・グリ(参考小売価格:税抜1,200円)
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/J827/index.html

個性的なワインが多く生産されている、フランスのラングドックで生まれた
ロゼワインです。グルナッシュ種、サンソー種、カリニャン種がブレンドされた
繊細な口当たりと果実の芳醇な香りが、辛口なのにどこか飲みやすさを感じさせます。
魚介類の食事の他、さっぱりとしたチーズと一緒に軽く楽しみたいときにも。

 

おすすめのロゼワインを紹介

・マルケス・デ・リスカル ロサード(参考小売価格:税抜1,500円)
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/K266/index.html

スペイン産のロゼワインにも、魅力的なものがたくさん!
こちらは王室御用達のマルケス・デ・リスカル社による
テンプラニーリョ種のロゼワインです。魚介料理を引き立てる辛口は、
スペイン料理との相性も抜群。パエリアにぴったり。

 

おすすめのロゼワインを紹介

・マトゥア リージョナル ピノ・ノワール・ロゼ マルボロ
(参考小売価格:税抜2,000円)

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/PN25/index.html

ニュージーランド産のロゼワインは、やや辛口のこちらがおすすめ。
ピノ・ノワール種の果実味をしっかり感じられるので、全体的にフレッシュで
爽やかな印象を与えます。白身魚のグリルなど、淡泊な味の料理によく合います。

 

おすすめのロゼワインを紹介

・ベリンジャー カリフォルニア・ホワイト・ジンファンデル
(参考小売価格:税抜1,200円)

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/L280/index.html

アメリカ産ロゼワインなのに、何故かアジアンテイストな料理のほうが
合ってしまうのが、このワインの魅力かもしれません。
ジンファンデル種のロゼワインは、微かな甘みで飲みやすく、
フルーティな香りが後味も優しく演出します。中華料理やエスニック料理と
合わせて、その意外なマリアージュを楽しんでみて。

 

おすすめのロゼワインを紹介

・[イエローテイル]ピンクモスカート(参考小売価格:税抜880円)
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/G208/index.html

もっと手軽な価格で楽しみたい!そんな方の強い味方が、
ご存知イエローテイルシリーズ。オーストラリアの豊かな大地が育んだ
モスカート種とシラーズ種のブドウで造られた、微かな甘口が
口内いっぱいに広がる一本です。

中華料理やエスニック料理はもちろん、デザートと一緒に楽しんだり、食前酒にもぴったりの、ロゼワイン界きってのオールラウンダー。

 

・サッポロ うれしいワイン ロゼ(参考価格:450円)
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/PT78/index.html

気取らず手軽に、もっと身近に楽しみたいなら、うれしいワインシリーズのロゼタイプがおすすめです。やや甘口のこちらの一本は、日本産ワインなだけあって、日本人好みの味で高品質に仕上がっています。

カリカリに焼き上げた餃子や、マカロニグラタンなど、人気料理と一緒に気軽に楽しんで。

 

※ワインについては、記事掲載時点での情報です。

まとめ

ロゼワインは赤ワインと白ワインの良さを併せ持っているので、ワイン好きならすぐに馴染めるはず。

赤ワインより軽く、白ワインよりしっかりした味わいはどんな料理にでも合わせられます。そのまま飲んでも、カクテルにしても見た目の美しさも際立ちますね。いろんな飲み方や料理との組み合わせを楽しんでみましょう。

おすすめのロゼワインの購入はこちら

ご紹介ブランドの購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo Yahoo!ショッピングはこちら

WINE MARKET PARTY

目次へ

RELATED POSTS関連記事
ワインが苦手な人でも楽しめる!ワインカクテル

2018.2.1

ワインを使ったカクテルを飲んでみましょう。ワインが苦手だという人やすぐに酔ってしまうから好きだけど飲まないといった人もいるのではないでしょうか。

ワインの食べ合わせを知っておいしく飲もう

2018.2.1

ワインと素敵な食べ合わせはマリアージュという結婚という意味の素敵な言葉で表されます。実は赤ワインと白ワインであう食べ物は違うのをご存知ですか?

製法を知ってワインをよりおいしく

2018.2.1

ワインをもっと詳しくなりたい!そう感じている方はワインの製法についても学んでみると良いでしょう。赤ワイン、白ワイン、ロゼワイン、スパークリングワイン。