シャルドネを使ったワインの魅力を徹底解説

白ワイン用のブドウ品種といえば、シャルドネ種を真っ先にあげる方は多いのではないでしょうか。今回は、シャルドネのワインの魅力について、基本的な情報と楽しみ方の2つの側面からご紹介していきます!

シャルドネを使ったワインの魅力を徹底解説

シャルドネのワインってどんなワインなの?

シャルドネ種は、世界で最も有名といえる白ブドウの品種です。フランスのブルゴーニュ地方が原産で、一説によるとブルゴーニュ地方のマコネ地区シャルドネ村が誕生地とされています。

といっても、真偽のほどは不明なままなので、もしかしたらシャルドネ種にちなんでシャルドネ村の名が生まれたのでは?という説も。

品種の系統としては、近年の遺伝子研究によると、ピノ種とグエ(グアイス)・ブラン種の自然交配で生まれたものだそうです。シャルドネ種は中くらいの房で、小さい球状の実の果皮の色は黄色から琥珀色をしています。

ワイン産地の主要な地域では、シャルドネ種が広く栽培されています。フランスではブルゴーニュ地方を中心に、シャンパーニュ、ジュラ、アルザス、ロワールや南仏でも最近は見られるようになりました。その他、ヨーロッパではイタリアやスペインをはじめとした各国はもちろんのこと、アメリカのカリフォルニア州や、オーストラリア、チリ、アルゼンチン、南アフリカ、ニュージーランドなども主要な産地です。日本でも長野県を中心に栽培されています。シャルドネ種は、適応力が高く、様々な土地で生育しやすい、まさに白ワインの国際品種の代表といえます。

「白ワインの女王」と呼ばれるシャルドネ種。各地で栽培される理由は、その魅力のひとつでもある多様性。

栽培される地域の気候・土地といったテロワールに加え、醸造方法が異なれば、同じシャルドネ種でも味わいがまったく違うワインに仕上がります。ブドウ自体に強い個性がないというと欠点のように思われそうですが、その分、環境への順応性が高く、ブドウの産地や造り手の個性を出すには最適な品種でもあるんです。

たとえば、同じブルゴーニュ地方内でも、コート・ドール地区とシャブリ地区でできるシャルドネ種のワインは印象が大きく異なります。果実味の中でキリッとした酸味を感じるコート・ドール地区に対して、シャブリ地区のシャルドネ種のワインは強い酸味とともにミネラル感が広がります。

シャルドネを使ったワインの魅力を徹底解説

このように、同じ地方で栽培されたシャルドネ種でも、こまかな土壌や造り手の違いによって印象ががらりと変わります。傾向を見ると、冷涼な地域ではレモン、ライムなどの柑橘類や青りんごの香りを感じるすっきりとした爽やかな味に、温暖な地域ではパイナップルや黄桃などの南国果実のようなまろやかでコクのある香りと味になります。ワインの外観もうすい黄色から、黄金色まで幅があります。

ブリオッシュやバターのようなクリーミーなアロマをもたらすマロラクティック発酵の有無や、トーストやバニラ香をもたらす樽熟成やステンレスタンクなど熟成方法によっても表情が変わります。樽熟成ではオーク樽がシャルドネ種と相性が良いのですが、あえてステンレスタンクを選ぶ醸造家もいます。

さまざまな産地のシャルドネ

シャルドネを使ったワインの魅力を徹底解説

ちょっとした要素で印象を変えるシャルドネ種は、産地ごとの飲み比べにおすすめです。ここでは、主要産地で栽培されるシャルドネ種の特長についてご紹介していきます。

■フランスのシャルドネ

『発祥の地』と考えられているフランスのブルゴーニュにあるコート・ドール地区で栽培されたシャルドネ種の大きな特長は、果実の香りの豊かさと、キリッとした酸味です。爽やかですっきりとした飲み口は、白ワインの最上級産地でもあるブルゴーニュならではの上品さがあります。

