甲州ワインが世界に認められた理由とは?

近年は海外の有名ワインに負けずとも劣らない人気を誇る、日本ワインが多く生産されています。 その中でも、甲州ワインは長い歴史を持つ日本固有の品種から造られた、まさに日本を代表する存在です。 ここでは甲州ワインの歴史や魅力について、まとめています。おすすめの甲州ワイン情報もご紹介しているので、甲州ワインを選ぶときの参考にしてみてください。

甲州ワインが世界に認められた理由とは?

甲州ワインとは

甲州ワインの生産は、海外に比べると歴史が浅いようなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

確かに、ワインとしての歴史は欧米諸国には叶いませんが、原料となるブドウの歴史から見てみると、意外にもその歩みは長いのです。

甲州ワインについて

甲州ワインに使用されているのは、甲州種というブドウです。甲州種はヨーロッパを起源とする日本固有の品種で、栽培の歴史は1000年を超えるといわれています。

甲州ワインが世界に認められた理由とは?

シルクロードを通って、日本に伝来した甲州種。発見した人物については、行基(ぎょうき)説と雨宮 勘解由(あめみや かげゆ)説の2種類の逸話が現代まで伝わっています。

行基説は、718年、高僧行基の夢の中にブドウを持った薬師如来が現れたことがきっかけとされています。薬師如来の姿を木彫りにして安置した山梨県の柏尾山でブドウの樹を発見し、当時は薬草として村人たちに広まりました。

雨宮勘解由説は、1186年に山梨県 勝沼の山中にて他とは異なるブドウの樹を発見し、育てたものが発祥とされている説です。

どちらの説でも、舞台が甲州(山梨県)の勝沼となっている点は共通しています。

歴史

甲州ワインの生産が始まったのは、1870年のこと。当時は醸造技術が未熟だったために、最初のワイン製造はわずか2年で早々にとん挫してしまいました。1877年には大日本葡萄酒会社が設立され、技術を学ぶために2人の日本人が本場フランスへ旅立ちました。

それから絶えず研究を重ねた結果、2010年にはワインの国際的審査機関「OIV」に甲州ワインが登録されるほどにまで成長しました。

以来、甲州ワインは世界でも注目されるようになり、日本国内のコンクールだけではなく、イギリスなど海外でも毎年のように高評価を得ており、今後も多くの受賞が期待できるワインです。


甲州ワインの特長

甲州ワインが世界に認められた理由とは?

甲州種の果皮は淡い紫色をしており、白ワインの原材料として使われます。甲州ワインの伝統的な味わいは甘口でしたが、近年は辛口が主流となっています。辛口や甘口の他、スパークリングワインなどバリエーションに富んでいます。

その名のとおり、甲州(山梨県)から広まった甲州種は、現在もなお山梨県が栽培面積1位を維持。果物王国でもある山梨県は日照量が多く、あらゆるフルーツの栽培に適しています。カビや雨に弱い甲州種を育てるのにも、好条件な環境です。

太陽光をたっぷりと浴びて育った甲州種は、生食用としても利用されます。種の周りに強い酸味があるため、現地では種ごと飲み込むのが一般的です。

そんな甲州種で造られたワインの味わいはフルーティーな香りに彩られ、爽やかですっきりとしています。澱引きをせず熟成する、フランスの伝統的なシュール・リー製法が近年取り入れられ、複雑で香味豊かな味わいが実現。醸造の工夫と努力で品質が向上しています。

あっさりとした味の多い和食との相性も良く、多くの料理に合わせやすい特長があります。


おすすめの甲州ワインをご紹介

甲州ワインが世界に認められた理由とは?

