オーガニックワインの魅力って?

自然志向の商品でよく見かける「オーガニック」という単語。実はワインにもオーガニック商品が存在します。

今回は、オーガニックワインって何?他のワインとどう違うの?と気になる方のために、その特長と魅力をご紹介します!

オーガニックワインの特長とは

オーガニックワインの特長とは?

化学物質を使わずに栽培されたブドウによって造られたのが、オーガニックワイン。保存料や香料が使われていないことが特長です。

いったい通常のワインと比べて何が違うの?と疑問に思う方に、オーガニックワインについて簡単にご紹介しますね!

有機栽培で造られたワイン

オーガニックワインの原料となるブドウには、厳しい基準が定められています。

遺伝子操作はもちろん、化学肥料や農薬、除草剤なども使用せずに造られた作物でなければなりません。土を栄養たっぷりにするために使う肥料も天然のもの以外は使えません。

畑に使われた肥料などをきちんと記録しないと、そこでとれたブドウがオーガニックかどうか分かりません。

そのため、オーガニックのブドウはいつどこで誰が造ったのか、どんな方法で造ったのかがわかります。

有機栽培で作るメリット

ワインになる前のブドウの段階から、どのような環境で育まれてきたのかが分かるオーガニックワイン。安心して口にできることは、健康意識の高い現代人にとって欠かせないポイントですよね。

更に、残留農薬の心配がなく、環境にも私たちの体にも優しい有機栽培のメリットは、味にも現れます。

添加物を使用しない、もしくはごく少量に抑えることにより、できあがったワインには畑や醸造家ごとの個性がより強く出やすいと言われます。

自然な味に仕上がっているものも多く、素材の味を生かした料理との相性をより楽しめるのも大きなメリット。その味わいは、ついつい何杯もほしくなる飲みやすさがあります。

オーガニックワインを探す時には、日本語で書かれた裏ラベルに、「有機農畜産物加工酒類」もしくは「有機農産物加工酒類」と記載されているものを目印にしてくださいね。

オーガニックワインとビオワインの違い

オーガニックワインとビオワインの違い

オーガニックワインは保存料などが一切使われていない、と言いましたが、厳密に言うと「定められた添加物以外は一切使われていない」ワインです。

無添加のものが飲みたい!とオーガニックワインを買っても、案外なんらかの添加物が加えられている可能性もあるのです。

そこで、オーガニックワインよりもさらにオーガニックな、ビオワインをご紹介しましょう。

栽培方法に違いがある

日本ではビオワインを認証する団体がないので、オーガニックワインとビオワインは同じものとして扱われます。

EUではフランスのプロヴァンス、ブルゴーニュ、アルザスなどの地方で生産が盛んですが、オーガニックワインとビオワインには違いがあります。その違いは、ビオロジック農法という「とにかく自然に近い造り方」にこだわっているのが特長です。

ブドウの有機栽培と一括りにいっても、厳密にはさまざまな栽培方法があり、以下のようなスタイルがあげられます。

・ビオロジック農法
・ビオディナミ農法
・リュット・レゾネ(減農薬栽培)
・ヴァン・ナチュール(自然派ワイン)

通常のオーガニックワインは醸造の段階で認可された添加物を入れることがありますが、ビオロジック製法で造られるビオワインは添加物を極力控えて造られます。

鶏や羊など家畜の糞を原料とする有機肥料を使用し、この有機肥料自体も、遺伝子組み換えや放射線処理の行われていないEU認定のものでなければなりません。

ビオディナミ農法はビオロジック農法を主軸にしつつ、月の運行や星座の位置、引力、気圧などにまでこだわる農法です。20世紀にオーストリアの人智学者ルドルフ・シュタイナーが提唱した理論に基づいて行われます。

オーガニックワインとビオワインの違い

亜硫酸の量など、ビオロジック製法以上に厳しい基準が設けられているのがビオディナミ農法。このことから、オーガニックよりビオロジック、ビオロジックよりビオディナミがより厳格なオーガニック商品といえます。

ビオディナミ農法には認証団体があり、正式に認められたワインにはDEMETERという認証団体のロゴが記載されているので、目印にしてくださいね。

リュット・レゾネは、完全無農薬ではなく、「農薬や化学肥料などは極力使用しない」栽培方法です。合理的な栽培方法を目指すスタイルで、農薬は害虫や病害による被害に応じて必要な範囲で使用します。

