デザートワインとは?おすすめのデザートワインもご紹介

ワインの種類のひとつデザートワイン。“デザート”とつくからには甘くて美味しそうなイメージがありますが、「実際のところ、どのワインがデザートワインなのか分からない」という人も少なくないのでは?

そんな方のために、ここではデザートワインとはどんなワインなのか解説していきたいと思います。また相性の良いおつまみやおすすめのデザートワインについてもご紹介していきます。

デザートワインとは?おすすめのデザートワインもご紹介

デザートワインとは

デザートワインとは一般的には甘口のワインのこと。通常冷やしていただきます。
でも、デザートワインは国によって定義が異なっていて、はっきりとした定義づけは難しいのです。

例えば、イギリスでは食事中に料理と一緒にいただく甘口のワインのことをデザートワインと呼んでいます。

食前酒として飲まれることが多くアルコール度数の高い酒精強化ワインや、食後に飲まれるポートワインなどは含まれません。

しかし酒精強化ワインの中でもアルコール度数があまり高くないものはデザートワインに分類されることもあります。

アメリカの場合は、法律によって酒精強化ワインを含むアルコール度数が14度以上のワインはすべてデザートワインとして分類されます。

それに対してドイツの場合は、アルコール度数が8~10度と低いものをデザートワインと呼んでいます。

このように定義はそれぞれなので、国によってデザートワインの楽しみ方は異なります。

デザートワインに含まれるワインの種類

デザートワインにはさまざまな種類がありますが、代表的なものに「アイスワイン」「貴腐ワイン」「ストローワイン」があります。

それぞれのワインの特長を解説しますので、ワイン選びの参考にしてくださいね。

・アイスワイン

ドイツのフランケン地方で誕生したワイン。寒さの厳しい環境で造られるワインで、氷結したブドウを原料としています。

氷結したブドウは、通常のブドウと比べて水分量が少ないため、果汁の濃度が高くなります。そのため甘みや旨みが増し、濃厚なワインができるんです。

甘みと一緒に爽やかな酸味が少し含まれるのが、アイスワインの特長です。

アイスワインは、マイナス7℃以下の気温を数日間越さないといけないなど、厳しい気候条件の下で造られます。そのためとても希少価値が高く、デザートワインの中でも高価なワインとなっています。

・貴腐ワイン

貴腐ブドウから造られた高級な白ワイン。完熟したブドウに貴腐菌ボトリティス・シネレアが付くと貴腐ブドウになりますが、このブドウは糖度が高く、芳醇な香りを持つのが特長です。そのため、貴腐ブドウを使ってワインを造ると、甘口で芳醇な香りを持つワインができるんですよ。

貴腐ブドウができる条件はとても厳しく、貴腐菌がついても完熟していない実だとカビが生えてしまったり、完熟した実でも湿度が高い環境だと、腐ってしまいます。

このように貴腐ブドウができる条件は限られているため、貴腐ワインも非常に高価なデザートワインです。

・ストローワイン

干しブドウを使って造られるワイン。もともと収穫したブドウを藁(わら)の上で乾かして、干しブドウにしていました。藁(straw、ストロー)から、ストローワインと呼ばれるようになりました。

今では、藁の上で干す以外の方法で干しブドウにされたブドウを使ったものもストローワインと呼ばれています。

ストローワインに使うブドウは、干して水分を乾燥させるので、糖度が高くなります。そのため、干したブドウを使って造られたストローワインは、コクのある甘口のデザートワインとなります。

デザートワインにあうおつまみ

デザートワインとは?デザートワインにあうおつまみ

デザートワインをいただく際は、デザート代わりにそのまま飲むか、デザートと一緒に楽しむのが一般的です。

例えば、アイスクリームやチョコレートなど、甘いデザートに合わせてみてください。少しクセのあるブルーチーズ、パテや甘さを抑えたビスケットと一緒に美味しくいただけるものあります。よく冷やして、組み合わせを楽しむのがおすすめです。

おすすめデザートワイン

デザートワインをまずは試してみたいという方のために、お手頃価格で楽しめるおすすめのデザートワインをご紹介します。

・コーディア コレクション・プリベ ソーテルヌ

ガロンヌ河の左岸にある「ソーテルヌ」地区は、「シャトー・ディケム」をはじめとする甘口白ワインの世界的な産地として有名です。

デザートワインの中でもやさしい甘さの飲みやすい白ワインです。ハチミツのような香りがします。4~6℃くらいによく冷やして、ブルーチーズなどといただくのがおすすめです。

・コーディア コレクション・プリベ・モンバジャック
フランス南西地方モンバジャック地区産の甘口白ワイン。蜂蜜のような豊かな香り、とろりとした甘さを、6~8℃に十分冷やしてからお楽しみ下さい。パテとよくあいます。

・桃のワイン
ワインに桃果汁をプラス。もぎたての桃を想わせるフルーティーな香りとすっきりとした甘さ、みずみずしい余韻が魅力のナチュラルなワインです。

5~7℃に冷やして、食前酒としても食後のデザートとしてもいただけます。

まとめ

甘みがあってワイン初心者にも飲みやすいデザートワイン。

種類は多く、アイスワインや貴腐ワインのような高価なワインもあれば、1,000円くらいで購入できる安価なワインもあります。ぜひいろんな種類のデザートワインを試して、お気に入りのものを見つけてみてくださいね!

◆リンク
サッポロビールが提供する、「コーディア コレクション・プリベ ソーテルヌ」
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/2698/index.html
サッポロビールが提供する、「コーディア コレクション・プリベ・モンバジャック」
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/2638/index.html
サッポロビールが提供する、「桃のワイン」
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/C827/index.html

目次へ

RELATED POSTS関連記事
ワインは冷やして飲んだ方が美味しいのか

2018.2.1

せっかくワインを飲むなら、一番おいしいと言われる方法で味わいたいですよね。白ワインは冷やす、赤ワインは常温というのはよく知られていますが、どのくらいの温度が最適なのでしょうか。

ワイン通と呼ばれるために覚えておきたい基本ブドウ品種とは

2018.2.1

カベルネ、シャルドネ、ピノ・ノワール、、、なんとなく聞いたことあるけどこれってなんの名前?なんて思っている人も多いでしょう!

ポートワインとは?ポートワインの基本情報

2018.2.1

普通のワインよりもアルコール度数が高いポートワイン。その飲み口は、アルコール度数の高さとは裏腹にとっても甘いんです。