ワシントン最大級のワイナリー!コロンビア・クレストの魅力

いまや、世界有数のワイン産地としての地位を確固たるものとしたアメリカ。カリフォルニア州を筆頭に、アメリカのワイン産地といえば、オレゴン州やニューヨーク州、そしてワシントン州があります。

今回は、ワシントン州の中でも最大級の規模を誇る代表的なワイナリー『コロンビア・クレスト』について、その魅力と輝かしい受賞記録の数々をご紹介します。

「コロンビア・クレスト」の特長

アメリカワインは、カリフォルニア州の西海岸・ニューヨーク州の北東部・オレゴン州とワシントン州の北西部が三大産地です。

その中で第2位の生産量を誇る州が、ワシントン州です。

ワシントン最大級のワイナリー!コロンビア・クレストの魅力

アメリカワインといえばカリフォルニア!と思っていませんか?確かにカリフォルニアワインは高価格帯のワインはもちろん、BIB(大容量のボックスワイン)や低価格のワインなどで圧倒的な存在感があります。

生産量ランキングでは2014年に世界4位となったアメリカワイン。1,400円以上の中高級価格帯のワインが好調で、確かな品質で人気を集めています。

その中高級価格帯をけん引し、評価が高まっているのがワシントンワインなんです。知名度はカリフォルニアワインに比べてまだまだ低いかもしれませんが、カリフォルニアに匹敵するワイン産地として注目されているのです。恵まれた気候条件から生まれるワインは、品質面はもちろん、コストパフォーマンスが高いと世界的に高い評価を受けています。

ワシントンワインについての詳しい情報はこちら
http://www.sapporobeer.jp/wine/wine_opener/article/washington_wine/

ワシントン最大級のワイナリー!コロンビア・クレストの魅力

そんなアメリカワインを生産量2位の地位で支えるワシントン州の中でも、最大級のワイナリーとして知られるのが、1983年に設立されたコロンビア・クレストです。

ワインの評価方法に『パーカー・ポイント』という100点満点でワインを採点するスコア制度がありますが、コロンビア・クレストは多くのワインで高得点を得ています。

90点以上のスコアを獲得しているアイテム数は、実に150以上。コロンビア・クレストのワインがいかに高品質であるかが分かりますね。

■銘醸地コロンビア・ヴァレーに位置するコロンビア・クレスト

ワシントン最大級のワイナリー!コロンビア・クレストの魅力

コロンビア・クレストがあるのは、2700ヘクタール以上の広さを持つコロンビア・ヴァレーです。ワシントン州のワイン産地のほとんどを内包する広大な産地です。100ほどのワイナリーが軒を連ねるコロンビア・ヴァレーは全体的に高品質なワインが多く、栽培されたブドウの個性を最大限に生かしています。

■高い評価を得ているコロンビア・クレスト

コロンビア・クレストは、各ワイン評論誌において、以下のように高い評価をいくつも得ています。

・1997年…ワイン・スペクテーター誌の「世界トップ100ワイン」
・2009年…ワイン・スペクテーター誌でワイン・オブ・ザ・イヤー
・2011年…ワイン&スピリッツ誌のアメリカン・ワイナリー・オブ・ザ・イヤー

ワイン・スペクテーター誌は、世界的に多大な影響力を持つ雑誌で、産地の丁寧な取材がワインマニアからの高い信頼を得ています。「世界トップ100ワイン」は1万本以上のワインの中から、評価チームによるテイスティングや生産者のスター性など総合的な評価でランキングが決定します。1997年のランキングでは、「カベルネ・ソーヴィニヨン1994」「エステート・シャルドネ1995」の2アイテムが選出されました。その後、「世界トップ100ワイン」には、累計16アイテムが選出されています。

2009年には、同じくワイン・スペクテーター誌において「リザーブ・カベルネ・ソーヴィニヨン2005」が95点を獲得し、「世界トップ100ワイン」の中の1位、「ワイン・オブ・ザ・イヤー」に輝きました。ワシントンワインでこの栄誉に輝いたのは、コロンビア・クレストが初めてという快挙でした。

2011年には、ワイン&スピリッツ誌において「アメリカン・ワイナリー・オブ・ザ・イヤー」を受賞。ワイン・スペクテーター誌の「世界トップ100ワイン」と並ぶワイン界のビッグ・タイトルの1つです。受賞したワイナリーの話題のワインは、しばらく入手困難になるほどの素晴らしい賞です。