ヴァン・ナチュールは自然の力を借りてブドウ栽培を行い、醸造まで一貫して科学技術に極力頼らない自然派ワインをさします。

天体の動きまでも考慮するビオディナミ農法のような、明確なスタイルはありませんが、ブドウを手摘みしたり、自然酵母で発酵したりします。殺菌剤も、硫酸銅と消石灰など自然界に存在するものを使用し、自然界の力を活用することにこだわった農法・醸造方法です。

ビオワインの特長

オーガニックワインもビオワインも自然派ワインをさす言葉ですが、中でもより自然な製法にこだわっているのが、ビオワインです。

より自然な味のワインを楽しみたいのなら、通常のオーガニックよりもさらに無添加なビオワインを探してみてくださいね。

EU圏内で造られたワインであれば、目印は表ラベルにあるEUの共通ロゴ「vin biologique」です。

オーガニックワインの香りや味は?

オーガニックワインの香りや味は

無添加で料理にも合わせやすくて環境にも優しいなら、オーガニックワインやビオワインが良いに決まっているじゃない、と思うかもしれませんね。

でも、通常の(オーガニックではない)ワインも言うまでもなく安全であることから、あえてオーガニックではないワインを選ぶ方もいるんですよ!

その理由のひとつとして挙げられるのが、オーガニックワイン独特の「ビオ臭」と呼ばれることもあるにおいです。

オーガニックワインの香り

オーガニックワインには、ある意味付き物ともいえるビオ臭。還元臭や雑菌に汚染されたワインの匂いと感じる方や、あるいは動物のような香りや、硫黄のような香りがすると感じる方もいるようです。

原因は明確でありませんが、酵母や硫化水素などのはたらきを指摘する人もいます。人によっては苦手と感じることもあるので、まずはお試しを。

オーガニックワインの味

オーガニックワインは、自然な優しい味わいの中にブドウや畑、醸造所の個性を感じられるのが魅力です。添加物が少ないため、ブドウの状態・生産者の技術を強く反映し、誤魔化しのきかないワインともいえます。

美味しいワインもあれば、クセが気になってしまうワインもある点は、通常のワインと変わりません。オーガニックワイン独特のクセを好む人や、ブドウ本来の味を楽しみたい方にとっては、冒険し甲斐があるのがオーガニックワインです。

畑ごとのオリジナリティが出るので、お気に入りを見つけるのも面白いですよ!

おすすめのオーガニックワイン

最後に、オーガニックワイン初心者さんでも試しやすい、おすすめのワインをご紹介します!ぜひ一度試してみてくださいね。

マルケス・デ・リスカル

おすすめのオーガニックワイン

スペインのリオハ地方最古のワイナリーです。フランスの製造法をいち早く取り入れ、数々のワインの賞を受賞しています。品質の高いワインを多く世に生み出し、長い歴史にわたってスペイン王室の御用達として愛されています。

おすすめのオーガニックワイン

・マルケス・デ・リスカル オーガニック ブランコ
(参考小売価格:税抜1,500円)

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/PA13/index.html

リスカル社の誇る、スペインの有機白ワインです。
樹齢25年以上の有機ブドウを100%使用しています。
スペイン王室御用達の伝統的なワイナリーが誇るオーガニックワインは、優しく爽やかな味わいで飲みやすいのが特長です。

 

・クァデルナ・ヴィア社の各種ワイン

おすすめのオーガニックワイン

スペインのリオハの隣、ナバーラで創立されたオール有機ワインメーカーです。すべてのワインが有機ブドウで造られているので、本格的なオーガニックワインを飲みたい方にはおすすめです。

おすすめのオーガニックワイン

・クァデルナ・ヴィア エスペシアル(参考小売価格:税抜 1,500円)
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/0754/index.html
有機ブドウからそのまま反映したようなガーネット色が魅力的な赤ワイン。
フルーティーな香りの中にバニラのニュアンスが含まれています。
熟成ワインでありながらも、繊細でまろやかな味わいを楽しめます。

 