1000年以上も昔から日本に根付いている甲州種を、磨き上げられた技術で世界レベルのワインへ。山梨県を中心に今や多くの甲州ワインが生産されていますが、その分、どれから試してみれば良いのか迷ってしまいますよね。

最後におすすめの甲州ワインを、日本ワイン「グランポレール」からご紹介します。国内のみならず海外でも毎年多くの賞を獲得している、間違いなしのブランドです。

グランポレールの受賞歴について詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.sapporobeer.jp/wine/gp/award/

グランポレールの紹介

グランポレールは、フランス語の『偉大さ(グラン)』と『北極星(ポレール)』を合わせて名付けられました。ラベルにはどの星よりも眩い北極星があしらわれ、グランポレールこそが日本ワインの星であることを示しています。

数あるグランポレールシリーズの中でも、今回は以下の3ボトルをピックアップしました。

甲州ワインが世界に認められた理由とは?

・グランポレール 山梨甲州〈樽発酵〉 (参考小売価格:税抜2,500円)
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/LD04/index.html

甲州種のブドウが発見されたと伝わる、勝沼で造られたワインです。
甲州種の華やかですっきりとした味わいに、樽発酵ゆえの奥深さが加わった1本。辛口で酸味をしっかり感じられる一方で、果実由来のほのかな甘みが優しく舌に残ります。

おすすめの料理は天ぷらです。
塩を少しつけて、素材本来の味を楽しむときにぴったり。


購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

Rakuten

yahoo Yahoo!ショッピングはこちら

WINE MARKET PARTY


甲州ワインが世界に認められた理由とは?

・グランポレール 甲州 辛口(小売価格:税抜1,800円)
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/MF53/index.html

澱引きしないまま熟成するシュール・リーで、
発酵後もじっくり味わいを深めていった1本。辛口ゆえのキレに、
樽発酵のコクがバランス良く含まれています。

低温でじっくりと発酵させたブドウ果汁によるフルーティーな香りと、飲み口をスッと爽やかにする適度な酸味が特長的です。

合わせるなら、白身魚の刺身や寿司など、あっさりした料理がおすすめです。


購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo Yahoo!ショッピングはこちら

WINE MARKET PARTY


甲州ワインが世界に認められた理由とは?

・グランポレール エスプリ ド ヴァン ジャポネ 泉‐SEN‐
(参考小売価格:税抜1,500円)

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/PZ69/index.html

山梨県産の甲州種に、岡山県産のマスカット・オブ・アレキサンドリアをブレンドした、やや辛口のワインです。

爽やかな酸味と香りの中に、ちょっとした渋みのアクセントが
大人な味わいを演出します。気取らない、日常使いにぴったり。

基本的に日本の食卓向けなので、あらゆる料理とのマリアージュを楽しめます。


購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo Yahoo!ショッピングはこちら

WINE MARKET PARTY


※ワインについては、記事掲載時点での情報です。

まとめ

日本ワインを語るうえで、甲州ワインは外せません。シルクロードを渡って伝来したとされる甲州種のブドウは、1000年以上もの歴史を持っています。

本格的に日本ワインとしての生産に成功し、世界的に注目を集めるようになったのは近年ですが、既に多くのコンクールで受賞を重ねている、今後も期待大のワインです。

こちらでご紹介したグランポレールをきっかけに、ぜひさまざまな甲州ワインを楽しんでみてください。

おすすめの甲州ワインの購入はこちらから

ご紹介ブランドの購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo Yahoo!ショッピングはこちら

WINE MARKET PARTY

グランポレーリショップ

目次へ

RELATED POSTS関連記事
白ワインに使われるブドウで有名な品種は何?

2018.2.1

白ワイン初心者。せっかくなら有名な白ワインを飲んでみたいですよね。これぞ!というブドウ品種を抑えておきましょう。

日本ワインについて紹介

2019.1.25

ワインの産地と言えば、やはりフランスやイタリアなど外国のイメージが強いですよね!しかし、世界のワインコンクールなどで受賞しているワインの産地を見てみると、日本のワインも実はあるのです!

美味しい白ワインを飲むための知識

2018.2.1

ワイン好きの方の中にも、赤ワイン派、白ワイン派など好みがわかれることでしょう。白ワインを普段から飲んでいる方にとっては、自身の好きな飲み方やブドウの種類などがもうすでにあるかもしれません。