ワシントン最大級のワイナリー!コロンビア・クレストの魅力

他にも、コストパフォーマンスの高いワインとして、ワイン・スペクテーター誌とワイン・エンスージアスト誌から評価を得ています。それぞれの雑誌で「ベスト・バイ」「ベスト・バリュー」のワインに180以上が選ばれました。

■ワインメーカー フアン・ムニョス・オカの紹介

ワシントン最大級のワイナリー!コロンビア・クレストの魅力

世界的にも名が知られるコロンビア・ヴァレーを代表するワイナリー、コロンビア・クレスト。ヘッド・ワインメーカーはフアン・ムニョス・オカ氏(Juan Muñoz Oca)です。

アルゼンチン、メンドーサ出身の彼は、コロンビア・クレストにおいて過去30年間でたった3人しか認められていないヘッド・ワインメーカーのうちのひとり。

先々代(1984~2003年 Doug Gore)と先代(2003~2011年 Ray Einberger)の知識や情熱を受け継いで、2003年より醸造チームに参加しています。

2011年にはヘッド・ワインメーカーに就任し、現在もコロンビア・クレストの高品質なワイン造りに貢献し続けている重要人物です。

「ブドウの生育にとって完璧な気候、永年受け継がれている醸造技術、毎年最高の1本を造る情熱を持ったワイナリーのメンバー。それこそがコロンビア・クレストのワイン造りの全てだ。」とは、まさにワイン造りへ情熱を注ぎ続ける彼ならではの言葉です。

コロンビア・クレストのおすすめワイン

ワシントン最大級のワイナリー!コロンビア・クレストの魅力

大規模ながらも、トップクラスの品質、ワインメーカーの思いをこめた手作りワインのあたたかさを実現した注目すべきワイナリー、コロンビア・クレスト。コロンビア・クレストのワインを体験してみたいという方へ、おすすめのワインをご紹介します!


ワシントン最大級のワイナリー!コロンビア・クレストの魅力

・リザーブ・カベルネ・ソーヴィニヨン(参考小売価格:税抜8,000円)
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/LA20/index.html

2009年のワイン・スペクテーター誌ワイン・オブ・ザ・イヤーを受賞した、
コロンビア・クレストのフラッグシップブランドです。重厚でしっかりと
ボディを感じられる赤ワインが好みの方は、こちらがおすすめです。
ステーキや、においの強いウォッシュタイプのチーズとの相性が抜群
クラシックなボルドースタイルらしいエレガントさと、
オーク樽による深みのある香りが魅力の一本です。


■H3シリーズ

ワシントン州コロンビア・ヴァレーの「ホース・ヘヴン・ヒルズ」という産地のブドウで造られたシリーズ。H3はHorse Heaven Hills(ホース・ヘヴン・ヒルズ)の3つのHの頭文字を取って付けられました。


ワシントン最大級のワイナリー!コロンビア・クレストの魅力

・H3 カベルネ・ソーヴィニヨン(参考小売価格:税抜2,800円)
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/LA21/index.html

米系航空会社ビジネスクラスワインとして2014年ヴィンテージが採用された
実績もある実力派のカベルネ・ソーヴィニヨン。
香りをじっくり楽しみたい方におすすめ。サクラやバラの花を思わせる
香りの深いベリー風味の中に感じるミネラルの存在は、どこかやわらかい
タンニンの後味とともに、すっきりした飲み口です。

子羊のローストなどのご馳走と合せたり、ハードタイプでクセの
ないチーズをおつまみにして食べるのもおすすめです。


ワシントン最大級のワイナリー!コロンビア・クレストの魅力

・H3 メルロー(参考小売価格:税抜2,800円)
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/LA22/index.html

全米で2番目にバイザグラスとして使われているアイテムです。
バイザグラスとは、飲食店でグラス単位での注文ができるワインのこと。
チェリーやプラムのチョコレート漬けやラズベリーの存在を感じるのに、ふとした瞬間に黒胡椒のスパイシーさがあるような、奥行きを感じるアロマが特長の一本です。
スッと口内に馴染むなめらかな口当たりは、子羊のローストなど赤ワイン
定番の料理の他、淡泊な味わいの鮭のグリルとも相性ぴったりです。


ワシントン最大級のワイナリー!コロンビア・クレストの魅力

・H3 レ・シュヴォー・レッド・ブレンド(参考小売価格:税抜2,800円)
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/LA23/index.html