・ヴィダ・オーガニカ シリーズ

おすすめのオーガニックワイン

アルゼンチンのワイナリー、ファミリア・ズッカルディがリリースした
オーガニックワインのシリーズです。灌漑にアンデスの雪解け水を使用し、
無農薬栽培が主流となっている地域で育ったブドウ100%で醸造されています。

おすすめのオーガニックワイン

・ヴィダ・オーガニカ・カベルネ・ソーヴィニヨン
(参考小売価格:税抜1,217円)

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/LV98/index.html
熟したカシスや芳醇なチェリーの香りが魅力的な赤ワイン。
有機ブドウを100%使用し、フルーティーな味わいが余韻として
長く残ります。

 

おすすめのオーガニックワイン

・ヴィダ・オーガニカ・シャルドネ
(参考小売価格:税抜1,217円)

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/LV99/index.html
柑橘類やパイナップル、ハチミツなど甘いアロマが特長の白ワイン。
爽やかな飲み口で、絹のようななめらかな余韻が楽しめます。

 

おすすめのオーガニックワイン

・ヴィダ・オーガニカ・スパークリング(参考小売価格:税抜2,000円)
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/S751/index.html
手摘みで栽培された有機ブドウのみを使用したスパークリングワイン。
林檎や洋梨、バナナやパイナップルなどバラエティーに富んだ香り
楽しめます。酸と甘みのバランスが良く、きめ細やかな泡でスッキリとした
飲み心地を味わえます。

 

・ビオ マニアシリーズ

おすすめのオーガニックワイン

手頃に楽しむなら、サッポロが世界各地のワイナリーから厳選したオーガニックワイン、ビオ マニアシリーズをお試しください。

オーガニックワインが大好きなマニアのお眼鏡にもかなう高品質ワインを、手頃な価格で気軽に楽しめます。

おすすめのオーガニックワイン

・ビオ マニア[オーガニック]チリ カベルネ・ソーヴィニヨン
(参考小売価格:税抜860円)

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/PP99/index.html
カシスやチェリーを想わせる黒いベリーの香りが特長の赤ワイン。
タンニンの渋みが控えめなので、夏場に冷やしておいしく飲むことが
できます。

 

おすすめのオーガニックワイン

・ビオ マニア[オーガニック]チリ シャルドネ
(参考小売価格:税抜860円)

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/PQ00/index.html
優しい酸とほのかな苦みのバランスがとれた白ワイン。
飲み口が柔らかく、柑橘系や桃、オレンジの花など、フルーティーな香り が特長的です。

 

おすすめのオーガニックワイン

・ビオ マニア[オーガニック]スペイン テンプラニーリョ
(参考小売価格:税抜860円)

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/TD60/index.html
果実味の香りが豊かなミディアムボディの赤ワイン。
タンニンが柔らかいため、優しく繊細な味わいが口に広がります。

※ワインについては、記事掲載時点での情報です。

まとめ

まとめ

オーガニックワインは、化学肥料などを使わない畑で栽培されたブドウによって造られます。

畑やブドウには厳しい基準が設けられていますが、ワイン醸造中で一部の添加物の使用が認められています。

よりこだわったビオワインも気になった方にはおすすめ。口に入れるものに安心を強く求める人には、オーガニックやビオワインでお気に入りの一本を探してみては?

オーガニックワインとビオワイン。この違いを知っていると、ワイン選びがさらに楽しくなるでしょう。

おすすめのオーガニックワインの購入はこちら

ご紹介ブランドの購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo Yahoo!ショッピングはこちら

WINE MARKET PARTY

目次へ

RELATED POSTS関連記事
ワインラベルを読んで好みを見つける

2018.2.1

今回はワインのラベルについてのご紹介です。ワインのラベルを読むことによって、何がわかるのか、記載されている内容などについても解説しています。

ワインをおいしく飲むための保管方法って?

2018.2.1

ワインをお家で飲まれている方!ワインを購入後すぐ飲み切ってしまわれる方は良いのですが、飲みきれなかったり、その日にまだ飲まない場合、あなたはどのように保管されていますか?ワインはとても繊細なもの。

製法を知ってワインをよりおいしく

2018.2.1

ワインをもっと詳しくなりたい!そう感じている方はワインの製法についても学んでみると良いでしょう。赤ワイン、白ワイン、ロゼワイン、スパークリングワイン。