ロゼスパークリングワインで決まり!楽しみ方とおすすめの料理

ロゼワインとスパークリングワイン、両方の良さをあわせもったロゼのスパークリングワインはご存じですか?知れば知るほどその魅力に気づき、また、幅広い料理に合わせられるのもロゼのスパークリングワインの特長です。特別な日はもちろん、カジュアルな日常のワインとしてもおすすめです。今回は、ほかのワインとの違いと、特長、ロゼのスパークリングワインにぴったりの料理までご紹介します。

ロゼスパークリングワインで決まり!楽しみ方とおすすめの料理

ロゼのスパークリングワインとは

ロゼスパークリングワインは、炭酸ガスが含まれる発泡性のロゼワインのこと。ロゼ泡なんて呼ばれ方をすることもあります。

ロゼワインのように甘口、辛口のバリエーションがあって、楽しみ方も多彩です。ロゼのきれいな澄んだ色に、スパークリングワインのはじけるような舌の楽しさ、そして豊富なバリエーションが人気です。

■ロゼのスパークリングワインの作り方

ロゼのスパークリングワインの作り方は、ロゼワインとスパークリングワインの作り方を組み合わせたものです。ロゼワインを醸造したものを使います。醸造したロゼワインに、炭酸ガスを直接注入、あるいは2次発酵させて自然にガスを発生させるといった方法です。

ロゼワインの製法については
http://www.sapporobeer.jp/wine/wine_opener/article/rose_wine/にて
紹介しています。

ロゼのスパークリングワインの楽しみ方

ロゼスパークリングワインで決まり!楽しみ方とおすすめの料理

ロゼのスパークリングワインといっても、スパークリングワインであることに変わりありません。常温だと泡の爽やかさが足りないので、スパークリングワイン同様、しっかり冷やすのがおすすめです。

目安は、6~10度くらい。しっかりと冷やすことによって、ロゼのきりっとした味わいに炭酸がマッチして、よりおいしくいただけます。6~10度ほどに冷やすには、冷蔵庫で3時間以上冷やし、飲むときに室内に出して少し置き、グラスに注ぐと良いです。

■イベントごとによく合うロゼのスパークリングワイン

さて、ロゼのスパークリングワインは、カジュアルな場面でも使えるとお話ししましたが、特別な日にもぴったりです。例えば、代表的なのがクリスマス。センスがあって華のあるロゼのスパークリングワインはパーティーの引き立て役になることでしょう。

さらに、新年を祝うお正月や、お花見にもおすすめです。お花見なら、ちょうど桜の花の色とロゼのスパークリングワインの色がマッチして、春を視覚的にも、そして味覚からも楽しめますね。コルク抜きが不要なものもあるので、外で飲むのにもおすすめです。

こうしてみると、クリスマスなどの海外から輸入された文化だけでなく、日本で昔から親しまれているようなイベントごとにもよく合うことが分かりますね。ロゼのスパークリングワインは、結構マルチに使えるワインなんです。


ロゼのスパークリングワインに合う料理

ロゼスパークリングワインで決まり!楽しみ方とおすすめの料理

ロゼのスパークリングワインは、いろんなイベントで活躍すると紹介しましたが、実はいろんな料理にも活躍します。特に辛口だと、合わない料理はないといっても過言ではないほど。どんな料理にも合うロゼワイン、同じく幅広い料理にあるスパークリングワインが組み合わさっているので不思議ではありませんね。まさにオールラウンダーともいえるワインです。

ただ、オールラウンダーとはいえ、より得意にしている料理もあるはずです。白のスパークリングワインと比較した場合、赤の要素も持ったロゼのスパークリングワインは、より赤ワインに近い料理に合います。脂ののった料理や、しっかりと味の付いた濃厚な料理です。

例えば、トマトソースやしょうゆ、デミグラスソースを使った料理など。和食ならちらし寿司、中華なら春巻き、洋食ならコロッケが良く合います。

■中華に合うロゼのスパークリングワイン

ロゼスパークリングワインで決まり!楽しみ方とおすすめの料理

やさしい泡のスパークリングワイン<ロゼ>250ml(参考小売価格:320円)

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/MY10/index.html

普段から楽しめるカジュアルなロゼのスパークリングワイン。甘口でフルーティな味わいとスパークリングワインのすっきりしたバランスが良く、どんな料理にも合います。

 

ロゼスパークリングワインで決まり!楽しみ方とおすすめの料理

■食前酒やサラダなどと一緒にいただくロゼのスパークリングワイン

ロゼスパークリングワインで決まり!楽しみ方とおすすめの料理

テタンジェ プレスティージュ ロゼ375ml(参考小売価格:5,200円

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/MK22/index.html

テタンジェファミリーの作る屈指のシャンパーニュ地方のロゼスパークリングワイン。力強い果実を思わせる香りになめらかさ、エレガントな雰囲気があります。食前酒として優雅にいただきませんか。


ロゼスパークリングワインで決まり!楽しみ方とおすすめの料理

■オードブルなどの揚げ物に合うロゼのスパークリングワイン

ロゼスパークリングワインで決まり!楽しみ方とおすすめの料理

ヴィニデルサ・ドゥーシェ・シュバリエ・ロゼ750ml(参考小売価格:1,480円)

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/P165/index.html

瓶内2次発酵方式によって、自然に発酵させて炭酸ガスを生み出す製造法が取り入れられたロゼスパークリングワイン。辛口のきりっとした味わいは、オードブルなどの脂分が多い料理に良く合います。嫌な後味が残らないワインです。


ロゼスパークリングワインで決まり!楽しみ方とおすすめの料理

■パスタやシチューなどの洋食に合うロゼスパークリングワイン

ロゼスパークリングワインで決まり!楽しみ方とおすすめの料理

リステル フルール・ド・フランス〈ロゼ〉750ml(参考小売価格:1,030円)

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/5558/index.html

ぶどう作りから一貫生産する、自然の力が生み出したロゼスパークリングワイン。軽やかな味と、ほんのり甘みのある味わいが洋食に良く合います。薄いピンクの華やかな色合いで、パーティーにもおすすめ。

ロゼスパークリングワインで決まり!楽しみ方とおすすめの料理

まとめ

ロゼのスパークリングワインは、ご紹介したようにさまざまな場面で取り入れることができます。ご紹介した脂ののった料理はもちろん、幅広い料理に合うので、特別な日はもちろん、日常でも取り入れてみてください。

目次へ

RELATED POSTS関連記事
ワイン好きならロゼワインにも挑戦しよう

2018.2.1

なんだか名前がおしゃれなロゼワイン!色通りローズ(薔薇)から来ているロゼワイン!赤ワインでもなく白ワインでもないところが魅力的ですよね!じつはロゼワインの製法は、赤ワインと白ワインをあわせてつくったものなんです。製法は大きく分けて3つあります。