ブルゴーニュでシャルドネ種といえば、忘れてはならないのがシャブリ地区。前の項目で解説したように、酸味の中にミネラル感があるワインです。冷涼な気候と小さな牡蠣の化石を含む「キンメリジャン」という特殊な石灰質泥土壌から、爽やかでミネラル豊かなシャルドネ種の白ワインが生まれます。牡蠣といえばシャブリの組み合わせは有名ですよね。

フランスのワインといえば、忘れてはならないのがシャンパーニュ地方のシャンパン。シャンパンには、白ブドウのシャルドネ種とともに黒ブドウのピノ・ノワール種とピノ・ムニエ種が使用されています。100%シャルドネ種のみで造られたシャンパンは、ブラン・ド・ブランと呼ばれています。エレガントで繊細なシャンパンになります。

■アメリカのシャルドネ

カリフォルニア州で広く栽培されるアメリカのシャルドネ種。ノース・コースト、セントラル・コースト、サウス・コーストの他、セントラル・ヴァレーやシエラ・フットヒルズを加えた5つのエリアが主な産地です。

西海岸にあるカリフォルニアは、温暖で日照時間が長い地域ですが、太平洋を北から南に流れるカリフォルニア海流が水温の低い寒流なので、その影響を受けて、海に近いほど冷涼、内陸に入っていくほど暑く乾燥した気候になります。カリフォルニアの中でも温暖な場所で育ったシャルドネ種を使ったワインは、南国の果実を思わせるような味わいになります。冷涼な場所のシャルドネ種は、柑橘類を感じるすっきりとした爽やかな味に仕上がります。また、樽発酵によるバニラの甘い香りが特長的なものもあれば、香りの影響を抑えるためにあえて樽発酵しないシャルドネ種のワインもあります。

シャルドネを使ったワインの魅力を徹底解説

■チリのシャルドネ

南アメリカに位置するチリは一年を通して日照時間が長く、地中海性気候でありながら、太平洋を流れるフンボルト寒流からの海風と雪で覆われたアンデス山脈から吹きおりる山風の影響によってヨーロッパよりも涼しいのが特徴です。チリのシャルドネ種は、バナナやパイナップルといった南国の果実のようなトロピカルな香りを持つワインになります。

チリは、南北に細長い国なので、ブドウ栽培地域も北部、中央部、南部の3つに分けられます。北部のD.O.コキンボという地域は、日照が強く暑いので、果実味の強いシャルドネ種が育ちます。その他のシャルドネ種の主要な産地では、カサブランカ・ヴァレーが有名です。

日本では手軽な価格で飲めるワインという印象を持っている人も多いかもしれませんね。実際は、手頃なものはもちろん、プレミアムワインも造られており、さまざまな価格帯のワインを楽しむことができます。


シャルドネを使ったおすすめワインと相性の良い料理

これまで紹介してきた地域のシャルドネ種のワインの中で、おすすめのものをピックアップしてみました。ワイン選びで迷ったときは、ぜひ参考にしてみてくださいね。シャルドネ種のワインと相性の良い料理もご紹介します。

フランス

シャルドネを使ったワインの魅力を徹底解説

◇ラブレ・ロワ ブルゴーニュ・シャルドネ(参考価格:2,100円)

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/0448/index.html

フランスはブルゴーニュ産の、白い花や柑橘系の果実の香りがふわっと広がる一本。フルーティーでフレッシュな印象の中に、ミネラル香を感じるのが特長です。

合わせるなら、あっさりとした口あたりの料理がおすすめ。フレッシュサラダの他、肉料理なら鶏肉がベスト。お寿司や刺身など新鮮な魚料理にも合うので、和食好きさんへのプレゼントにも最適です。

シャルドネを使ったワインの魅力を徹底解説

シャルドネを使ったワインの魅力を徹底解説

◇ラブレ・ロワ シャブリ(参考価格:2,900円)

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/T866/index.html

こちらは同じブルゴーニュ産でも、さらに北に位置するシャブリ地区で造られたもの。すっきりとした辛口は独特のキレがあり、魚料理だけではなくクリーミーな牡蠣料理との相性が抜群です。

