ニュージーランドのワイナリー、「マトゥア」のこだわりとおいしさの秘訣とは

マオリ語で「総本家」を意味し、ニュージーランドで初めてソーヴィニヨン・ブラン種を植樹したワイナリー「マトゥア」。フレッシュでおいしいニュージーランドワインの代名詞的存在です。ここでは、ニュージーランド マトゥアのこだわりのワイン造りと、どのようなワインがラインアップされているのか紹介します。

世界から評価を受ける「マトゥア」のこだわりとは

世界的にも評価が高い「マトゥア」のワインはどのように造られているのでしょうか。詳しくみていきましょう。

どのような地域で造られているのか

ニュージーランドのワイナリー、「マトゥア」のこだわりとおいしさの秘訣とは

マトゥアのワインが造られているのは、ニュージーランドの北島のギスボーン、ホークベイと南島のマルボロ、セントラル・オタゴの4地域です。マトゥアが所有する土地は360ヘクタールにおよびます。それ以外にも、契約畑が3,600ヘクタールあります。

冷涼な地域のマルボロではピノ・ノワール種、ソーヴィニヨン・ブラン種が主に栽培され、ブドウの熟成期間が長く、ピュアで香り高いワインとなるのが特長です。ギスボーンでは、質の良いシャルドネ種が採れ、日照時間が最も長いホークベイではシャルドネ種やリースリング種、メルロー種など様々なブドウが栽培されています。

標高が高く、ブドウ生産地としては最南端に位置するとも言われるセントラル・オタゴはピノ・ノワール種の栽培に適しており、華やかな香りのワインが造られています。

ワイナリーの特長やこだわりとは

ニュージーランドのワイナリー、「マトゥア」のこだわりとおいしさの秘訣とは

ニュージーランドのワインといえばソーヴィニヨン・ブランと言われていますが、実はこの2つを最初に組み合わせたのは、マトゥアの創設者ビルとロス・スペンス兄弟です。

1969年に、このスペンス兄弟がニュージーランド初のソーヴィニヨン・ブラン種を植樹したのが始まり。1973年にウエスト・オークランドに小規模な施設を借り上げ、ワイナリーを建設しました。そして、1974年には最初のソーヴィニヨン・ブランのワインの販売を始めます。

ニュージーランドでソーヴィニヨン・ブラン種のワイン造りに成功するという、この革命的な挑戦と実績により、フレッシュでバランスのとれたソーヴィニヨン・ブランの産地として世界的に有名になりました。

実際に、ニュージーランド マトゥアは数多くの受賞歴があります。

・ニュージーランド・ワイン・プロデューサー・オブ・ザ・イヤー 4年連続受賞(13,14,15,16)
・2013 Royal Easter Wine Show, 2014 New Zealand International Wine Show,
・2015 Royal Easter Wine Show, 2016 International Wine & Spirit Competition.
・2012年以降、国際ワインコンペティションで15個のトロフィーを獲得

 

今では、マトゥアの創業者であるスペンス兄弟といえばニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランのパイオニアとしても知られています。

ニュージーランドのワイナリー、「マトゥア」のこだわりとおいしさの秘訣とは

マトゥアの美しいラベルの色は、ニュージーランドのブドウ畑の近くを流れる河の色、「ティエル・カラー」を表しています。ロゴとなっている紋章のようなマークは、マオリ族をイメージしたマトゥア独自のタトゥー柄。繊細で華やかな印象を与えてくれます。

「マトゥア」のワイン・料理とのマリアージュをご紹介

ニュージーランドのワイナリー、「マトゥア」のこだわりとおいしさの秘訣とは

マトゥアのワインは、どれをとってもリッチな果実感とさわやかな飲みやすさをもっています。ラインアップの中から3つのアイテムを代表してご紹介します。

商品とおすすめ料理

良く合う料理も一緒に紹介しますので、ぜひ参考にして楽しんでください。

ニュージーランドのワイナリー、「マトゥア」のこだわりとおいしさの秘訣とは

・「マトゥア リージョナル・ピノ・ノワール・マルボロ」(参考小売価格:2,400円)
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/MN47/index.html
ストロベリーやスイートレッドチェリーの香りがする、ほんのりスパイスを感じるフレッシュな味わいのピノ・ノワール種の赤ワインです。ボロネーゼなどのパスタと合わせるのがおすすめ!


ニュージーランドのワイナリー、「マトゥア」のこだわりとおいしさの秘訣とは

ニュージーランドのワイナリー、「マトゥア」のこだわりとおいしさの秘訣とは

・「マトゥア リージョナル・ソーヴィニヨン・ブラン・マルボロ」(参考小売価格:2,000円)
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/MN48/index.html
クリアボトルに入ったさわやかな白ワインです。フレッシュなハーブのニュアンスとクリスプでシトラスフルーツの味わい、酸とのバランスが楽しめます。
エビとレモンのリゾットと良く合います。


ニュージーランドのワイナリー、「マトゥア」のこだわりとおいしさの秘訣とは

ニュージーランドのワイナリー、「マトゥア」のこだわりとおいしさの秘訣とは

・「マトゥア リージョナル・ピノ・ノワール・ロゼ・マルボロ」(参考小売価格:2,000円)

果実味たっぷりでさわやかな味わい、夏にぴったりのロゼワインです。冷蔵庫で45分くらい冷やし、7度前後でお飲みいただくのがおすすめです。 ラベルは飲み頃温度かどうかが一目で分かるサーモ・ラベルを採用しています。

ニュージーランドのワイナリー、「マトゥア」のこだわりとおいしさの秘訣とは

飲み頃の温度になるとラベルにマオリ(マトゥアのロゴのモチーフ)のデザインが青く浮かび上がります!
フルーツサラダや白身魚ソテーといった淡白でもうまみのある料理と一緒に楽しんでみてください。

ニュージーランドのワイナリー、「マトゥア」のこだわりとおいしさの秘訣とは

まとめ

ニュージーランドに始めてソーヴィニヨン・ブラン種を植樹し、ワインを造り始めた「マトゥア」。世界中のワイン好きから「革新的」と注目を集め、今もなお人気のワインを造り続けています。

ラベルやロゴにもこだわり、ボトル自体が美しいのもポイント。ちょっとした記念日や友達との集まりについ持参したくなりますね。おいしいマトゥアにスペシャルな料理を合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか。

目次へ

RELATED POSTS関連記事
ワインのヴィンテージって何?当たり年を見つけるポイント

2018.5.15

本当においしいワインを選び、楽しむために、ヴィンテージの意味を理解しましょう。

ワインの歴史を知るとワインが美味しくなる!

2018.2.1

ワインは「何年物が美味しいんだよね!」など熟成されたワインを好む方も多いですよね。熟成期間だけ見てもかなりの年数寝かしているワインが多いような気がしませんか?

情熱の国スペイン産の華やかなワインを楽しむためのヒント

2018.5.25

情熱の国スペインで造られるワインの特長や、スペインワインをもっと楽しむためのヒントを紹介します。