アメリカで人気の高まる複雑味のあるブレンドタイプの赤ワイン。
シラー種をメインに、メルロー種などのブドウを使用しています。
口に含むと、新鮮なブルーベリーやアニス、土の風味のアロマにより、
タンニンが丸みを帯びてきます。
また、砂糖をまぶされたナッツやカンゾウ、ダークチョコレートの風味が幾重にも重なり、より深みを増していきます。
フィニッシュは、甘みのあるタンニンを特長としているモカのように感じられます。ペッパーステーキ、ビーフシチュー、ブルーチーズとお楽しみください。


ワシントン最大級のワイナリー!コロンビア・クレストの魅力

・H3 シャルドネ(参考小売価格:税抜2,800円)
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/LA24/index.html

コロンビア・クレスト自信のオーク樽風味のシャルドネ。
焼きりんごや白い花の香りとともに、ナツメグやミネラルの存在も感じる、辛口の白ワインが好きな方へおすすめの一本です。

フレッシュな果実味と優しいオークのほのかな香りに、クリーミーなバニラのニュアンスが優しい後味を演出します。あっさりとしたポークステーキやクリーミーなホタテと合わせてみてください。


■グランド・エステーツシリーズ

コロンビア・クレストのワインを知るなら、グランド・エステーツシリーズが最適です。ワシントン州コロンビア・ヴァレーのブドウのみで造られています。ワイン・スペクテーター誌トップ100選で9アイテムが選出された実力派のワインシリーズです。


ワシントン最大級のワイナリー!コロンビア・クレストの魅力

・グランド・エステーツ・カベルネ・ソーヴィニヨン
(参考小売価格:税抜2,317円)

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/J485/index.html

ブラックチェリーとココアのような、ほっとする甘さを思わせる芳醇な香りが特長のこちらは、グリルしたどんな肉料理とも合わせやすい万能タイプ。

柔らかくもしっかりと感じるタンニンが、口内に広がった肉料理の脂を優しく洗い流してくれます。


ワシントン最大級のワイナリー!コロンビア・クレストの魅力

・グランド・エステーツ・メルロー(参考小売価格:税抜2,317円)
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/J486/index.html

2004年ヴィンテージは、ワイン・スペクテーター誌2007年TOP100に
選出されるという快挙を果たしました。数々の受賞歴を誇るワシントン州を代表する上品な余韻を持つメルローです。重い赤ワインは苦手という方にぴったり。ラズベリーやブルーベリーの甘酸っぱさと、ローストした
ココナッツの香ばしさを思わせる複雑な香りですが、上品で親しみやすい飲み口に仕上がっています。
トマトソース系のパスタや中華料理など、どこか甘酸っぱく濃厚な料理がぴったり合う赤ワインです。


ワシントン最大級のワイナリー!コロンビア・クレストの魅力

・グランド・エステーツ・シャルドネ(参考小売価格:税抜2,317円)
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/J483/index.html

りんご・洋梨の爽やかなアロマの中で顔を覗かせる、クリーミーなバターと濃厚なメロンの香り。ふっと心地よく後味をひくオーク香と、すっきりとした辛口らしい飲み口は、クリームソース系のパスタと相性が
最高です。


ワシントン最大級のワイナリー!コロンビア・クレストの魅力

・グランド・エステーツ・ピノ・グリ(参考小売価格:税抜2,317円)
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/LR03/index.html

フレッシュな辛口白ワインが飲みたいなら、こちらがおすすめです。
パイナップル・桃・洋梨のフルーティーさとナッツの香ばしさが
ミックスされた香りと、キレの良い酸味
が爽やかな一本。

あっさりとした白身魚のソテーも良いですが、クリーミーで濃厚な
グラタンと合わせても楽しめます。

※ワインについては、記事掲載時点での情報です。


まとめ

ワシントン州で最大の規模を誇るコロンビア・クレストは、ワイン業界に多大な影響を与える専門誌でも、高評価をたびたび受けている実力派です。

醸造の中心人物である3代目ワインメーカー、フアン・ムニョス・オカ氏の情熱とメンバーによる丁寧な工程で生まれるワインを、ぜひ一度試してみてください。

リンク

この商品を含む、ご紹介ブランドの購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo Yahoo!ショッピングはこちら

WINE MARKET PARTY

目次へ

RELATED POSTS関連記事
カリフォルニアワインの特長や歴史について

2018.7.17

アメリカのワインの約9割はカリフォルニアで造られています。

新世界ワインとは?ワイン初心者向けに新世界ワインを徹底解説

2018.2.1

ワイン好きのなら「新世界ワイン」や「ニューワールド」などといった表記を、1度は目にしたことがあるのではないでしょうか。