やっぱり、シャブリといえば生牡蠣と合わせたいところ。なめらかな生牡蠣とシャブリのマリアージュで、しっかりとミネラル感を味わえます。

シャルドネを使ったワインの魅力を徹底解説

シャルドネを使ったワインの魅力を徹底解説

◇テタンジェ コント・ド・シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン(参考価格:22,000円)

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/MK00/index.html

特別な日の食前酒としても愛されるシャンパーニュには、こちらのAOCランクの一本。グレープフルーツのフレッシュな香りの中に、ふっと感じるスパイシーなニュアンス。辛口ながら、きめ細かな泡となめらかな印象で飲みやすいのが魅力です。

チーズと組み合わせた食前酒の他、シーフードをふんだんに使った前菜と合わせるのもおすすめ。

シャルドネを使ったワインの魅力を徹底解説

アメリカ(カリフォルニア)

シャルドネを使ったワインの魅力を徹底解説

◇ベリンジャー ファウンダース・エステート・シャルドネ(参考価格:2,000円)

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/C473/

カリフォルニアのシャルドネ種を楽しむなら、この一本。

リンゴや洋なしの瑞々しい香りの中に、南国の果実が顔を覗かせます。ただフレッシュな印象を与えるだけにとどまらない、どこか芳醇な豊かさをも感じさせる奥深さは、クリーミーな味わいによるもの。

魚介料理の他、肉料理なら鶏肉を合わせましょう。クリーミーで爽やかな口あたりには、ちらし寿司など和食もよく合います。クリームソースのパスタや焼き鳥など、カジュアルな料理ともぜひ合わせてみて。

シャルドネを使ったワインの魅力を徹底解説

チリ

シャルドネを使ったワインの魅力を徹底解説

◇サンタ・リタ 120(シェント・ベインテ)シャルドネ(参考価格:1,200円)

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/T457/index.html

チリといったら、サンタ・リタ社は代表的なワイナリーのひとつ。こちらは旗艦ブランドの120(シェント・ベインテ)のうちの一本で、やや辛口な丸みのある優しい味が特長です。

フレッシュな果実味を持ちながら、けして刺々しいものはなく、まろやかな口当たりが長く楽しめるワイン。少しこってりした料理に合わせるなら、こちらがおすすめ。

クリームパスタや生牡蠣の他、野菜スープやサーモンのグリルなども合わせてみてください。

シャルドネを使ったワインの魅力を徹底解説

シャルドネを使ったワインの魅力を徹底解説

日本

◇グランポレール 安曇野池田 シャルドネ 2016(参考価格:4,000円)

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/PY18/index.html

長野県池田町の自社畑「安曇野池田ヴィンヤード」産のシャルドネを100%使用し豊かな酸味を持つ辛口の白ワイン。

安曇野池田ヴィンヤードのシャルドネ種を100%使用したワインは、キリリと冷やして飲むのがぴったりの辛口。完熟ブドウならではの深い味わいに、爽やかな香りがバランスよく組み合わされています。

うなぎの白焼き、鶏の水炊き、お寿司など、あっさりした料理に合わせれば、相性抜群です。するすると飲めるでしょう。

シャルドネを使ったワインの魅力を徹底解説

まとめ

シャルドネは、世界の各地で栽培されており、収穫された地域の気候や土壌の他、発酵方法など造り手によって印象が大きく変わるブドウです。

こちらでご紹介したワインはあくまで一例。他にも魅力的で造り手の個性が色濃く出ているものがたくさんあるので、ぜひ産地ごとや国ごとで飲み比べしてみてください。

目次へ

RELATED POSTS関連記事
知っておきたいボルドーとブルゴーニュの違い

2018.5.25

フランスのボルドーとブルゴーニュは、世界中のワインファンから常に熱い視線が注がれるワインの2大名産地です。

カリフォルニアワインの特長や歴史について

2018.7.17

アメリカのワインの約9割はカリフォルニアで造られています。